TOP > ネタ・話題 > 伝説のバンド「グレイトフル・デッド」が作り上げた「ウォール・オブ・サウンド」の発祥と伝説 - GIGAZINE

伝説のバンド「グレイトフル・デッド」が作り上げた「ウォール・オブ・サウンド」の発祥と伝説 - GIGAZINE

23コメント 2015-07-08 09:12 | GIGAZINEキャッシュ

グレイトフル・デッドは1960年代から70年代にかけて巻き起こったヒッピームーブメントの中に登場し、活動停止後も伝説的な存在として語り継がれているバンドです。音楽のメインストリームとは無縁であった...

ツイッターのコメント(23)

グレイトフルデッドのサウンドシステム
ステージセットはウォール オブ サウンドが最強だと思う。映像でしか観たことないけど💦
例えば目で見える場所そのままに音源を配置すれば客席のどこに居てもそこから音が聴こえるように感じるでしょう。
これは正に現代版のウォール・オブ・サウンドです。
このお話は知っておいた方がいいです。現代PAに至る壮大なストーリーなのだ!!
デッドの来日公演を難しくしていたもう一つの要因がこの機材でしたね。
PA発達は60年代のフェスやカルチャーの流れもあるけど、こう改めてまとめられてるの拝見していい意味で気が狂ってるなって。
「JBL製スピーカーユニット600台とエレクトロボイス製のツイーターユニット50台をマッキントッシュ製アンプ50台」狂気
さっきのでこれ思い出した。//
- この伝説がハチャメチャで好きなんだけど、黎明期の試行錯誤があってこそ現代につながるんだよなと。
こういう話好き

Reading…
PAシステムの歴史もなかなか興味深い。
スタンド名を先に思い浮かべてしまったが、ホントすごい内容だ■
「ロックとは音圧である。」正しい。御意 :
伝説のバンド「グレイトフル・デッド」が作り~

The Grateful Deadの曲はまったく受け付けなかった。『グライド・イン・ブルー』と言う映画もよく判らなかったし。PAとかマーケティングじゃ偉大だったんだ。
凄まじいな…(º.º;)/
改めてとんでもないシステムだったんだな。そりゃ来日できんわ。
いろんな音壁がある(となるとレゲエのサウンドシステムも音壁だ)>
体験してみたかったのぉ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR