クリエイティブな人は他の人が見えていないものまで意識に捉えていることがある - GIGAZINE

17コメント 2017-06-07 08:07 GIGAZINE

by Alias 0591人の個性を「情緒安定性(神経症的傾向)」「外向性・内向性」「開放性」「協調性」「勤勉性」の5つの因子を用いて分析する「ビッグファイブ性格特性」と呼ばれる手法があります。

ツイッターのコメント(17)

テストの1つは、左目では緑と黒の縞模様、右目では赤と黒の縞模様と、それぞれ異なる画像を見るというもの。このとき、人間は実際には存在しない「緑と赤と黒の混ざった縞模様」を見ているかのように認識するときがあります。
いや自分もそうだけど(気になって数えるどころじゃなくなった)、それは「注意力散漫」と呼ぶのではないか。
このうち「知的好奇心」とも表現される開放性の高い人は「創造的な(クリエイティブな)性格」であるといわれ、他の人とは「世界が違うように見えている」そうです。
開放性、、(´ー`) / “ - GIGAZINE”
ちょっと前の記事だけど…余裕でゴリラのフレームインから気がついたんだけども…w
気づきはしたけども頭が痛くなるな、これ。
不注意失明を起こしにくい、というよりも注意散漫って感じかな
つまりUFOや幽霊を見た経験がある場合それを熱心に主張するんじゃなくて何かを作る仕事についたほうが成功しやすいってこと?
動画見る前にネタバレ文を読んでしまってので動画見てもダメだったが、集中してると見落とすことはよくあるので俺はクリエーティブな性質は持ってないことが分かった
想像的な頭だとおもうんだけれど、パスの回数に必死でゴリラには気が付かなかった・・・ ってか本文を読ん じゃうとゴリラがいるって分かっちゃうけれど。 →
共感覚とかと似たようなもんだろうが、うんまぁ
ちくわ大明神
ゴリラは知ってから見ると笑っちゃうよな /
自分が創造的な人間だとは思っていないが、俺には見えたぞ。
結論部分見る前に動画観たけど、これをら半数気づかないとか何の冗談だよ
> 比喩的な意味ではなくて、ね。
以上
 
PR
PR