『GINZA SIX』“大量閉店”騒動のウラで、マスコミが報じない「東京大崩壊」のヤバすぎる現実(小島 健輔) | マネー現代 | 講談社(1/6)

コロナ前はインバウンド景気に賑わっていた「GINZA SIX(ギンザ シックス)」の大量閉店が大きく報道されるに及んで、これまでテナントや中小ビルオーナーの苦境に留まっていたコロナ禍の「小売恐慌」がつ...

ツイッターのコメント(93)

SIX』“大量閉店”騒動のウラでマスコミが報じない「東京大崩壊」のヤバすぎる現実
>緊急事態宣言の再発令以降も都心部の人出は大きくは減少していないが都心商業施設の集客と売上の落ち込みは深刻で、もはやこれまでと見切りをつけて撤退するテナントが急増している。
自民連中脳内は未だにバブル期のままだが
日本はもはや先進国基準では大半が中流以下で貧困&極貧層
「今の生活」を守らないと内需が激減し
負の連鎖で日本経済は沈没する

都心は豊かに見えたのは
アジア系観光客だったというオチ
まさか最後に青山文平の名前が出てくるとは驚きました。
「その有様は都市文明の崩壊を予感させる」
…なるほど。
エッセンシャルシフトか~。
コスメは必需品でありながら嗜好品の面もあるなぁ。衛生用品でもあるな
全体的に極端な記事。
最近こういう見出しと内容でPV稼ぐ記事が多いように感じる…。

ただ、個人的には大型商業施設の次の一手は気になるから、引き続きこの業界はウォッチしていこうと思う👀
伸ばしているアパレル聞くし都市である理由は今後もあると思うが、地方でも同じような傾向に。
浜松市のようにもともと中心部が機能低下しているとより顕著に感じる。
SIX』“大量閉店”騒動のウラで、マスコミが報じない「東京大崩壊」のヤバすぎる現実(現代ビジネス) 中心地の空き地が外資に買われないような対策だけお願いします🙏。
銀座のファッションビルにブランドショップを入れないで、ニトリやワークマン、丸亀製麺や松屋、富士そばを入れて欲しい。銀座には食べ物屋が全くない。
いろいろあるんだなあ…
 
PR
PR