TOP > 政治・経済 > 中国の若い女性の間で「ガチャガチャ」が大ブーム…それが「異常事態」と言えるワケ(中島 恵) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

中国の若い女性の間で「ガチャガチャ」が大ブーム…それが「異常事態」と言えるワケ(中島 恵) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

18コメント 2021-01-14 10:07  現代ビジネス

新型コロナの影響で景気後退に喘ぐ世界各国を尻目に、中国では景気が回復しつつある。中国の消費を牽引しているのは、購買力が旺盛なZ世代の若者たちだ。豊かに育った彼らが何にお金を使っているのかを取材してみる...

ツイッターのコメント(18)

やはりな。
TwitterやYouTubeでは、中国の終わりの始まりといったコメントや内容が散見されるが、人口世界一の経済大国をそうそう倒せるはずがない。
こういった日常記事からもわかるように、絶対に侮ってはならない国。
良きにつけ悪しきにつけ、急激に変化するのだから。
おもしろーい。その視点はなかった。

もちろん中身を確かめる層(年配)と、中身がわからなくても買う層(若者)という差はあると思うけど、それでも中国の急激な変化を感じるエピソード。
この25年間中国を訪れていない身からしたらびっくりする話。
中国の若い女性の間で「ガチャガチャ」が大ブーム…それが「異常事態」と言えるワケ(現代ビジネス) 裕福な中国人。財務省の結果、日本は貧しく。
ん?騒音かい!?

中国の若い女性の間で「ガチャガチャ」が大ブーム…それが「異常事態」と言えるワケ(現代ビジネス)
中国人がガチャガチャを買うなんて驚きです。
“赤の他人を疑わない”というのは“(見知らぬ他者への)信頼の証”なんで画期的な出来事です。でも、この信用スコアは未だに馴染めないしあんまり好きではない。仕方ないのかもしれないが。。
中国の若い人々が、箱の中身を確かめないでモノを買うことを始めた。アリペイのような仕組みができたことで変わった。中島恵さんのコラム。  以前の中国は「相互不信社会」で、顔も見たことがない人や、一度きりしか会わない人など「赤の他人」のことは一切信用できなかった。
一つ25元!?たっっか
現代ビジネス:

ガチャガチャについては金額が安価な部分が大きくて、相互不信社会の根本が変わるまではどうかな?と思う。今も中国通販で騙されている人多いし。変わっていくのかな?
本日より発売開始のPHP新書『中国人のお金の使い道』でも紹介されている、中国の若者の「異常事態」です!
中島 恵
ホントにブームになってるのかな?zoomでもそんなこと聞かないけど?
お店に来る中国人のお客さんも商品よく見てるわ。
でも姉ちゃんがコロナ前にセーラームーンショップのガチャを中国人の子がずっとまわしてたって言ってたな。
「他人を信用しない」中国社会が劇的に変容しているのではないかという話。面白い
中島恵さんに書いていただきました。いま中国では若い女性を中心に「盲盒」という中国版ガチャガチャが大人気出そう(フィギュアなんかが入ってるらしい)。じつはこれが、中国の消費者の購買行動が大きく変化していることを示している…という話で大変に興味深いです。
» 中国の若い女性の間で「ガチャガチャ」が大ブーム…それが「異常事態」と言えるワケ(中島 恵) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR