大谷を超えた…ロッテ・佐々木朗希の直球が打てない「科学的なワケ」(週刊現代) | マネー現代 | 講談社

22コメント 2022-04-11 07:06|現代ビジネス

ツイッターのコメント(22)

なるほど。バックスピンね。
「おおふり」で読んだ記憶がある。

大谷を超えた…ロッテ・佐々木朗希の直球が打てない「科学的なワケ」(週刊現代) | マネー現代 | 講談社
投球フォームもかっこいいんだよなぁ、本当にすごい
これを捕球するキャッチャーが一番偉いのではないだろうか?
「腰を軸にした『縦の回転』と、骨盤を軸とした『横の回転』」って、「腰」と「骨盤」って何処が違うの?
まさか「縦の回転」とは、腰を軸とした上半身の前後運動の事?
分かりやすい。おもしろい。
なぜ藤浪の155キロオーバーのストレートが簡単に打たれるのか。
なぜストレートがシュート回転するのか。
なぜコントロールが安定しないのか。
この記事に全て書かれている。
頑張れ藤浪!
伸びが違うのね。
とにかく直球のノビなんだね

分かっていても打てない

今後が楽しみだ
江川のストレートは衝撃だった(嫌いだったけど)
藤川のストレートはカッコよかった
でも、2人は高めのストレートの「伸び」が凄かった

低めでこんなに伸びる球、初めて見た!!

ロッテ・佐々木朗希の直球が打てない「科学的なワケ」
期待しかない / (マネー現代)
ホップして見えるストレートを投げるのか
完全試合には驚愕するもプロの道は険しい。翌日に「科学的なワケ」ってホント適当な記事。中身は“ホップが凄い!”だけ。
「野球選手」としてはまだまだ未熟でしょう
🌸ロッテ・佐々木朗希の直球が打てない「科学的なワケ」 …
「佐々木のボールはこの『落ちる幅』が他の投手よりも少ないため、打者の眼が錯覚を起こしているのです」
佐々木のストレートには強烈なバックスピンがかかっている。

ロッテ 佐々木朗希 の直球が打てない「科学的なワケ」


週刊現代
県予選決勝の大船渡監督の英断と1年間公式戦登板ゼロにしてまで肉体強化を課したロッテの育成法が正解だった。
昨年までの佐々木も、いい時は真上に近い位置から投げ下ろせるものの、それを長イニング継続できるだけの安定感は不足していた。「昨シーズン途中から井口監督は下半身の強化を命じ、佐々木は年末年始も休まず、実家のある大船渡で走り込みと筋力トレーニングに打ち込んできた
>「足元がしっかりと固定されたことで自ずと腕の角度も安定して、きれいなバックスピンのボールが増えました。それが今季の活躍の秘密なのです」
史上最高のストレート、なのか……?
以上
 
PR
PR