TOP > 政治・経済 > 「東京」は地方出身者のわたしにとって、あまりに居心地がいい(山内 マリコ) | FRaU

「東京」は地方出身者のわたしにとって、あまりに居心地がいい(山内 マリコ) | FRaU

207コメント 2021-02-26 14:27  現代ビジネス

東京生まれの箱入り娘の華子(門脇麦)と、地方出身で苦労人の美紀(水原希子)。都会の異なる“階層”に生きる対照的な2人の女性の邂逅と成長を描いた映画、『あのこは貴族』が本日より公開される。原作は、山内マ...

ツイッターのコメント(207)

東京の何が好きなの?って地元の友人にはよく聞かれて 上手く答えられなかったけどこの記事が全部言語化してくれた
私は東京生まれだけど、すごく共感した。街が巨大すぎるがゆえに放っておかれる居心地のよさがある、とか。
frau_tw
これ2月末に読んだ時、世の中にはおしゃれな文章書ける人がおる、魂がおしゃれ…😎となった
「ひとりひとりにそれぞれのストーリーがあるよな…たぶん全員違うはずの」と思いながら読みました。
めちゃくちゃ共感する地方出身者。 山内マリコさんの作品、刺さりすぎるんだよな。『あのこは貴族』も刺さった。記事を読んで雨宮まみさんを思い出した。
おっさんでも分かる気がする。
ちょうど読んでた。
私が東京に住みたがる理由を代弁してくれてる……
> ああ、ここにいていいんだと、街から許容されている感じ。街自体が巨大すぎるゆえ、「あんたのことまで見てられないから、好きにして」と放っておかれている感じが東京にはある。
人それぞれやろね。
私、前の職場を辞めた十年前、上京を考えていたけど止められ、その儘、何となく、西日本の田舎で現状維持で来たけど、好きなものは大阪の方に多かった。
東京は一年に一度、ご褒美旅行で良いと想った矢先の、このご時世、
東京を男性に例えたら100%既に死んだ人になる、という文が衝撃的だった
読ませる力があって引き込まれた
SATC観終わった後に、ちょうどこの記事。
面白い内容でした!
そう、僕も東京が好き。
「東京のやつは冷たいやつばっかやで」
と地元で聞かされ続けたけど、それは嘘やった。
距離感を大事にしてくれる、優しい人達やった。
放っといてくれる街、東京。
他人の散文も、たまには読みあさりたくなる。

変わっていく姿を見ながら、もう少しだけ居続けたくなる街。地元じゃないどこかで。
東京の居心地の良さ=「たくさんの人に紛れられる匿名性」という表現が、地方出身で何者でもない自分にしっくり来た。

埋もれられる楽さと、埋もれてしまう怖さが混在していて常に葛藤を抱えているような感覚になる。
東京は愛せど何にも無い
『「東京」は地方出身者のわたしにとって、あまりに居心地がいい』 オイラは東京に何かを求めて上京したんだっけな…?覚えてないというかそもそも考えてなかったんだと思う。
>「ああ、ここにいていいんだと、街から許容されている感じ。」

>街自体が巨大すぎるゆえ、「あんたのことまで見てられないから、好きにして」と放っておかれている感じが東京にはある。

田舎者の自分も同じ感覚あり。
そこが良いとこだなとも思う。
あの子は貴族
正直波が少ない物語で観終わった後はうーん、映画館じゃなくてもよかったかなともやっとした感想を持った。が、ふと考えるとこの物語の主人公は東京のどこかで生きている女性の1人でこの物語の続きは自分の人生そのものなのかも。
「じゃあ、わたしにとっての東京は、どんな男性にたとえられるだろうと考えると、100%、すでに死んだ人である気がする。」
羨ましいほどの名文。物心つかぬ頃の北の端から南の端で幼少期を過ごした自分にも伝わるものがある。
めっちゃ共感した いいインタビュー
「『あんたのことまで見てられないから、好きにして』と放っておかれている感じ」「軽やかなストレンジャー感覚」「モブでいられる心地よさ」「もう一層深い自由のために、高い家賃を払っているのではないかと思う」

まさに地方出身者にとっての東京が全部書かれてる。
主に上京民が「東京」って曲をつくるよね。いい記事でした。

> ああ、ここにいていいんだと、街から許容されている感じ。街自体が巨大すぎるゆえ、「あんたのことまで見てられないから、好きにして」と放っておかれている感じが東京にはある。
👍🙂
そういうことだろうと思う!🙂
キチンとしていれば自由だ!と町の許容力ハンパなく特大!←当たり前と思っていたけどつくば全然違う💦

わたしはこの、たくさんの人にまぎれられる匿名性だけでなく、もう一層深い自由のために、高い家賃を払っているのではないかと思う
<しかしこの、一種の旅人的な感覚は、上京者だけのものかもしれない。
わたしの知る東京生まれ東京育ちの人の多くは、実家ないし縁のある地域に住み、馴染みの沿線から決して離れようとしない。彼らは案外、近所の目を気にしていたりする>

そういうものか。
奥のゴキブリは何を眠たい事ほざいとんねん
素敵な文章〜
---
冷たいとか言う人いるけど、過度に他人に干渉しない良い街だと思うけど。
田舎の方が男尊女卑、考え方も古くて住みにくい。村八分も起きる。交通も不便。
映画も見たくなるな〜
>わたしはこの、たくさんの人にまぎれられる匿名性だけでなく、もう一層深い自由のために、高い家賃を払っているのではないかと思う。
東京の居心地の良さ 山内マリコ
山内マリコさんの東京評は、そのまんま私の体感と重なるので(同い年)読んでいてものすごく「解る」。上京した年は異なるのでその感覚のズレもものすごくわかる。90年代後半に青春を生きた者として、とてもリアルな表現。
“出産可能な”若年女性が街からいなくなると人口は減り、やがて地方自治体が消滅してしまうという理論でいけば、東京は若い女を誘惑してやまない魔の都市なのだろう。/
新宿のど真ん中で酔っ払った同郷の友達が大声で
『パリピーサイコー!!』と叫んだ。
続けてこんなアホな事言っても誰も俺を知らない。気にも止めない街。それが東京だと
確かにそうだった。懐かしい

「東京」は地方出身者のわたしにとって、あまりに居心地がいい|
匿名性よりも、もう一層深い自由がある
わかりみがえぐい。映画観て、たぶん本も買うだろうなわたし。
都会の雑踏は鬱陶しく感じる一方、「誰もあなたの事なんて見てないよ」っていう放任主義的な環境は好きかも。もしこれが田舎だと、どんな些細な行動でも一斉に注目が集まってしまい居心地が悪い。都会人は冷たいと言われるけど、時として暖かさは鬱陶しいのだ。
引越しが多かったから余計なんだろうけど、東京のだれにも気にとめられない感がちいさいころからめちゃくちゃすき
(隣近所の 世帯状況筒抜け、江戸時代の様な階層の)超!閉鎖的な田舎から 家出同然に出て来た!

「大阪」は地方出身者のわたしにとって、あまりに居心地がいい!☺️

さすがに30年前の『東京』は、大阪人には、しんどかった!😞
この記事を見るまで東京を「都市」という側面でとしか見れていなかったし、家賃が高いことをネガティブに捉えていた。

けれど、東京は匿名性の高さと自由への寛容がある。
地方にはないメリットを山内マリコさんから学んだ気がする。
結局何が言いたいのかわからん記事。若干馬鹿にされてる感しかない。
東京のいろんな街に転々と住むのはたのしそう
丁度この人私と同世代で尚且つ、関東に出てきて私も今年で13年になるので、わかる…ってなった。
>別次元の居心地のよさにおいて、東京はぶっちぎりなのだ。
>街自体が巨大すぎるゆえ、「あんたのことまで見てられないから、好きにして」と放っておかれている感じが東京にはある。

仕事・大学・便利だけではない一極集中化の原因にも目を向けていかねばと思います。
頷きすぎて首取れそう。
でも俺は世間の目と地元の居心地の良さを取っちゃった側でした。
上京者にとっての東京。
関西ど田舎から上京してきた自分と年代もかなり近いのですごくよくわかる。東京の「好きにやって」感とかめっちゃわかる。地元にもどれば隣町の何とかさんの個人情報まで筒抜けなのに耐えられない。地元は好きだけど、生活するのは無理やな。
もっと見る (残り約157件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR