TOP > ネタ・話題 > Googleのラリー・ペイジがCEOに返り咲いた舞台裏と貫かれている思いとは - GIGAZINE

Googleのラリー・ペイジがCEOに返り咲いた舞台裏と貫かれている思いとは - GIGAZINE

67コメント 2014-05-02 23:34 | GIGAZINEキャッシュ

by zeitgeistmindsGoogle検索を開発したGoogle社は1998年にラリー・ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏によって設立されました。ペイジ氏は2001年に最高経営責任者(CEO)...

ツイッターのコメント(67)

Googleにしても、この会社も謎で、ビジネスのことを考えてるのか考えてないのかよく分からないかんじの会社なんだけど、こういう記事を読むと、ビジネス面もやはり大事だと考えてることが分かる |
googleとは
「大きなアイデアだけがあっても十分ではなく、商業化が必要なのだ」
商業化できないようなもののために国家の支援とかが必要なんだろうな。はたして商業化できないものに価値はあるか。
グーグルの創業者コンビの一人(ラリー・ペイジ)は、幼少期テスラの伝記を読んで「どんなに優れたアイデアを持っていても周りを上手に味方につけて利益に結び付けないと他人に食い物にされて終わってしまう」ってこと学んで大きな影響を受けたそうじゃ。
Googleもいろいろあったんだなぁ 「Googleのラリー・ペイジがCEOに返り咲いた舞台裏と貫かれている思いとは」
おもしろくて全部よんじゃった
長いけど、Googleがどこに向かおうとしているかがよく分かる記事。読み物としても面白い、数年後に伝記出そう /
※貴種流離譚。
ラリー・ペイジのアイドルが、ニコラ・テスラだったとは!
エリック・シュミットとの確執も、オトナになったラリーが真相を語った。
なんだか、ジョブズを彷彿させる演出。実際に会ったラリー・ペイジは、とっても空気の読める人だったけれども…
この辺りの話も書かれている「アップルvsグーグル」って本も読んだけどGoogleはやっぱ面白い。/
名前しか知らなかったので、面白かった。「スティーブ・ジョブズなら雇う」に笑った。|
おもしろいなあ。「現代の人々が狩猟や農耕で暮らしていた祖先の生活を『ありえない』と思うように、未来の人々は今の我々の生活を見て『ありえない』と思うでしょう」
役割変化に伴うリーダー・マネジャーの成長について。エリック・シュミットがいたからこそペイジはいい方向に変われた、と個人的には思うけど。
人に任せない。自分でやった方が早いものは自分でやる。
おいら、この記事を読んで思った。
ラリー・ペイジはスティーブ・ジョブズのようにはなれない。
Googleどんどん使いづらくなった

『 - GIGAZINE』
なんだこれ。。。ぐう面白い記事!>
かなりビジョナリーなんだなあ ()
ラリー・ペイジ氏の半生についてのメモ。かなりキタ。そして、やっぱりこういう話を読むとき、僕は「その他の人々」に感情移入してしまう。| Gigazine
「もし他人に対して「ノー」と言うならば、相手の仕事を完遂させる別の方法を見つける手助けをしなければならない。ただストップをかけるのは人が起こす行動のうち最悪のこと。」
世界を多くの企業の分野を侵食する=革新的製品を生み出すであろうスケールの大きすぎる話、歴史|
@yosidaa ペイジ氏のルールの5番的な感じかな。
長いけどいい話やな
読ませるね。 |
Googleの創業者の一人Larry Page氏についての読み応えのある記事の日本語版。

原文はこちら。
- トーマス・エジソンのような人物に利用され、自分の夢が皮肉的な終わりを迎えることに注意しよう
AndroidはアンディというAppleの元役員が開発したものだった――
創業者が別働部隊として活躍するって面白いなぁ。でも夢も野望もお遊びも、すべて広告収入という土台の上に成り立ってるのは危なそう。 /
年取ったな。。。
彼はこれを実現するべく、自分と同じ大きな野望を持っていたAndroidというスタートアップを、シュミット氏には知らせないまま買収。
確かにジョブズと重なる部分があるなぁ。 /
14件のコメント
良記事!
長いけど良記事。/
サイバーダイン社、マイルズ・ダイソン→
長いが読み物としてめちゃめちゃ面白い!:
13件のコメント
テスラの伝記を読み少年ラリー・ペイジは「大きなアイデアだけがあっても十分ではなく、商業化が必要なのだ」ということに気づきます。またエジソンのような人物に利用され、自分の夢が皮肉的な終わりを迎えることに注意しようと心に刻みました。
[B!] “「大きなアイデアだけがあっても十分ではなく、商業化が必要なのだ」” - GIGAZINE
- Pressoからシェア
面白かった。moonshotsってプロジェクト名いいな。
これよくまとめられてる
久しぶりに面白い記事読んだ
おすすめ
これはもうめっちゃくちゃ素敵な記事、必読!テクノロジーが作り出すワクワクに興奮せざるを得ない名文です!→
お世話になってます、Google先生。
カッコいい...✨

「現代の人々が狩猟や農耕で暮らしていた祖先の生活を『ありえない』と思うように、未来の人々は今の我々の生活を見て『ありえない』と思うでしょう」
ふむふむ。 >
5件のコメント
Googleのラリー・ペイジの物語。面白い!
己の存在を考えさせられることしきり。
「Googleが成長するにつれ生まれてきたエンジニアとプロジェクト・マネージャーによる「階層」を、ペイジ氏は嫌っていました」
なかなか読みごたえのある良記事☆ベゾスやジョブズにはこの会社はつくれなかったでしょうね。|
ニコラ・テスラが影響を与えてたのか
@gigazine: ”
♯ビジネス
心を充電する時に読む記事。おっしゃーやるぞー /
あとで読む /
" -この記事とっても面白いおすすめ
エンジニアの端くれとして共感できる部分もあり、面白かった。言うは易し、行うは難しだけど。
ふむむー / 他2コメント
ここまでバイタリティ溢れるラリー・ペイジさん、尊敬します
【Gigazine】【Googleのラリー・ペイジがCEOに返り咲いた舞台裏と貫かれている思いとは】

Google検索を開発したGoogle社は1998年にラリー・ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏によって設立されました。ペイジ.
以上
 

いま話題のニュース

PR