東京五輪「イスラム教徒のハラル料理が無い」報道が「フェイクニュース」と叩かれた深いワケ(赤木 智弘) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限に...

ツイッターのコメント(19)

「特にネット上の『まとめサイト』や『YouTube』の誰かもわからないような素人が垂れ流している情報を鵜呑みにしながら、そのくせ『俺はマスコミを疑っているから、メディアリテラシーを備えている』と勘違いしている人は少なくない」

(ノシ^ω^)ノシ☆バンバン
“マスコミをまずは疑うというなら、最初にまとめサイトやYouTubeの内容を疑ってみたらどうだろうか。少なくともプレスセンターと選手村の違いくらいに気づけないようでは、とてもではないがメディアリテラシーを備えているとは言えないのだから”
各国ムスリムそれぞれのハラル料理の是非は置いておいて、ツイッタラーがプレスセンターの話と選手村の話の区別できなかったという読解力だけの話がこんな記事になるとはね。それで多目的ホールはちゃんとキブラを示すミフラーブの代わりになるものを正確に置いていたのかね
> 特にネット上の「まとめサイト」や「YouTube」の誰かもわからないような素人が垂れ流している情報を鵜呑みにしながら、そのくせ「俺はマスコミを疑っているから、メディアリテラシーを備えている」と勘違いしている人は少なくない。
いやだからお仕事で来てるマスコミは各社自分とこの記者の面倒くらいみてよ
今の人は記者を特権階級なんて思ってないから
ネットリテラシーを備えていると思い込んでる奴ほど、自分を正当化して他者を叩くもんなんだよなぁ…
割と言葉の選び方間違えてる人も見掛けるし、ネットリテラシーを履き違えてる人は大勢居そうだ。とはいえ、俺の場合は感覚認識だから、語れる訳では無いけど。
多目的スペースは使える、宅配サービスを使ってくれ。当たり前でしょ?批判したいだけのアホな記事が見えてんだよ。
問題は「メディアリテラシー」ではなく東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が「用意しなかったこと」だと考えています。
・・・「叩くネタ見っけ!」の人たち。
噛み付いて憂さ晴らししたいだけのネットイナゴだしなあ。少額訴訟でもなんでも食らえばいいと思う。
それにしてもめんどくさい連中だ◆
いや、メディアそのものが信用されてない現実を直視した方が良く無い?
五輪にハラールが無かったと言う記事は正しく、批判が外れだった。選手村とメディアセンターの違いもあった。
批判の多くはセンターには礼拝堂もある「はず」との内容で(実際その時点で礼拝堂使えないという情報は公開されていない)赤木君が間違った認識持ったのは「江川紹子批判組」だけ見てたから。特定フィルター経由した情報がすべてと思い込む奴は一番リテラシーレベルが低い。
《マスコミをまずは疑うというなら最初に纏めサイトやYouTubeの内容を疑ってみたらどうだろうか。少くともプレスセンタと選手村の違い位に気づけない様ではとてもではないがメディアリテラシを備えているとは言えないのだから》【東京五輪ハラル料理が無い報道が嘘と叩れた訳
ネット上の「まとめサイト」や「YouTube」の誰かもわからないような素人が垂れ流している情報を鵜呑みにしながら、そのくせ「俺はマスコミを疑っているから、メディアリテラシーを備えている」と勘違いしている人は少なくない。赤木智弘さんのコラム。
"五輪後、心ある人達が、騒いだ人たちに「実際にハラル料理の用意も無かったし、礼拝室もなかった」とリプしていたが、送られた人たちは判で押したようにだんまり"
以上
 
PR
PR