バービーが「働く女性も子どもを産みやすい環境って?」を考えて気づいたこと(バービー) | FRaU

ツイッターのコメント(28)

メモ。
バービーさんの何が良いって、結婚しない人、子どもを持たない人のことも尊重してくれること。
独りだからって稼ぎたいって訳じゃないとは思っていた。だけど出産しない人にも長期休暇補償とか考えたこともなかった。
バービーさん、これからも欲張りでいって欲しい。
バービーさん
妊活についてエッセイ。スマートな考え方だ。
生理がある=こどもを生む性で生理が来たら性を自認するんだと思う、否応なしに。小3から月1で血が流れて貧血で、心も不安定で体が女であることが心の傷口に塗るように沁みた。
4人目を産んで5カ月お月さまがきました。もう産み止めなのに私に女性を刻む痛みが辛い。
「私はすべてが欲しい。仕事量も、キャリアアップも、新しい挑戦も、家族との時間も、自己成長も機会も。すべて諦めたくない。」
妊活のため、鍼灸院へ行った話が出てくる。

リラックスが大事と言われ、わかっててもできないもどかしさと、その解決策についての考えを語っている。
バービーの言っていることがすごく的を得ている。sぉうだよねーそうだよねー。(東京時代に住んでいた家がおそらく近所でスーパーで見かけたりしていました。私もそのころはがんがんお酒をのんでがんがん働いていた)
「出産をしない人にも産休同等の長期休暇補償あり」ってところがすごく良いな
いやもう本当にその通りよ!!!共感しすぎて首がもげる!:
産むまでの話だからまあそうなんだろうな。最後の選挙や政治への姿勢は呼びかけとしていいと思うけど。
広島県はバービーさんに執筆頼も。これ読も。みんなあれもやりたいこれもやりたいって声に出そう。
私は娘を立派に育てながら仕事でキャリア築きながら大好きな服とオシャレを楽しみたいよ。頑張るもん、欲張りだとワガママだと言われようと。
これなー……。この記事はわかるし応援したい。でも「子供を産みやすい」環境を整えるの自力でできたとしても、その後の「子育てと仕事を両立する」環境を整えるのはほんっと自分の力では無理。「子供の気質、体質、体力」等、自力ではどうしようもないものが激増するので
あとで絶対残りも読む。帰宅したら読もうね。
 
PR
PR