ドイツで政策を見て痛感…日本政府が「法治主義」を軽視しすぎという大問題(横田 明美) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

西村康稔大臣が、酒類販売店や金融機関に対して、アルコールの控えない飲食店との取り引きを差し控えるよう求めたことが大きな話題になった(ともに7月13日に撤回)。現在、ドイツで研究をしている行政法学者の横...

ツイッターのコメント(60)

こういうとてもつまらない、しかし極めて尊い「建前」を引き受けてもらうのが三権の仕事だと、広く知られるべきだなあ
「権利を制限する時には法律で決める、そのとき国会議員がきちんと議論をするという建前はきわめて大事だと思います」:
ドイツで政策を見て痛…|横田明美
法の制定や改正の過程にも色々と違いはあるはずだから、国会開いていてもこうできるわけではないだろうけども。行政が法をすっ飛ばそうとする今の振る舞いって後々に影響するよなあ。:ドイツで政策を見て痛感…日本政府が「法治主義」を軽視しすぎという大問題
様々な規制オプションの議論との関わりでも重要な内容と存じます。/ドイツで政策を見て痛感…日本政府が「法治主義」を軽視しすぎという大問題(横田 明美) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)
政府が要請や間接的な規制をとることで公権力がなすべきことをせず、
引き受けるべき責任を取らず、
結果として公対民でやるべき議論や紛争が民対民になっている

ドイツで政策を見て痛感 日本政府が「法治主義」を軽視しすぎという大問題
諸外国を見て法改正を。2月玉木代表質疑一部"勤労税額控除(米英制)児童税額控除(仏制)軽減税率は金持ちほど得をし逆進性解消効かない。給付付き税額控除で中低所得者を救いませんか。これ2009年自公の提案です。給付付き税額控除検討して頂きたい(次パンデミック見越し
平たく言えば、

「仕事してない」

ですね。

ドイツで政策を見て痛感…日本政府が「法治主義」を軽視しすぎという大問題(横田 明美) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)
きちんと立法するべきだったのをお願いベースでやったもんでおかしくなってるというのは僕も感じてた。ただ、政府が信用無さすぎて緊急時に預けた自由が平時に戻ってちゃんと戻ってくるか疑ってるからそんな法律が作れないのだよな。
まぁ…日本は近世に強引な法治化をやったものの、実態としては結構色濃く人治が残ってるからなぁ。

ドイツで政策を見て痛感…日本政府が「法治主義」を軽視しすぎという大問題
⑶「ベースだと、「お願いだから従わなくてもいいだろう」という人たちが客側にも、店側にも出てきます」「従うべきだと考える人たちが、飲食店に対して私的に圧力をかけるケースが出てくる」「「民 対 民」の構図が作られてしまう」ドイツは「法律の後ろに「こういう…」続
これ、前から大問題だと思ってたんだけど、やっと専門家の声をマスコミが取り上げ始めたか。
 
PR