TOP > 政治・経済 > 菅政権が「邪魔」ばかりするから「トヨタが日本を捨てる日」がやってくる…って本当か?(大原 浩) | マネー現代 | 講談社(1/5)

菅政権が「邪魔」ばかりするから「トヨタが日本を捨てる日」がやってくる…って本当か?(大原 浩) | マネー現代 | 講談社(1/5)

35コメント 2021-05-05 05:42  現代ビジネス

EV化の推進は、昨年6月16日の「やはり独り勝ち、世界の自動車メーカーはトヨタにひれ伏すのか?」のように倒的な力を持つトヨタをはじめとする「日本勢を引きずり降ろそうとする政治的策略」だとするのは邪推で...

ツイッターのコメント(35)

やはり…
トップやリーダーたるや
誰でも良い訳ではないって事ですね
素晴らしい記事だ。
ただトヨタとダイハツだけじゃ無い。
日産とホンダとスバルがアメリカへ、三菱やスズキはタイやインドへ、マツダならヨーロッパへ行ってしまうかもしれない。
規制大国日本。
菅政権が「邪魔」ばかりするから「トヨタが日本を捨てる日」がやってくる
大原浩
ない。
それはない。
菅を下ろした方が早いから🤣🤣🤣
自民党を潰した方が早いから🤣🤣🤣
企業があるから、政治家がいる部分もあるのだから。
政治家なんて、単体では必要のないものですから🤣🤣🤣
# 温暖化詐欺ビジネス!
大原 浩 国際投資アナリスト
>結局、EV化の推進は、(略)圧倒的な力を持つトヨタをはじめとする「日本勢を引きずり降ろそうとする政治的策略」

昨日のツイートと重なる論考。
この件で政権叩き、は子供じみている。
温暖化はうそ。太陽光発電はメリットゼロ。EVにしてCO2減らすなら原発地熱利用必須。どうして言ってくれないのか。
日本の自動車業界をダメにしたのは政府という事実。
その通り、優秀な国民もいずれ日本を捨てる。
日本のハイブリッド車技術は世界一だ。ディーゼルにしても、かつてのように黒い煙など吐いてはいない。にも関わらずアメリカに忖度してEV推進、それも46%とか言うアイドル路線と勘違いした数字を出すスガのバカぶり。
トヨタが日本から出ていったとして、他国で何ができるのか。
中国ではないが、政府が無能だと考える力のある者、能力のある者は最後は諦めて異国に移住。日本は過去の遺産を除くと東南アジア諸国にも既に遅れている。
まだこんな事言ってる奴いるんか?😅
こういう電気自動車は悪だという記事があると本当にそうなのかと思ってしまいますよね💦
無能を超えた反日👎菅😡小泉を代表格とした無知無能無策反日政権と化している🤔
菅政権の「EV化」や「無駄な二酸化炭素排出抑制対策」の強要が「トヨタ自動車が日本から脱出する日」が現実のものになる😱
菅には「日本の将来を真っ暗闇にする政策」を即刻廃止しろ🤔
2020年で世界で一番売っていたんだよね。書き方は陰謀論っぽくて好きじゃないけど。。。
なんだかな
「HV命でガラパゴス列島の小山の大将」に堕落したこの会社、生き残る道は「次世代EV生産の下請け車体工場」になるしかない。日本を捨てても、誰も引き留めない?!
何度でも言うが、蓄電池の生産は日本、中国、韓国で8割を占めているのに、それなくしてEVが成立するはずもない‼️
正直エコかエコじゃ無いかなんてどうでもいい話 世界で売れる車を作る事が最重要でハイブリッドはそれでは無い
やっぱり、石破茂先生しかおらん!
地元ディーラーの社員さんもプンプン丸だったなぁ。
何が正しい真実なのか知る必要があるなと感じた記事でした。政府は日本の未来をどう考えてるのかを知りたいなーと思ってます。
菅政権が「邪魔」ばかりするから「トヨタが日本を捨てる日」が来る

トヨタがいる事で新しいビジネスが成長しないという側面もある。世界は石油から原子力に移行する。きな臭くなる。いつまでも自動車という概念があるか分からない。
トヨタの敵は飯塚幸三だけだと思ってた🤷🏻‍♀️
地球温暖化論者は、世界の3分の1の二酸化炭素を排出している中国を野放しにしているのに、世界の3%ほどしか排出していない日本に対して猛烈なバッシングを行う。
色々思うところがあるから、何を指してどうとは言えないのだけど、それは違うと思うなって感じの事が多いなあ。
視点が違うって言うか、捉え方が違うなって。
トヨタもEVを出すのはなぜだろう?
この記事を書いた人の年齢がいくつなのか知らないが、50歳以上であったなら、
これが真実であるのならば、モタモタ•ゴテゴテの菅さん!さっさと辞めてもらいたい。
確かに、進むべき道は国が推し進めるのではなく、自由競争で自然とやっていくべきだよなぁ…そうしないと国の方針に倣うメーカーにしかなれない。
日本の基幹産業を潰すと、中共の植民地化を促進してしまう!
結構腑に落ちる記事だった。
言いたい事、全部書いてる。日本だけco2減らしても意味ないのに。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR