TOP > ネタ・話題 > ノーガードでの日食撮影にはカメラのセンサーを焼いてしまう危険性がある - GIGAZINE

ノーガードでの日食撮影にはカメラのセンサーを焼いてしまう危険性がある - GIGAZINE

22コメント 登録日時:2017-08-21 15:27 | GIGAZINEキャッシュ

太陽の光は非常に強烈なので「直接見てはいけない」というのは子どものころからよく言われることですが、カメラを用いた撮影も同様に危険を伴う部分があり、特に光学ファインダー式のカメラの場合は太陽を直視す...

Twitterのコメント(22)

直接見たらアカンね >
フルオートの人がレフでやりそうやな。。。MFでとる人はそもそも太陽に向けない。マニュアルの車で老人が事故
しにくい現象と一緒やな
1DX2で試せよw
さあ!レッツセンサー焼き
日食撮影でカメラのセンサーを焼いてしまう場合も(汗)

レンズ「キヤノン EF400mm F2.8L IS II USM」
カメラ「キヤノン EOS 350D」使用
もし日食を撮るときには気をつけよう
いよいよアメリカ日食の日ですな
えぇ・・・フィルタ買ってきたらいいんじゃないのかな。
そりゃあ超高倍率の虫眼鏡で紙に火をつけるのと同じだから当然だよなあ…
(´・ω・`)
黒点観測用のNDフィルターが必要になるからね。ND100000ならうちにもあるなぁ。
なんでフィルタなしに6秒露光なんだ、というのはさておき、目的が下手に太陽に向けないよう啓発することならいいか。
昔から写真やってる人には当たり前の事なんだけどね。
写真がデジタル化して誰でも手軽に撮れるようになって、知らない人が増えたんだろうな。
当たり前じゃん、アホですか・・・
スマフォのカメラの話かと思ったら一眼レフトかミラーレスの話か… そりゃ焼けるだろうなぁ >
これミラーレス機で逆行撮影なんかする時にありがちな話みたいよ。
ちょっと考えればわかりそうだけど。おいらは火災や焚き火にレンズを向けるのも怖い。/
これはけっこう立派な望遠レンズを使ったという条件もあるけど、センサー(多分ローパスフィルター)がここまで溶けるという絵は恐怖のインパクト!ミラーレスはもっと危険!
以上

記事本文: ノーガードでの日食撮影にはカメラのセンサーを焼いてしまう危険性がある - GIGAZINE

関連記事