TOP > ネタ・話題 > パーソナルコンピューターの父アラン・ケイが人工知能・Apple・IT企業について語る - GIGAZINE

パーソナルコンピューターの父アラン・ケイが人工知能・Apple・IT企業について語る - GIGAZINE

26コメント 登録日時:2016-08-04 10:02 | GIGAZINEキャッシュ

By Marcin Wicharyゼロックスのパロアルト研究所の設立に参加し、後のノートPCやタブレット端末の原型ともなるダイナブック構想を提唱したり、世界で初めてマウスをコンピューターの操作に...

ツイッターのコメント(26)

アラン・ケイが人工知能・Apple・IT企業について語る -

「現在のAI開発は人間の思考と同等レベルの『マインドモデル』に注力しています。人間の思考というのは科学を含めた多数の発明によってもたらされたものであり、学習が不可欠です。
狩猟採集民は移動するだけで、その土地に木々を植えたり、土壌を耕したりすることはないでしょう。
テクノロジーの未来を、狩り尽くして移動するだけの狩猟民ではなく、植林や農耕法の開発に例えていて、人類史に準じていると考えればイメージしやすい
「『命のメタシステム』を粗末に扱うのが危険であるように、十分に考えないで『思考のメタシステム』で遊ぶのは非常に危険」
相変わらず抜群の回答
古いアーティクルだけど、アラン・ケイの記事からのリンク。
"価値とは何なのか、ゴールとは何なのか今一度考えなければいけません。" / “ - GIGAZINE”
"「価値とは何なのか、ゴールとは何なのか今一度考えなければいけません。もし価値が狩猟採集民のことを指すのであれば、生態系は利用された後に何も残りません。・・・新しいタイプの農業技術が発明されるといったこともありません」と"
もし価値が狩猟採集民のことを指すのであれば、生態系は利用された後に何も残りません★|
本当に偉大なのはアラン・ケイだよね。ALTOがなければWindowsもMacOSも無かったかもしれんのだし∇
"十分に考えないで『思考のメタシステム』で遊ぶのは非常に危険。人工知能は今後もっとオープンな存在になっていきますが、皆さんが理解しているような危険性を含んでいる"/アラン・ケイが人工知能・Apple・IT企業について語る
辛口ですな、歴史の一部のような方だから仕方ないか>
なんでこうも言葉遣いがすごいのかなー機知の塊や
パーソナルコンピューターの父アラン・ケイが人工知能・Apple・IT企業について...(16):
パーソナルコンピューターの父、アランケイからのメッセージ
アランケイはプロのミュージシャンとしても活動歴があったとか。頭どうなってんだろう。
アラン・ケイ氏ってまだ存命だったのね。
辛辣だなぁ。「ジョブズが戻ってきてからのAppleは、皮肉なことに『便利な製品』という名の下で砂糖水と同等のものを売っています。」
え?iPhoneは世界を変えたと思うけどな。 / “ - GIGAZINE”
アラン・ケイ=ダイナブックと結びつくのが我が世代。東芝じゃないよ。
「ジョブズ氏はこの時3つのアイデアを見せられたものの、GUIの素晴らしさに目を奪われるあまり、残りの2つは理解できずにいた」
ジョブズ復帰後について近い感想。hyperCardを切った事はその象徴と勝手に思ってる。|
稼げるだけ稼いだ後に新しい発明を生み出すことなく違う分野へ移行するIT企業を、狩猟採集民に例えて強烈な皮肉を交えて意見を述べた -
以上

記事本文: パーソナルコンピューターの父アラン・ケイが人工知能・Apple・IT企業について語る - GIGAZINE

いま話題の記事