TOP > ネタ・話題 > SNS情報から個人の趣向を丸裸にし投票行動を自在に操作する影のネット戦略がトランプ大統領を誕生させた - GIGAZINE

SNS情報から個人の趣向を丸裸にし投票行動を自在に操作する影のネット戦略がトランプ大統領を誕生させた - GIGAZINE

29コメント 2017-02-16 08:14 | GIGAZINEキャッシュ

下馬評を覆してアメリカ合衆国大統領の座を射止めたドナルド・トランプ氏が「ネット戦略」に長けていたという分析結果が多く出されています。しかし、トランプ大統領誕生は、心理学をベースにネットを通じて投票...

ツイッターのコメント(29)

ケンブリッジ・アナリティカの 手法についてはこちらが参考に。 /
これ、最終的にはAmazonに雑誌『Ageha』をオススメされるオッサンの勝ちってことなの⁈
SNS情報から個人の趣向を丸裸にし投票行動を自在に操作する -  しかし旧来のメディアでも世論形成はしてきたのに何故SNSだけ危険視されるのか。結局は旧来メディア側からのネガティブキャンペーンに過ぎない
@harukazechan ビジネス的なマーケティング活動ならまだしもデータ分析会社のケンブリッジ・アナリティカが行っているような選挙に影響を及ぼす事にまでSNSが利用されていると思うと末恐ろしい気もする。
これ凄いな。インターネットが世界を動かしたわけだ。
"たった10個の「いいね」で平均的な同僚よりもその人のことを知ることが可能とのこと"/
こちらもケンブリッジ・アナリティカの手法について。放送前に一読をすすめます。 /
ウォッチドッグス2かな
話題のケンブリッジ・アナリティカの解説記事。眉唾ではあるが…。>
スイスのDas Magazineによると、心理学を駆使してFacebookでつける「いいね」を分析すると、
やっぱり FB から色々予測されてる感じがしますよね。 創設者の噂が色々ありすぎてやはり恐いものがあります。 個人的な感想です。 →
300個の「いいね」情報があれば、その人がどのような行動を取るのかをパートナーよりも正確に予測可能。 /
ああ。こんな記事が。妄想する余地もない。
「コジンスキー博士」、「ケンブリッジ・アナリティカ」というキーワード。
選挙どころか、ただの芸能ニュースですら簡単に操作されてる。SMAP、清水富美加… →
- Gigazine

人間はそこまで愚かではないと信じたいのを信じたい
この手法マーケッティングではまあ許されても政治キャンペーン利用は研究倫理上はアウトとすべき。ネット使った誘導手法の研究倫理議論必須
こういう技術が出てくると、一部の地域のわずかな標の変動で当選者が変わってしまう代理人制というのは、本当に危険な制度になってしまいます。 / “SNS情報から個人の趣向を丸裸にし投票行動を自在に操作する影のネット戦略がトランプ大統…”
とはいえ、実際はどうだったかというと、接戦で選挙システムに助けられてかろうじて勝っているだけなので、どこまで効果があったのかという気持ちになる。 / “SNS情報から個人の趣向を丸裸にし投票行動を自在に操作する影のネット戦略がト…”
ぞっとする話だな…
うわ…としか言葉が出ない…
SNSから人のパーソナリティを分析するのは可能だろうけど、そのデータをこう利用するというのは… ◆SNS情報から個人の趣向を丸裸にし投票行動を自在に操作する影のネット戦略がトランプ大統領を誕生させた│
すさまじい話だ|
日本でも技術的には可能だろうけど、SNSの使い方が違うから、直輸入しての活用は難しいだろな。/
Twitter APIを使って、100個の「いいね」の傾向から、趣向を判別させるAIを作るとしたら、どういう学習教材を与えればいいかな
OCEANスコア??
ケンブリッジ・アナリティカがイギリスのEU離脱に関わってたのは興味深いが、結局素地がある人間の背中を押しただけ>
SNS情報から個人の趣向を丸裸にし投票行動を自在に操作する影のネット戦略がトランプ大統領を誕生させた-
本人の資質はともかく民意を掬い上げた手法から取り巻きにはマーケティングの優秀なブレーンがいると思われた :
去年六本木の謎の組織でこのCambridge Analyticaに関する情報を調査してたんだけどすごい時代よな。

『SNS情報から個人の趣向を丸裸にし投票行動を自在に操作する影のネット戦略がトランプ大統領を誕生させた』
嘘で思想誘導テレビとマスメディアがやってたことをネットでやってるだけやん
以上
 

いま話題のニュース

PR