TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > 世界的フリスビー...

世界的フリスビーメーカーが世界的コーヒーマシンを作ることになった経緯とは? - GIGAZINE

15コメント 登録日時:2015-03-18 06:33 | GIGAZINEキャッシュ

By Rik Panganiban一杯ずつコーヒーをハンドドリップで淹れる「ブルーボトルコーヒー」が日本でも開店するなど、おいしいコーヒーを求める声は昔から変わらず存在しているもの。そんな中でも...

Twitterのコメント(15)

エアロプレスの詳細は以下の記事が参考になります。Amazonで購入!
ただ、まだ実力を発揮しきれていないせいか、驚くほど美味しいまではいたっていない。普段のフレンチプレス式の方が濃厚、かつ旨味は強いかな。でもこれはこれで美味いのも確か
最近、エアロプレスばかり。簡単でおいしいから。/
なんでエアロビーの会社がコーヒーマシンをつくるに至ったのか謎だったんだけど、すげぇチャレンジ精神だな
エアロプレス|
へぇー。欲しいなぁ。探してみよう/
これちょっと気になる。
小さな疑問に素直に取り組む。発明家だなぁ。。。
これは興味あるな…
世界的フリスビーメーカーが世界的コーヒーマシンを作ることになった経緯とは?: 一杯ずつコーヒーをハンドドリップで淹れる「ブルーボトルコーヒー」が日本でも開店するなど、おいしいコーヒーを求める声は昔から変わらず存在している...
エアロプレスほしいな。/
面白いっすよねー。 /
via「Gigazine ギガジン」の新しい記事
以上

記事本文: 世界的フリスビーメーカーが世界的コーヒーマシンを作ることになった経緯とは? - GIGAZINE

関連記事