TOP > ネタ・話題 > 飛行機の「真ん中の席」を特等席にして航空会社と乗客にメリットをもたらす革新的シート「Side-Slip Seat」 - GIGAZINE

飛行機の「真ん中の席」を特等席にして航空会社と乗客にメリットをもたらす革新的シート「Side-Slip Seat」 - GIGAZINE

45コメント 登録日時:2017-04-05 19:08 | GIGAZINEキャッシュ

ただでさえ狭い飛行機のシートの中でも、3列シートの「中間の席」は、左右を人に挟まれて圧迫感がある上に窓側席のような眺望もなく、通路席のような出入りしやすさもないという三重苦のため、両サイドの空席が...

Twitterのコメント(45)

座面を下げて幅を広くとり、そこからさらにもう一工夫が面白い。 /
真ん中のシートが、両端よりも3インチ(7-8cm)ワイド。
記事の内容が頭に入らない。どうみてもかまいたちの夜。
そうそう、めっちゃ嫌がる席ですね
東海道新幹線のB席も微妙に広いよな:
相撲取り体系の方が2席ぶち抜き利用が困難になる。また、特等席なのに肘掛を両サイドに奪われる問題が改善してない。/
Seat」:それほど良いようには思えないですね。
FAAで定められている耐G基準が満たせるかが微妙。
デザイン良くても、基準が満たせないとダメ。
少しくらい席幅が広くても、やっぱり真ん中はいや。
通路側の人が先に入ると大混乱するな。たった2インチ程度じゃメリットとは思えないし微妙。■
三列席真ん中が少し幅広って新幹線みたいですねぇ
コロンブスの卵って感じだねぇ、無駄のないアイデア(´ϖ`)
素晴らしい発想だ。設計上も問題ない
子ども連れや高齢者がいるとシートを駆動させるタイミングが難かしい
どちらにしろ両サイド挟まれて通路に出にくいのは解消されんか -
すげぇ!
面白いアイデア >>
ほほう。これはデメリットが少なければ良さげ。
システムとして真ん中の席を改善したというケース。あたまいい〜。 / (GIGAZINE)
これだとすもうの人が真ん中座ってくれるので飛行機が左右の重量バランスを取りやすくなるね!
いい考えだと思う。窓側3列のみならず、ミドルエリアにも革新シートを。機首側だけがファーストではない。〆
“1分あたり平均81.18ドル(約9000円)という無駄なコストを削減できれば、1日に1000フライト飛ばす航空会社であれば年間2億2500万ドル(約250億円)のコスト削減も可能だと試算されています。” / “飛行機の「真ん中…”
これを採用すると率先してデカイ人が真ん中を取り、窓際の人がピンチになるんじゃないのかな、、。
真ん中の人は,乗るときは最後まで座れないし降りるときは真っ先に立たないといけない:
駐機場代1分9000円って…
確か、新幹線3列席の真ん中はちょっとだけ広かったような
コンセプトモデルにマジレスしても仕方ないんですけどね。

つ「ツイングルシート®️ by京急電鉄」
これは革新的
デメリットはメリットにすり替えられる。
地方のクルーズ列車なんか採用したら良さそう。
窓側と通路側の間の席をちょっと幅広くする。天才では。/
飛行機の座席は液晶画面以外にも工夫できる余地があるとは思っていた。これは良さそう。
機内端末とかが無いLCCには良さそう。
乗降時に通路が広いというのも良さそうだけど、その席の人は立って待つの?
導入しても窓側のやつが後から乗ってくると()
あまり意味が無いように思える
これはアタマ良いな。こういう発想ならAIに負けないだろうな。…
飛行機の「真ん中の席」を特等席にして航空会社と乗客にメリットもたらす革新的シート「Side-Slip 何をしようが飛行機の座席は主翼後ろ付近の窓際最強だから
まあ真ん中のシートを幅広にしてメリットを出すのは、新幹線で昔から取り入れられてるよね。それでも選びたくないけどw さらにもう少しめりっとあるといいんだが。快適になるか、それかこの席だけ安いか、かな。
飛行機の「真ん中の席」を特等席にして航空会社と乗客にメリットもたらす革新的シート「Side-Slip


コンサルのおしごと用
以上

記事本文: 飛行機の「真ん中の席」を特等席にして航空会社と乗客にメリットをもたらす革新的シート「Side-Slip Seat」 - GIGAZINE

関連記事