TOP > 政治・経済 > 日本人が大好きな「賃貸か持家か」論争、コロナ危機でついに答えが出た…!(牧野 知弘) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

日本人が大好きな「賃貸か持家か」論争、コロナ危機でついに答えが出た…!(牧野 知弘) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

20コメント 2020-12-03 07:05  現代ビジネス

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限に...

ツイッターのコメント(20)

黙って賃貸に住め下さいお願いします。
守口とか神戸とか西淀川の物件空いてます。
まだやってんのかよ。
人によるだろ、くだらね〜
> 月のほとんどを都心に通勤しない「生活ファースト」の家選びの時代

数ヶ月先の予想もつかないのに、「決まり」な訳あるかいや
牧野 知弘
このライターの人が大好きなだけちゃうん
「賃貸か持家か」論争、… このレポートでは、中古で安くなっている「郊外戸建て」がお薦めらしい。しかし「郊外」は、住人の新陳代謝が起こらず、戸建てもマンションも「気がついたら限界集落化」するから要注意!
日本人が大好きな「賃貸か持家か」論争、コロナ危機でついに答えが出た…!(現代ビジネス)

> 「賃貸vs持家」の結論は明らかだ。郊外戸建て住宅=持家で決まり

外れ
その持ち家がトータルで負債になるから。
論争に意味は無い(ミカ)
賃貸だろうと、武蔵小杉のタワマン、トレーラーハウスに住もうが人の勝手なので答えは無い(・ω・)
日本人が大好きな「賃貸か持家か」論争、コロナ危機でついに答えが出た…!(現代ビジネス)
都心の家を買えば通勤は便利だけど、移動が不要な働き方が代替肢になったら勤務場所は地球の裏側のカフェでも構わないよね🤐
賃貸持家論争に終止符だと…
大半若人の住宅選択考は、そんな単純二択化では無い。日本の未来に希望が持てず、経済的、精神的にも、今を生きる現状維持が精一杯。住宅選択流動なんて有り得ない。
郊外もしくは地方で安い中古物件を買い、リフォームしながら住むのが良いです。
テレワークほど、生産性の悪いものがない事に気付いていない者達は、大変なことになるよ。どんなにリモートで顔を合わせていようが、直接会って話す形には勝てないよ。色々な面でね。
こういう論争見るの好きなんだけど私は持ち家派ででも賃貸派の話を読むとなるほど…ってなるけどやっぱ現在物事が安定してたら持家一択じゃね?
仕事によってライフスタイルは大きく変わりますね🤔

来年は在宅勤務に合ったリフォームをするための助成金も検討されてますし、コロナで住宅事情は大きくかわりそうです。
昔から持家願望があまりなかったのはご縁深い職種がそういう感じだったからなんだろうね。
この先オンラインがもっと普及する世の中になれば、郊外の持家いいかもー。
というか昔から都心と田舎の2拠点暮らしに憧れていて、叶えられていない。
答えが出てしまったのか
これはほんとに大いにあり得ると思う。
結局北海道に過ごしてから速攻でマンション買ってよかったと思ってる
サブスク主流の現代で、家だけやたら持家に固執する古い考え方。
『必要な時だけ、必要な分を』
持家なんか持ったら、住みたいところに住めやんくなる。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR