習近平も驚く「中国銀行『預金が消えた』」大騒動の“全深層”…まさか「中国共産党」の“核心問題”に発展も!(福島 香織) | マネー現代 | 講談社

11コメント 2022-06-23 06:56|現代ビジネス

ツイッターのコメント(11)

アプリ悪用は思いつかなかったわ
中国の銀行で起きてる取り付け騒ぎ、高金利で消費者から預金を集めて、資金繰りに回してたので、資金がショートしたという。バブル世代の某エコノミスト曰く日本の93-95年頃に同様の問題が起きてたそうで、中国は引き続き日本のバブル崩壊過程を再現してるそうな。
ロシアから石油買い叩くよりまし
本当でしょうか? わけわからん
これも電子化の「一つの結果」か?
これはまた派手な騒動だなーw
まるで豊田商事の事件みたい。中国や韓国は現代のテクノロジーを利用しているとはいえ、国家としては日本の50年前の姿をいま進んでる感じよね。起きてる社会問題とか見るとそんな感じ。一度潰れた国と最近できた国。そんなもんだろ。
日本も負けじと予備費予算11兆円も消す魔術。

悪い事すれば「虎も蝿も叩く中国」
「日本は虎になれば叩きません」
それで良いのか?日本。
現代ビジネスともあろうものが、「全深層」なんていう誤字に気づかず、修正もできないとは。
校正する人もいなく、個人的に書いた文章を公開しているのか?

「中国銀行『預金が消えた』」大騒動の“全深層”…まさか「中国共産党」の“核心問題”に。
河南省や安徽省の複数の村鎮銀行(旧農村信用社)が第三者のインターネット金融プラットフォームを通じて作った口座などの預金が消えた。福島香織さんのコラム。  銀行幹部と株主が結託して“ニセのシステム”を創り、外部企業と本物でない口座プラットフォームを運営していた。
以上
 
PR
PR