TOP > ネタ・話題 > コンピューターの「熱」で通信を行ってデータを盗み出すという手法 - GIGAZINE

コンピューターの「熱」で通信を行ってデータを盗み出すという手法 - GIGAZINE

33コメント 2015-03-24 14:37 | GIGAZINEキャッシュ

攻撃対象のコンピューターからデータを盗む方法にはデバイスが発するノイズをベースにしたものやUSBアダプターに擬装してワイヤレスキーボードを盗聴する手法など、ありとあらゆるものが考え出されているので...

ツイッターのコメント(33)

XPいまだに使ってる企業多いけどネットに繋がなきゃいい論ひっくり返してる記事が5年前にあるっていう…
読むとたしかにってなるけどいろいろ成約が厳しそうやなっと、
こういうのもあるのか
もうオフラインだろうがいくらでもハック可能なんだな。傀儡化されそうになったら瞬時に自決するシステムにするくらいしか対応作ないのか
この発想力
“イスラエルの研究チームが検証した方法” 2015年03月24日 14時00分12秒
しかしそんな状況でも、さまざまな媒体を介して情報をやり取りする技術開発は留まることを知らず、PCに内蔵されたマイクとスピーカーをハッキング、不可聴音を発しユーザーが気づかないうちにデータを抜き取るマルウェアなどが確認されています。
SF小説のネタ的なお話し。
守る方法がすでにあることに驚きだよ
よくわかんないけどすげぇな(・ω・ )
すごいというか、もうネタ合戦だねヽ(゚Д゚ )ノ
なんとも気の長い通信です
音や電磁波の次は熱か -
サイドチャネルだ
テレパシーっぽくて凄い。
「PCに内蔵されたマイクとスピーカーをハッキングして不可聴音を発してユーザーが気づかないうちにデータを抜き取るマルウェア」
結局、どんなにデジタル化してもアナログ的手法に破られるということか... >
使えるものはなんでも使うなあ…(^^;
これもう対処の仕様がなくないか
熱を利用するとは――。
良い技術となるか悪い技術となるかは、使う人次第なんだなぁ。
そう思った今日この頃。
スッゲ1脅威の1時間あたりの8ビットの通信速度!
方法があったとしてもサーバ室の物理セキュリティを突破して、温度計や解析装置を持ち込むことが尋常じゃなくハードル高い
---
「熱を使った情報の送受信が可能」 こええ
限定的とは言え、色んな手法がどんどん生み出される現実は怖いですね。
すごいなぁ。こんな方法でもデータのやりとりできるのか。こんな環境ならよくあるし、ラックサーバでもできるんじゃない?
熱だけでデータ盗まれるの?
最強のセキュリティはコンピューターを使わない事か(本末転倒 /
マジかー!
デバイスが発するノイズを解析してパスワードを盗み取ったり、

PCが発する熱だけを使って情報を送受信したり

する、もはやなんでもアリな時代。オソロシ(;`ё´)
コンピューターの「熱」で通信を行ってデータを盗み出すという手法: 攻撃対象のコンピューターからデータを盗む方法にはデバイスが発するノイズをベースにしたものやUSBアダプターに擬装してワイヤレスキーボードを盗聴する手法など...
以上
 

いま話題のニュース

PR