TOP > ネタ・話題 > 失明や視力が極端に落ちた人の視覚をサポートする人工網膜デバイス「アーガスII(Argus II)」をアメリカ食品医薬品局が認可 - GIGAZINE

失明や視力が極端に落ちた人の視覚をサポートする人工網膜デバイス「アーガスII(Argus II)」をアメリカ食品医薬品局が認可 - GIGAZINE

135コメント 2013-02-18 23:09  GIGAZINE

医療機器メーカーのセカンド・サイト社が開発した人工網膜デバイス「アーガスII」が、アメリカの食品医薬品局(FDA)からの認可を2月14日に受けました。すでにヨーロッパでは利用可能でしたが、今回の認

ツイッターのコメント(135)

もしや、はづきちゃんではなく、あーがすちゃんが僕の想い人かしら・・・
神経使ってるやつもあるんですね
欧州では200人近くの人が光を取り戻している。
昨日の未来世紀ジパングで紹介されてた
データ少佐も夢じゃないな
やはり何かがある程度にしか分からないようで、今後の進歩が楽しみ。
このネーミングはブリティッシュロック好きならピンと来るよね。
@kanipan666 感覚的には近いですけど、脳に刺激を与えるという点ではこっちの方がより近いかもしれないですね↓

人工網膜デバイス「アーガスII(Argus II)」 -
@yato108 僕が知ってるのはこれ。結婚10年目にして初めて妻の顔をみて感動して大喜びって記事があって、調べたらこれだった。人工網膜デバイスらしい。実際の映像はAVのモザイクをさらにひどくしたかんじらしい。
解像度が低いものの,人工網膜デバイスはすごいな. |
あと20年ぐらいしたらもっと鮮明な景色が見えるようになるのかもしれない。
最近サイボーグ多すぎやしませんか(歓喜)
これなんか見るとやっぱ人間を機械で表現することもできそう
ほーこれか / - GIGAZINE”
人工網膜デバイス「Argus II」>>>
今回 例に出されていた人工網膜の記事見つけた。ギガジンだが。
本日の講師 亀田成司氏の研究では「シリコン網膜」 ええと。
II)」 - GIGAZINE オビちゃんはこういう感じなのです?
アメリカで人工網膜の認可が下りたそうな。やっぱり特許があるね。 / II)」をアメリカ食品医…”
人工網膜デバイス
アメリカで認可された「チャレンジャーだなぁ」
日本で開発された「来たか!」と言う風潮
へージャレコが続編出したのか・・・
視細胞は壊れたけど視神経が残っている人に有効で、まだ光だけで色は伝えられないらしいです|
「 II)」をアメリカ食品医薬品局が認可」/ GIGAZINE
2月14日にFDAの認可が下りたそうです。すごいことです。 -
リアルアーガス
解像度はどれくらいなんだろ
もし失明したらっていう潜在的な恐怖がずっとあったけど、そんな心配いらなくなる時代が来るんだなあ
緑内障で将来失明する友達がいる。喜ぶかな。
技術の進歩はすごいなあl
ピンときた / - GIGAZINE”
人工網膜デバイス「アーガスII」アメリカのFDAの認可が出たのね。この女性、楽しそう。 晴眼者と同じようには見えなくても、失明して何十年も経った人がこれだけ喜んでるってことは、大きな意味があると思う。
こういった分野がどんどん発展するのは喜ばしい事だと思う!何れは電脳も現実化する日が来るのかな。
人口網膜に情報を投影するのか。もう少しで攻殻機動隊の世界に追いつく。/
もう少し先の未来では普通の目と同じようになるんやろうなぁ。
かなり期待!
II)」をアメリカ食品医薬品局が認可...
すごいけど狂ったりエラー出たら怖いな 見たくないものとか見えて頭おかしくなりそう
俺の失明が先か実用化されるのが先か・・・・
まだまだ機能的にはインタラには使えない…しかし師匠には掛けて欲しいデザイン
YES!YES!YES!
もっと見る (残り約85件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR