TOP > ネタ・話題 > ソ連崩壊で頓挫した幻のロシア製有人宇宙船「ブラン」の今 - GIGAZINE

ソ連崩壊で頓挫した幻のロシア製有人宇宙船「ブラン」の今 - GIGAZINE

37コメント 登録日時:2015-07-03 19:18 | GIGAZINEキャッシュ

旧ソ連時代を含めてロシアのすべての有人宇宙船の打ち上げに使われているバイコヌール宇宙基地は、今年で生誕60周年を迎えました。そのバイコヌール宇宙基地の片隅に、ロシアの宇宙開発の歴史に埋もれた幻の有...

Twitterのコメント(37)

@YES777777777 ロシア(含ソ連)を侮ってはならないが、計画だけ大言壮語なのは彼らの昔から変わらない癖でもある。でっきるかな~、これ。
核とIT技術さえ手に入れれば技術中流国も軍事強国になってしまう。わが国の失敗は核を手に入れなかったこととIT技術を実質手放したこと。
開発途中のまま廃墟と化した宇宙船とそのための建物ってロマンありすぎてしんだ
たまんねえなオイ
こんなもんも放ったらかしかよ、下手すれば国家機密もんだぞ、いいのか?
これはマジで在学中に見てみたい
“冷戦が終結し、宇宙開発競争の相手だったアメリカのスペースシャトルも引退した今、トーンダウンするロシアの宇宙船プロジェクトゆえに、栄光の歴史を物語る遺産としてブランは今後も存在感を保ち続けそうです。” / “ソ連崩壊で頓挫した幻の…”
廃墟記事で言えばこれも好き。ガンダムのドックとか思い浮かべつつ見ると格別。
フランス代表にもブランていたよね。黒人だったけど(記事と全く関係ないです)
ジオンの工場みたいでかっこいいなあ。
朽ち方がザ・ソ連って感じだなぁ。開発は再開されていないって買いてあるけど、ここまで中身見ていいってことはもう完全に放棄なんだろな。
凄ぇ。ブランもソ連式に横に倒した状態で発射台まで移動するのか。レール使ってるのもソ連式。宇宙開発に鉄道絡むのはソ連・ロシアの特徴だなぁ。
こういう旧ソ連の廃線や軍事施設の廃墟めぐりしてみたい
日本は計画で止まっちゃったけどな
廃墟のくくりだよねσ^_^;すげー
こんなものがまだ眠っていたのか.
施設内部カッコイイ。これが飛んでいたら宇宙開発もまた違った展開になったかも知れませんね。→:
嘘か本当か星まで行っていたとか… 風の谷の住人の言葉が聞こえそうな姿。
宇宙関係のこういうのってなんかsf感ある
綺麗にしてちゃんとした建物に入れるだけで客呼べそうだが。 / “ - GIGAZINE”
ロシア製じゃなく旧ソ連製ね。「スペースシャトルのパクり」とか散々言われたけど中身は別物。実験飛行に成功した時点でソ連崩壊で計画が凍結されちゃったのが残念 -
オーパーツとか未来の遺物ってこういう感じ。いい。 / “ - GIGAZINE”
以前シベリア鉄道で旅行した時にも感じた事ですが、ロシアにはこのように計画が頓挫して放置された建物や実験場が多く、日本人にとってある種”もののあはれ”を感じさせる国でもあります。
おら今だぞ有人飛行しろ日本
こういう場所は、ひたすら映画のロケに使うのが吉ではなかろうか。(基地だけに) >
ソ連崩壊で頓挫した幻のロシア製有人宇宙船「ブラン」の今……まだ、あるんだ!
かっけぇー画像だなあ。どれもタルコフスキーの『惑星ソラリス』の風景みたいだ【 】
写真が秀逸。廃墟にも似た哀愁が漂いまくって草
ソ連のブランなんて、知らなかったよ。こういうの見ると、むなしさ感じる。
どうしようもなくカッコいい、可能ならば写真撮りに行きたい
こんなもん残ってんねや
おぉー、まだ残っているのか。スミソニアンなら引き取ってくれないかな?
何かのゲームのモデルになりそうだな。ブランで宇宙に脱出してゴール.. /
ロシア版スペースシャトルと言われた機体。もう存在しないものだと思ってた。
バイコヌール宇宙基地の片隅で放置されているとは・・・。
以上

記事本文: ソ連崩壊で頓挫した幻のロシア製有人宇宙船「ブラン」の今 - GIGAZINE

関連記事