TOP > 政治・経済 > 西浦博 教授が緊急報告、「第4波」が“これまでと違う”と言わざるを得ない「4つ」の理由(西浦 博) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

西浦博 教授が緊急報告、「第4波」が“これまでと違う”と言わざるを得ない「4つ」の理由(西浦 博) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

201コメント 2021-05-04 07:46  現代ビジネス

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限に...

ツイッターのコメント(201)

「当面は緊急事態宣言の措置で実効性の高いものを見定め、措置のオンとオフを繰り返すことになる」「五輪イベントなどを前に短期的にオフにしようとしている場合ではない」…あー。 →
「まん延防止等重点措置によって大阪市の飲食店で営業時間の短縮が行われ、市内の繁華街の夜間滞留人口が劇的に下がったものの、流行が下火に至るほどまでには再生産数(略)を下げられませんでした」 「第4波」が“これまでと違う”と言わざるを得ない「4つ」の理由
こういうことであれば、これまでよりは対策を厳しくしていくことになるのでしょう。イベントも厳しいよなあ
これって、多分西浦先生の記事 にある「B1.1.7(英国変異株)増加に伴う、長期的なワクチン対策の変更」の一部でもあるんじゃないかなー。Moワクチンは現時点ではまだ認可されていないので市町村の高齢者予約とは別枠になるので、接種票が届いて大会場に動ける人は(続
「第4波」が“これまでと違う”と言わざるを得ない「4つ」の理由

本当に日本の政治が駄目なのがわかってしまう
西浦教授による、英国株中心の第4波が今までと違う点 - 感染性が上がっているのに日本の対策が遅れている
- 高齢者だけじゃなく年齢に関係なく重症化する
- これまでと同じ措置では再生数が下がり切らない
- 高齢者へのワクチン接種だけでは解決せず、長期化の恐れ
煽りおじさん…
いま数字が増えてるのが「国民の気が緩んだせい」ではなく「感染力の高い変異株に置き換わったせい」だとすると、今までどおりの対策での封じ込めは無理ってことよな。
ようは外食店に店を閉めるという対応ではなく本気で人流を止めないと駄目。大阪ばかり云われてますが実は京都でも入院必用と云われてる方が入院出来る割合は2割、ほとんどは酸素必用なのに何もせず自宅療養、そら若いのも早く重症化するよね?これから若い人も間違いなく死ぬ
「当面は緊急事態宣言の措置で実効性の高いものを見定め、措置のオンとオフを繰り返すことになるものだと思います。五輪イベントなどを前に短期的にオフにしようとしている場合ではないのです。」
極論に偏らない、冷静な見方が必要。明らかにオリンピックは要らんけど。
切れてはいけない、粘り強く、という事だな。⇒「人口全体に対策の影響が及びすぎないよう、伝播の起こりやすい場を以前のように選択的に見つけて措置を講じていけるのか。その保証はありませんが、感染者数を一旦減らして、しっかり観察・分析をしていかなければなりません」
“スローダウンさせるための協力は従来よりも遡及効果の高いものが求められますが、為政者が今の状態から“脱皮”して、「票」ではなく、真に国民のことを思って責任を取れるのか、真価が問われます。”

本当そうだと思うけど、今の施政者の方々にはこの方針転換は難しそう…。
「これは、高齢者の予防接種が完了すれば医療が逼迫するような社会的喧騒がすぐ終わるわけではないことを強く示唆します」。まあ普通に考えればそうなるよな。来年のGWもこんな感じと覚悟しておくべきかしら。
「死亡リスクが高くなるということは、医療がどれだけ崩壊しているかにかかっている部分も多いと考えられるのです」
日本に一人しかいない専門家なんですか?
この方の予想って、当たれば警告。外れたら不安を煽ってる事になりますね。
基本外れてます。
「第4波」が“これまでと違う”と
言わざるを得ない「4つ」の理由
医療崩壊だと叫んでいるのに、医療には何も無くこれまでどうりで、国民には説教して、あれはダメこれをしろと、あなたの言うことが1つでもまともに当たったか?そんなことより感染症とは何かを勉強した方がいいのでは。
まん延防止は感染拡大のスローダウン。変異株は20-40代の中等症、重症化があるためワクチンは高齢者だけに打てば安心というわけではなくなった。ウィズコロナは長い。
なんですか、ゴミさん。
消毒されたいのですか…😏
(中尾氏の声でどうぞ)
本質。陰に陽に政府に情報提供してきた西浦氏の魂の叫び

"スローダウンさせるための協力は従来よりも遡及効果の高いものが求められますが、為政者が今の状態から“脱皮”して、「票」ではなく、真に国民のことを思って責任を取れるのか、真価が問われます"

西浦博教授緊急報告
西浦博教授の緊急報告 第4波はこれまでと違う
1 対策が遅れると、他地域で大阪のような事態になる可能性がある
2 生産年齢人口で中等症患者や重症患者が出ている
3 素早いまん防措置は流行を遅らせる。
4 高齢者の予防接種だけでは医療崩壊のリスクが残る
大阪の悲劇を、他の地域で防いでほしい
| 講談社(5/5)
まさにその通りだと思った^_^
西浦先生の第4波に対する分析を読む限り、東京五輪などさっさと中止してコロナ対策に全力を尽くせという結論にしかなりませんね。
たかが運動会、たかがエンタメですからね。
非常時には損切りの決断をするのが政治家の役割でしょう。
西浦理論としての科学的分析と提言に敬意を表します。ありがとうございます。
一方で
臨床医の中に、我々の不安に乗じて緊急事態条項の改悪を促す輩がいます。
本当の最前線医療従事者はそこから論じる者はいない。恥を知れ。
・「新型コロナ」が「新・新型コロナ」になったつもりで対策を再構築必要
・大きな違いは「生産年齢での重症化率上昇」

「若者は軽症」という前提が崩れた事をいかに共有し、ワクチンによる集団免疫確保までの被害を軽減するか?

ゴールは見えているから、がんばりたいなぁ
2021年5月1日現在、流行が上昇傾向にあるほとんどの地で、感染性や重症化率が高いと言われるイギリス由来の「英国株」が「従来株」を置き換えて拡大しつつあります。
「従来株から英国株への置き換わりが進んでいる状況下では「感染性が上昇していて、従来の対策では下げ切れない蓋然性が高い」ということです。」

実際マスクはほとんどの人が付けてるし、相応に気を配ってる。なのに感染スピードが落ちない。これはまずいよね。
1 従来株と同じかのような誤解をしたままで、対策が遅れると、他地域で大阪のような事態になる可能性がある
2 生産年齢人口で中等症患者や重症患者が出ている
3 素早い「まん延防止等重点措置」はスローダウンに使える
4 高齢者の予防接種だけでは医療崩壊のリスクが残る
上手く押さえ込んでるのかたまたまなのかもう分からんけど、菅政権は当然としてここまで来るともう誰が言うことも信用できない。ただ医療崩壊の現状を嘆くくらいしかできねえよ
西浦先生のお言葉。内容もさることながら、ここ1年で随分と体型が…先生…。相当多忙な生活を送っておられたそうだし、生活が不規則になっておられるのだろうか。脅迫も相当あったそうだし.ご自愛いただきたい、ほんとに。

1 従来株と同じと誤解したままでは、対策が遅れると、他地域で大阪のような事態になる可能性
2 生産年齢人口で中等症・重症患者が発生
3 素早い「重点措置」は流行を遅らせることには使える
4 長期的見通しが大きく変容。高齢者の予防接種だけでは医療崩壊のリスク残る
為政者が今の状態から“脱皮”して、「票」ではなく、真に国民のことを思って責任を取れるのか、真価が問われる.
「これまでの流行がまるで単なる練習試合だったのか」と言わしめる第4波。絶対に五輪など出来る訳がない。インドの惨劇が日本でも起きるかどうかの瀬戸際だ
また8割教授か
同じ対策で「下がりきらない」のヤバさ
この報告、文章が上手くないので、頭にすんなり入ってこない。
西浦先生は文章を推敲する余裕がないほど多忙なのだろう。
高齢者接種が優先された考え方が書いてあるが一方私の予想通り崩壊しつつある様が書いてある。
トリアージと社会生産維持の為の戦略接種に早く切り替える必要があるだろう。
専門家なのに、インドの状況については言及しないの??
とても重要でわかりやすい説明。ぜひ一読を
また適当なことを言い出した。
こういうやつは害でしかない。
こんな嘘つきによく取材しようと思うよな。
こんなクソ野郎誰も信じてないけど。
>「政治・行政と医療へのプレッシャーが確実に大きくなり、流行期間が延びたということです。正しく怖れることはもとより、感染者数の異常な増え方を止めることに、これまで以上に皆さんの協力が求められます。」
為政者が今の状態から“脱皮”して、「票」ではなく、真に国民のことを思って責任を取れるのか、真価が問われます。
五輪イベントなどを前に短期的にオフにしようとしている場合ではないのです。
・感染性が上昇していて従来の対策では下げ切れない蓋然性が高い
・重点措置は再生産数を下げる効果はあるが1以下にはできない
・長期的な見通しが大きく変化
内容読んでないけど🤣
えー。違いますよ。
第4波はワクチン接種者が広めてます🤪
観察はするけど、蔓延防止の具体策は言わないんですねぇ。
#観察日記 # #西浦博教授 #コロナ #緊急事態宣言 #観察家 #変異株 #新規変異株 #従来株 #英国株 #インド株 #京都大学大学
1)西浦
英国株で置き換わった今、成人も感染すると医療を必要とする事例が増えた。それは高齢者の予防接種が完了すれば医療逼迫がすぐ終わるわけではないことを強く示唆する。酸素投与や人工呼吸が必要な生産年齢人口患者を診ることが現場に更に課される。
もうこの人が何を言っても怖がらせているだけにしか見えない
もっと見る (残り約151件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR