Amazonの出荷倉庫で働く労働者が野外テントで寝泊まりしているケースが判明 - GIGAZINE

55コメント 2016-12-13 12:21 GIGAZINE

世界最大のネット小売業であるAmazonに対しては以前から労働者に過酷な労働環境を強いていると問題視する声もあがっています。そんな中、スコットランドにあるイギリス最大のAmazonのフルフィルメン

ツイッターのコメント(55)

@kawazoe 職住近接、いろいろメリットはありそうだけど、やはり交通費が節約できるのは大きそうだな…。ただ雨の日はとても疲れそうだ…。家(テント)に帰るのが嫌になりそうだ。
そのうちテントのスラムが形成されていきそう
@nagisaryou そんなん嫌でしょ(泣)
こうなりたいんですか?↓
自宅に帰らず勤務先のそばに設営したテントに帰る。一週間くらいならやってみたい。日本でこれをやるとすぐおまわりさんが来ちゃうね。
うわぁ
これが広がって労働者スラムの誕生か。。

日本も近い日こうなるな。。
@domoboku イギリスのアマゾン倉庫ではテントで寝泊りさせるほどのホワイト企業ですもんね。
"スコットランドの首都・エディンバラから約25km離れた街・ダンファームリンにあるAmazonのフルフィルメントセンター"
倉庫の地下に寮作ろ。期間工みたいにするがいいよ。豊田市なんかは、トヨタの工場(職場)⇔寮(住処)⇔パチンコ屋(娯楽)全て提供してくれてるよ。 / “ -…”
@hamaaki 従業員と一緒にこんな感じで
サービスが良くなる背景にはこういう過酷な現場がある。
だからといって、Amazonを利用しない日常は想像しにくい。歯痒い思いだ。
 
PR