TOP > ネタ・話題 > 飛行機と新幹線が合体?1930年のドイツで作られた時速230kmのプロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」 - GIGAZINE

飛行機と新幹線が合体?1930年のドイツで作られた時速230kmのプロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」 - GIGAZINE

64コメント 登録日時:2011-03-24 20:09 | GIGAZINEキャッシュ

プロペラ機と新幹線が融合したかのような特異なルックスのこの物体は、いまから80年以上前にドイツで製作された「シーネンツェッペリン」という実験的な次世代鉄道車両。ドイツの航空機工学者Franz...

Twitterのコメント(64)

飛行船を意識したデザインが新幹線と共通する形になるのが面白いな。
上から見た写真は全然古く感じないですよねぇ(๑'ᴗ'๑)少し前の新幹線にいたような感じ
@ryujo_hnkn_knms ツェッペリンと名の付くのは鉄道車両にもあったみたいですが発想が奇抜過ぎ
昨日の機関車トーマスに出てきて、気になって調べたら実際に存在した車両だった。
実在したしドイツ製だった
@shin_osaka もひとつプロペラ推進というのも有りますね
頭悪そうなん見た目だけど早いことには早かったらしい。
こんなのもあったし…(笑 RT @mukidayo: 実用化されなくて本当によかったプロペラ式自動車、ヘリクロン:小太郎ぶろぐ
ドイツなんで負けちゃったのかなぁ
(当時の)ドイツの科学力は世界一ィィッ!RT @gigazine: 飛行機と新幹線が合体?1930年のドイツで作られた時速230kmのプロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」
やっぱドイツの科学力は世界一だな!まず発想が凄い
- ちゃんとカーブ曲がれるのかしら。
なんじゃこりゃwwwww
ロシアには、確かジェットエンジン搭載の列車があったような・・・・ RT @gigazine: 飛行機と新幹線が合体?1930年のドイツで作られた時速230kmのプロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」
メルクリンのZゲージで所有していたよなぁ>シーネンツェッペリン
運用時の危険性や汎用性を無視した設計デザインといい、<シーネンツェッペリン>というネーミングといい、まさに独逸力・・・!
な・なにこれ!!? -
かっちょいい!1930なのに近未来っぽい☞
あの当時にこのデザインかっこいいな!
ドイツの技術力に胸熱ながにさんです。 RT @clydemender: 飛行機と新幹線が合体?1930年のドイツで作られた時速230kmのプロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」 - GIGAZINE - へえ。面白いなあ。
- 列車にプロペラって…風も音もヤバそうだ。
かっけー
どう考えても先端部分にプロペラは、マズいですね。いっそ刃物でも取り付けて殺人特急とかにすればいいのに…
Now Browsing: -
その速度で営業運転が出来たのは、それから33年後の新幹線ですが。:
こんな鉄道車両が開発されていたのか。 [GIGAZINE]
なんか見たことある変態車両と思ったら・・・
やっばり、ロマンと技術力はドイツが世界一!>
このドイツの鉄道車両のメルクリンを昔持ってました。もしかしたら実家にまだあるかも。今度実家に帰ったら探そう。プレミアもん?
飛行機と新幹線が合体?1930年のドイツで作られた時速230kmのプロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」:Gigazine- この古臭くないデザインは何なんだ!
冗談だと思ったら本当だった RT @korewasugoi: [これはすごい] 飛行機と新幹線が合体?1930年のドイツで作られた時速230kmのプロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」 - GIGAZINE:
なんかシュールだな
[これはすごい] - GIGAZINE: プロペラ機と新幹線が融合したかのような特異なルックスのこの物体は、いまか...
Now Browsing: -
かっこいいけれど、キケンな雰囲気だね。駅とプロペラの組み合わせが大惨事しか思い浮かばせない。
こういう発想好きです(゚Д゚) RT @gigazine: 飛行機と新幹線が合体?1930年のドイツで作られた時速230kmのプロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」
飛行機と新幹線が合体?1930年のドイツで作られた時速230kmのプロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」[gigazine]
かっこえええええええええ!!!
ものすごいラストエグザイル臭が
[GIGAZINE] 飛行機と新幹線が合体?1930年のドイツで作られた時速230kmのプロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」: プロペラ機と新幹線が融合したかのような特異なルックス…
コンセプトはいいと思うんだけどwww
昔の絵本で見たこういうの。まさか本当にあったとはw→
珍しいものを見た
1930年代とは思えない空力センス。リアエンドに向けての絞り込み。排気熱はそこに沿って出される仕組み。 gigazine:
ドイツクオリティー |飛行機と新幹線が合体?1930年のドイツで作られた時速230kmのプロペ
以上

記事本文: 飛行機と新幹線が合体?1930年のドイツで作られた時速230kmのプロペラ式鉄道車両「シーネンツェッペリン」 - GIGAZINE

関連記事