TOP > 政治・経済 > 「うっせぇわ」を聞いた30代以上が犯している、致命的な「勘違い」(鮎川ぱて @しゅわしゅわP) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

「うっせぇわ」を聞いた30代以上が犯している、致命的な「勘違い」(鮎川ぱて @しゅわしゅわP) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

763コメント 2021-03-05 09:03  現代ビジネス

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限に...

ツイッターのコメント(763)

「うっせぇわ」大好きな子供達にチェッカーズの「ギザギザハートの子守唄」を聴かせたら、思いの外楽しんでくれて、なんかエモいよ...🥰
価値観をアップデート
よく分からない記事。致命的な勘違いが確かにある。この曲はそんなに歌詞に入り込んで聞くかな?。どの世代の誰にも煩いと思うことある。それぞれの で十分だろ。

<「うっせぇわ」を聞いた30代以上が犯している、致命的な「勘違い」>2021.03.05

*/*
数の暴力は弱いモノ達程よく使う。では全体の8〜10%の少数派はどうすれば良いのだろうか。とりあえずマジョリティの好みの見かけでチャンスをまつしかないのだ。
話題のこの歌、たまたま入った店の有線で初めて耳にしたけど…正直、毒を吐いてるだけに終始してるようなのが残念な印象。こんな風に殊更「世代の断絶」を強調している論評にも違和感大、もっと時代を越える普遍性を大事にしてほしいと思いました。でなきゃ歌が可哀想。
クリエイター20代&歌い手10代の「若者というマイノリティの歌」というこの記事に異論はないが、女の歌い手は10代で世に出れるから強者であり、男の10代が最弱だなと思ってしまった。。
自分用のメモ。
(自分の投稿は定期的に見返しているので…)

対処の仕方を間違えたときに見直したい😣
自分はマイノリティだということ。多数決という不利な戦場で戦うべきでないこと。無視という最大の拒絶で逃げ続けること。
それが1番だということを忘れずにいたい。
自由が持て囃されて嫌なものは極力排除しようとする風潮が蔓延すれば分断が進むのは当然だよな。
本当に分断化してるのか知らんけど特定のワードには乗せられたくない。
この考察なわけだが、そもそもそんな話題なってますかね?この曲
10代は流石にわからんからそこに刺さってたら知らんけど、社会人レイヤーではあんま聞かない、オタクネタな感がしてならない
この記事を読む前に曲を聞いておいてよかったな〜と思うし、考察が良き。
オリンピック組織で「男・女」のバランスとか言ってるのも若者無視に繋がるのかなぁ
タイトル怪しいけどオモロい記事だ
この「うっせぇわ」批評的には、Toshiが歌って高齢者が喜ぶようなことこそがトラップなんじゃないのか?どうでもいいけど。
ゲンダイのこの記事読んだ時、ゴメン43歳の私も普通にこの曲みたいに「うっせぇわ」って思って生きてるけど、その状況自体が若い人にとってはうっせえのかな…とか、っつーかこの記事うっせえなとか色々考えた。いいじゃんかよ、やっぱ作曲者の中の人40代のオッサンだよ絶対。
この記事を見て「……と、30代以上の方が仰っています。」とコメントしつつ内心で「うっせぇわ、わかった気になってんじゃねえよ」するのが20代より下というものだよなぁ、どんな時代でもそうだよなぁ、と。
うっせぇわ現象云々。(自称)専門家の分析とやらが以前Pickしたコレと大差ないな。考察?うっせぇわ('A`)
若者が年長者に対して本音を語らない傾向にあるのは、多数派か少数派かの違いによるものとのこと。

概念でなく数で説明されると納得できます。

また、日本の平均年齢が47歳、10代は総人口の8%という事実にも驚きです。
超高齢・少子社会であるのだと再認識させられます
俺は前に(Twitterの右のリンクのやつだったから多分投稿されてすぐ)こっちを先に読んでたけど、こっちはわかんのよ。
読み物としてめちゃくちゃ面白かったし感銘を受けた部分も多かった
読むの遅いわたしでもすらすら読めたしほんとに楽しかったこれ
セクシャル・マイノリティと日本の10代の人口比が同程度であることをもって、「若者もマイノリティ」という記述。社会学的な「マイノリティ」の射程を著者がわかってないはずはない(だろう)し、一般向けであるのにそこに触れないのは大変残念な感じ。
チェッカーズや尾崎豊で理解しようとしてる時点でダメなんですよねぇ
尾崎と違う点は、大人に反抗するのではなく、大人を「諦めている」というところかな。この歌が共感を呼ぶということは、いかに若者が大人に期待していないかってことよね。
一応大人の端くれとしては中々考えさせられるし、ぼちぼち大人が変わっていかんとあかん気はする。
わかった気になるのが1番キモいなあと自戒してます
真に拒絶したかったら反抗なんて分かりやすい態度取らないわな
対話の余地があると思われたら厄介だから、余計なこと言わないでおこう、っていうのは処世術だよね
私は若者ではないけれど、若者だった頃もある。
ヒット作がヒットした理由を分析したり解説する商売はあっていいが、こうして解説めいた文章に自説をまぎれこませ、「訳知り顔で教育してくる大人」が一番悪質でくそウザいと思う。
>若者が、盗んだバイクで走り出したり校舎の窓ガラスを割って歩いたりしなくなってもうずいぶん経つ。

絶対ここ言いたかっただけでしょ!草ァ!
これは令和のパンクロックだ
「うっせぇわ」が「若者の本音そのもの」だとしたら「若者」は随分律儀なんですね
説教は聞かなきゃいけないというプレッシャーがあるからこそ跳ね返すために「うっせぇわ」と叫ぶ必要があるわけで。
私は叫ぶまでもなく冷酷非情なコロし屋のように淡々とノイズを削除できます
人口に対する10代の比率と、セクマイの比率が、どちらもおなじく8〜10%ということに驚き
この記事の内容がうっせえわと思って読んでいたけど
まとめが雑過ぎて笑ってしまった。
マイノリティなの
社会人になってだいぶ経ち、徐々に考えがおじさん思考になってる感じがする
たまには若かった時の気持ちや今の若い世代の考えにも目を向けていかんと…
言いたいのは、
焼き鳥は串のまま食わせろとか
そういうことやろ。
(老'ω`)マジ?ノリで歌ってたけどそんな深いの!
読む気してなかった記事をようやく読んだが…これ~!これだわ!ようやくわかった批判してる層の「なんかズレてる感の正体」!ナルシズムでも反抗でもないんだよ、「全力でスルーしつつ内面では大袈裟にイキッてやりすごそ」って話よな、スッキリしたわありがてえ~ !!
日本の平均年齢が47歳?少し驚愕…

江戸時代なら死に損ないの老人ばっかりって感じ?

社会的地位やそこそこに裕福になってる平均年齢以上の人は、他人にいちいち干渉してきて、わかった気になって勝手に納得してんじゃねぇよ…って感じかな?
誰でも思うわ、うっせぇわって
私の周りはみなさんシェアしてましたが…これ必読。マジョリティの声もマイノリティの声もちゃんと聞きたいし、その上でファシリテーションしなければと思わされた
おもしろい 読んでほしい
受ける。色々な考察があるものだな。|「「うっせぇわ」は「ギザギザハートの子守唄」のオマージュなんだよ」と教えてあげるといい。
「え、そうなんですね、知らなかったです!」
若者はさわやかな会釈とともにこう返すだろう。そして内心思うだろう。「うっせぇわ」と。
時代が変われば常識も変わる
法律も制度も宗教だって時代遅れになってしまう
今は女性が働くことができ
男性に養ってもらわずとも生きていける時代
身分制度もなく頑張れば好きな職業に就ける
集団主義の時代遅れの無責任なアドバイスは突然の辞表になりかねない
うっせえわ聴いてそうとかいう無茶苦茶な悪口(これが既に曲への悪口)を言われたので解説記事読んで分かった気になった
--- ふーん。「勘違いしている」と言う勘違い、ってとこかな。
蛇足すると「大人はわかってねぇ」っていう認識は使い古されていて、「あっそう、今更どうでもエエわ」と言うのが正直なところ。
おもしろい。
うっせぇわは、若者が大人世代を拒絶し、わかりあうことを諦めることを勧めるメッセージ。

尾崎豊は大人の世代とどこかでわかりあうことを期待して反発したのに対し、今の若者世代は諦めているというのは実相を表している気がする。
10代はマイノリティ。この曲を聴いた大人は、それで「わかった」気になってはいけない。歌詞が示す意味を理解してない人ほど、勘違いしているんじゃないのかな。
この記事は興味深かった。

/
意味とかいちいち考えない 笑
音楽として何度も聴きたくなる中毒性はありますよね♪ / (現代ビジネス[講談社] | 最新記事)
この記事面白い。理解できないと言うなら多分それは、世の大人と同じだろう - LINE NEWS
もっと見る (残り約713件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR