SDGsの不都合な真実…投資目的の「脱炭素政策」は人類を幸せにするか(川口 マーン 惠美) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限に...

ツイッターのコメント(10)

技術の健全なイノベーションを阻害し間違った観念のもと貧困化の道を行く日本。
SDGs(持続可能な開発目標)なんて嘘っぱちだったんだな
正気を取り戻して成長に舵を切らねば我が国は滅びる
#環境詐欺 #二酸化炭素悪玉論はフェイク
たかみーなんかまた難しい事言ってる、キモイー😱 と思うかもしれないが、俺が疑問に思ってた事が書いてある🥰

SDGsの不都合な真実…投資目的の「脱炭素政策」は人類を幸せにするか(川口 マーン 惠美) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)
中国や米国には、使っていない平地がいくらでもあるが、日本は森林を切り崩してパネルを並べている。しかも、どんどん増えるその買取り費用を電気代として負担しているのが産業界と家庭。川口マーン惠美さんのコラム。  ESG投資はいつの間にかEVバブルにすり替わってしまった。
現在「日本最大級のソーラーシェアリング」を運営しているのは、中国の国営大企業である「上海電力」だという話を聞いて、背筋が寒くならない日本人はいるだろうか
SDGsは確かに腐っているけど、日本のこの種の視野の狭いSDGs批判も劣らず腐っている。極論すれば「地球を民営化しろ」と云う資本主義再起動計画をラディカルに批判出来る論者が居ない。>
★「日本最大級のソーラーシェアリング」を運営しているのは、中国の国営大企業である「上海電力」だ。

警鐘を鳴らす政治家はいるのか…
SDGsは偽善の塊。正直中国以外はどこも損ばかり。今は木造がエコでSDGsに叶うらしい。二酸化炭素を酸素に変える物を多く伐採して。
最後には二酸化炭素を減らす為に人口を減らせと言いそう。
川口マーン恵美「シュトゥットガルト通信」2021.11.19.
SDGsの不都合な真実
投資目的の「脱炭素政策」は人類を幸せにするか

・地球危機説の暴走
・EUでは「神聖なる目標」だが…
・外資が絡んだ「仁義なき戦い」の果てに
以上
 
PR
PR