塩分のとりすぎによって生じるのは「喉が渇く」ことではなく「お腹が空く」ことだと判明 - GIGAZINE

66コメント 2017-04-20 07:24 GIGAZINE

By Thomas Brueckner「塩っ辛いものばっかり食べているとのどが渇くよ」という忠告は大人や子どもを問わず、世界のどこでも広く使われているものですが、数か月に及ぶ宇宙生活を模した実験

ツイッターのコメント(66)

塩分摂取量が増加すると水分摂取量が増え、排泄する尿の量と尿に含まれる塩分の量もそれに応じて増加したことは予想どおりではあるのですが、これらの増加は必ずしも水分摂取の増加を原因とするものではないとする関係が見つかったそうです。
やっぱ塩化ナトリウムはダメなんですよ。
天然塩じゃないと(ぉ
水渇丸
水渇丸は喉の渇きを和らげるというが実際の効果はどのようなものでしょうか。ここに気になる実験報告があります。

有人火星飛行に向けたMars500の実験により、塩分摂取の増大により飲水量を減少させるという報告。
1日3食とってる人もこれはなる可能性あるから注意
ほんまの空腹と味覚障害で起きる空腹は全然意味合いが違う
生活習慣病を招くスパイラル
薄味生活をすると食欲が減る気がしてたけど、ちゃんとした理由があったっぽい。>
前菜の味付けはしょっぱいほうが食欲増進になる
あとデブは濃い味付けを控えることにより食欲が抑えられるかもしれないがまあデブには無理だろうな
この記事のことをずっと考えてる。もし本当に塩分では喉が乾かないのであれば、むやみに塩分制限しなくてもいいんじゃないの……?→
しょっぱいおかずはご飯がすすむっていうデブ界の常識にやっと科学が追いついた話?
普段から塩分控えめにすることで、尿素生成カロリー消費少→食事量が減るってことなのかな(*‘ω‘ *)

こうして昔ながらの通説が覆されるのは騙されたと思うと同時に楽しくもあるね、不思議
 
PR
PR