西部邁の最大の親友だった東大生が84歳になっても「中核派」議長を務めているワケ(田原 総一朗) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

ツイッターのコメント(36)

この対談記事の後編記事がありまして

【西部邁の最大の親友だった東大生が
 84歳になっても「中核派」議長を務めているワケ】


面白いのでここからも抜粋します。〉
ホント、こいつら危険。で、これは笑う⇒『そんなことない…「関西生コン」という労働組合…三労組が一緒になって、毎年数千人単位で11月労働者集会に大結集します』
弁えない年寄り。いい年こいてまぁ…。
最後はおじいちゃん同士の労いになってて草

西部邁の最大の親友だった東大生が84歳になっても「中核派」議長を務めているワケ(田原 総一朗) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)
田原総一郎が凄え煽ってて草www話を聴くほど、84になってこれから武力革命とか帝国主義打倒とかギャグかよって突っ込みどころ満載のサヨク界隈のクソな成れの果て感半端ないし、いい加減にしろよ!って田原総一郎がキレまくってるのもまぁ分かるwww
田原総一朗による清水丈夫へのインタビュー記事、なかなかの歴史の証人的なアレなのだが、彼のいう革命は永遠に来ないという高齢化した極左の限界も示していて味わい深い…
「革命運動の中で力をつけて生産手段を自分の手にしっかり握れば、社会経済を回していくことは難しくありません。」革命までであってその先の経済理論は未だに持てないのだな
プリウスで暴走するボケ老人(΄◉◞౪◟◉`)
「若い時代に正義感に燃えて、全力を挙げて60年安保や70年安保、沖縄で闘った。高揚した大闘争に参加した経験がある60代、70代、80代はいっぱいいます。」
せつない。。

「実はある場所で西部と偶然会ったことがあります。そのとき彼は「自分のやり方は失敗だった」と言っていました。資本主義経済は駄目だ。資本主義も資本家もまったく信用できない。とてつもない絶望感に陥ったはずです。」
「関西生コン」と中核派は一体って事だな!
「今から30年前、日本人の平均賃金は韓国の2倍だった。今や平均賃金は韓国に抜かれている」

西部邁の最大の親友だった東大生が84歳になっても「中核派」議長を務めているワケ(田原 総一朗) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)
 
PR
PR