売上1200億円!連載終了から27年経っても、『ドラゴンボール』が大人気なワケ(堺屋 大地) | マネー現代 | 講談社

11コメント 2022-07-03 08:24|現代ビジネス

ツイッターのコメント(11)

ドラゴンボール(※国内)において唯一の懸念点は声優さんたちの年齢……。

最新映画から読み解く
ゲームが後押しした感じでしょうか。

自分が小学生の頃見ていた漫画が、小学生の息子がはまっているのが、ドラえもん以来ですかね。
ドラゴンボールのIP売上がガンダムもワンピースも超えてるってのすごい!
27年前に連載終了してるドラゴンボール、今でも年間売上1,200億円ある。
むしろ10年で10倍にグロース

2011: 118億円
2012: 89億
2013: 114億
2014: 194億
2015: 349億
2016: 611億
2017: 979億
2018: 1,290億
2019: 1,349億
2020: 1,274億

ソシャゲで一気に爆発
鳥山明になりたい人生だった。ワンピもNFT出したからDBも出して欲しい
IP✖️不動産で事業やりたい。ここ数ヶ月ぐらい気持ちが高ぶっておる。今までのネットワークじゃ絶対に繋がれない領域。
映画スーパーヒーローは、個人的にDBの歴史の中で一番面白いと思う。悟飯はやっぱり最強。ピッコロさんはダントツで最高。 / (マネー現代)
以上
 
PR
PR