皇后・雅子さまの「気を許せる側近」野村一成氏、彼が私に語っていた「皇室」のこと(大木 賢一) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

天皇、皇后両陛下の最もつらい時期を支えた比類なき東宮大夫だった。7日4日に81歳で亡くなった元宮内庁東宮大夫・野村一成さんを悼む。2006年4月、駐ロシア大使を退任して、皇太子ご一家(現在の天皇ご一家...

ツイッターのコメント(10)

雅子さまが活躍すれば、それを快く思わないであろう人物がいる

皇后・雅子さまの「気を許せる側近」野村一成氏、彼が私に語っていた「皇室」のこと(大木 賢一) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)
将来、皇后となってからのことには何の不安も感じていないこと

思うように仕事ができない悔しさに雅子さまがたびたび涙を見せていたこと

今、雅子さまが活躍すれば、それを快く思わないであろう人物がいること

野村さんはいつも、雅子さまがいつか復活することを信じていた
やはり加えられていた雅子さまへの圧力。野村東宮大夫はやめられたとき、「マスコミの取材はどんどん受ける。色々話していく。」というようなことをおっしゃっていたが、取材に行ったマスコミはほとんどいなかったみたいだ。大木記者ぐらいだったんですね。
>今、雅子さまが活躍すれば、それを快く思わないであろう人物がいること。

上皇上皇后、秋篠宮夫妻のことですね。彼らが皇后陛下を精神的に追い詰めた。
大木賢一記者による野村一成氏追悼記事です。大木記者は「平成の両陛下が家庭内のことを側近に言わせている」と当時から気付いていたことを明かしています。そして野村氏と二人で「今、雅子様が活躍すればそれを快く思わないであろう人物がいる」ことを確認し合ったと…。
休憩中。。涙が止まりません
大木賢一さんに書いていただきました。皇后雅子さまが心を許していたとされる故野村一成氏(元東宮大夫)が、当時の皇室をどのように見ていたのかを、直接話を聞いていた立場からご紹介してくださってます。普段はふれることのない世界の話でとても興味深いです。
これを読んで涙が出た。
真面目で物事に真っ直ぐな気持ちで
この記事を読んで涙が出てきました。皆様、どうぞ読んでみてください
以上
 
PR
PR