食べ物に電気を流して味を変化させる「エレクトリックフォーク」は塩分過多の食生活に革命を巻き起こす? - GIGAZINE

29コメント 2016-01-20 00:46 GIGAZINE

動物の五感のひとつである「味覚」は、甘味・酸味・塩味・苦味・うま味の5つが基本味として位置づけられています。これら従来の味覚を拡張する新たな刺激「電気味覚(エレクトリックテイスト)」を研究している

ツイッターのコメント(29)

@t2saras 当面はフォークにがんばってほしいですね。

周波数や波形で変わったりも、するのですかねえ。
これも面白い 炭酸やメンソールのような五味とは違う味の一種として「電気」が使えるかもという話 「電気的に生成された味覚刺激は“引き算”できる」というのも面白い
電気的刺激によって舌の味覚に錯覚を起こさせ、塩分が少なくても美味しく食べられるようにしようという試みが世にはあるらしい。発想の非凡さがとても面白い。
これすごいおもしろいな
@rider_tina こういうので味の再現はできそうですねー あとは食感とか満腹感をどうにかできれば毎日二郎を食べれることが.
@MntkNmzo_Turb  これこれ!フォークだった。
@lunaticmonster 以前GIGAZINEでもう少し詳しい内容が取り上げられていましたよ
これ最初は凄い。と思ったけど、しょっぱいのに体内で塩分濃度が高くならないから益々塩分取りたくなる体質に変わってしまうのでは。
「エレクトリックフォーク」は塩分過多の食生活に革命を巻き起こす?
 
PR
PR