幼少期のトラウマは大人になってからも健康や財産面に悪影響を与え続けることが明らかに - GIGAZINE

38コメント 2015-02-04 06:13 GIGAZINE

By Phil Dragash肉体的もしくは精神的に衝撃的な出来事を経験すると、人は心に心的外傷(トラウマ)を負います。最新の研究によれば、幼少期に抱いたトラウマは大人になってからも当人に悪影響

ツイッターのコメント(38)

幼少期のトラウマは大人になってからも悪影響を与え続ける
親に会いたいという願いを弾圧し
罪ない子どもの幸せを破壊し
その後、生涯の長期に渡りその子を
苦しませ続ける生物がいます。

世界でも数少なく
日本や北朝鮮にしか生息していません。
それは裁判官。
これ、ふと見えてしまったホラー映画とかサスペンスドラマも「トラウマ」になっていれば、深く残るみたいだよ…(私、そのタイプの可能性が否めないもん…)。
親が子供の人生に与える影響ははかりしれない。イライラから子供を叩いたり汚ない言葉でなじるのを見ると、なんで産んだのかな?と思う。親のそういう「仕方ないよね」ばかり共感しあって安心している話題をみても、すごくモヤモヤする。
正直、死ぬほど心当たりがある。|
トラウマを負った時期が幼少期になればなるほど、また反復されていればいるほど障害は大きくなる。また障害の範囲も精神面のみならず、身体、経済、社会生活、人間関係、恋愛にも及ぶ。これは極めて苦痛なことだと思う。
ひあえええ(T . T)
いじめが原因でMMORPGばっかやってるニートが後を絶たないわけだな
これは分かる。未だに消えない。身体的ではなくて精神的でも虐待ってのはあるんだよね
 
PR
PR