TOP > 政治・経済 > 「大阪都構想」の決定的なダメっぷり…大阪の「元副知事」が実態を証言する(松本 創) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

「大阪都構想」の決定的なダメっぷり…大阪の「元副知事」が実態を証言する(松本 創) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

120コメント 2020-10-27 06:22  現代ビジネス

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限に...

ツイッターのコメント(120)

維新が鬼に一体化されて無限自治体となっている
関西在住のジャーナリストが滅するように動いているが、在阪のメディアがザコ鬼になって邪魔をしている
”小西禎一氏…橋下徹府知事時代は改革プロジェクトチーム(PT)のリーダーや総務部長を務め、松井知事の下では副知事として支えた、「地方行政のプロ中のプロ」と言われる府庁の生え抜きである。”
どうも今回の維新の感じに乗り切れないのは、ありていに言うとフレッシュさがもうないからというのが大きい。二重行政がもう解消されてるなら、これ以上これについてやることはあるのか?と。
・( ・特別区設置住民投票 で大阪市廃止が可決されれば)政令指定都市の廃止・解体という前代未聞の事態
・市の廃止・特別区施行の実務を担う府市職員の見解はほとんど表に出ていない
・箝口令が敷かれ、賛否はもちろん、話題にすらできない状況
>「自治体の再編で経済成長するという根拠は」と聞いてみると
↑これは同じ政党で市長知事になったので争いが起こらずスムーズに投資が進んだって話だろう。それを「よくわからない答えではぐらかされた。」とは・・・
「大阪都構想」の決定的なダメっぷり…
党勢拡大のために
無理してやっている感じ
やからな。

治水対策に力を入れたほうが
良いかと思ったりする。
都構想、ずっと思ってることがあったけどこの記事読んでいるとやはりそうだよなと思えたのでリツイートします。
当事者の公務員に聞く記事の第二弾。今回は住民投票が賛成多数となれば廃止・解体される大阪市職員の心境と庁内の実情を。「クーデター」とは程遠い空気。もう不毛な公務員叩きはやめにしよう。そして、元副知事が語る「都構想」が生まれた時、その背景と目的は。
大阪市民は1人残らずこれも読むべき。
この方ちょっと覚えてますよ
小西さんだよね?
二重行政はまやかし
曖昧なキャッチフレーズを詳細に検証したものをマスメディアはちゃんと報道してんのかなぁ
今回の住民投票の情報を「テレビ・新聞・ラジオ」から得てる人が60%〜70%と言われてるのに
こちらの記事も是非。すぐ傍で見てきた副知事だった人の御意見はとても重要だと思います。
良さげに見える幻想ではなく、現実の実態を知るべきと思います。
「「大阪都構想」の決定的なダメっぷり…大阪の「元副知事」が実態を証言する」
「」の決定的なダメっぷり…大阪の「元副知事」が実態を証言する
松井知事時代に副知事を務められた小西禎一氏が語る「大阪都構想の決定的なダメっぷり」
「…それから10年が経ち、松井市長は「今は二重行政はない。吉村知事と僕が同じ方向を向いているから」と、たびたび語っている。ならば、なぜわざわざ政令指定都市廃止などという巨大なリスクを犯そうとするのか…」
二重行政解消の効果額は、10年間でわずか39億~67億円。これに対し、特別区への移行コストは15年間で1300億円とされています。ありもしない二重行政の解消を唱え、市を廃止・解体するのは壮大な無駄
「立場が違うので調整や話し合いは当然必要です。それを悪いことのように維新は言いますが、違います。調整を通じて、よりよい答えが出ることもあるし、仮にどちらかの首長が誤った判断をしても、歯止めがきくんです」

結局、ここか。
維新指導者は意見多様性と議論を嫌う。
ムダとレッテルを貼って、事業やサービスを削る
⇒コロナ禍で、融資や給付が遅れる
⇒保健所が足りなくなる
⇒経済が低迷し、経済規模で愛知に抜かれる

民主党の事業仕訳と何が違うの?
都構想の問題点を様々なジャーナリスト等が次々と記事に
一方で肯定記事は高橋洋一か上山信一か維新議員、産経新聞くらい。詐欺の片棒を担ぐのは出来ないからね
広域行政を一元化すると維新は言いますが、都市基盤整備や大規模開発はこれまでも、大阪市は大阪市内で、府はそれ以外の地域で、分担・調整して行ってきました
まぁ、いろんな主張があってしかるべきだが、中にはもう噴飯物としかいいようがない、扇情的なデマゴーグを少なくないような…。

" "
「都構想が始まってからの10年間は、大阪にとって『失われた10年』だったと思います。優秀な職員たちを大勢関わらせ、大阪の成長をこの問題に賭けてしまった。大阪をもっと足元から強めるような施策に力を入れ、職員を投入するべきだった。それが最大の問題だと思っています」
大阪の都構想についての話。


「二重行政のムダ」についての話を読んでたら、なんとなく天才バカボンの、ムダを削ってたらダルマになっちゃった男のエピソードを思い出した。
住民投票が可決されれば、政令指定都市の廃止・解体という前代未聞の事態となり、2025年1月の特別区施行へ向けて府市職員が実務を担うわけだが、彼らの見解はほとんど表に出ていない。何故に真実を言わないだろう、都合の悪い事でもあるのかな‼️‼️
都構想とは時代錯誤かつポヒュラリズム政党大阪維新のマスターベーションにすぎない
二重行政解消という幻想は、偶然似た名前の行政サービスを潰すことで無駄を省いたと見せかけるマジック。
大阪市廃止は最大の茶番。
インチキで大阪が成長するはずがなく、実際してない。

の闇
わけわからんようになってきた。
橋下徹府知事時代は改革プロジェクトチーム(PT)のリーダーや総務部長を務め、松井知事の下では副知事として支えた小西禎一氏が語る、大阪都構想のダメっぷり
たびたび語っている。ならば、なぜわざわざ政令指定都市廃止などという巨大なリスクを犯そうとするのか?
(要約)府と市の法律上の権限が同一地域内で重なることはない。ただし、府市両方ができる事業もあって、箱もの整備がそうだが、大阪に限った話でも政令市だから生じる問題でもなく、道府県と県庁所在地によくある話。利便性が高く選択肢もあるなら住民には『よい二重行政』。
大阪都構想の制度設計も行い、大阪府に入庁して副知事にまでなった小西禎一氏の取材記事。

『ありもしない二重行政の解消』

を唱え、

『市を廃止・解体するのは、それこそ壮大な無駄でしょう』

是非、ご一読下さい。
「大阪都構想・完全否決」が、既定路線になって参りました。賛成に投票したら、恥ずかしくて後悔するかもしれませんよ(笑)

元副知事の見解です。
「都構想が始まってからの10年間は、大阪にとって『失われた10年』だったと思います。優秀な職員たちを大勢関わらせ、大阪の成長をこの問題に賭けてしまった。行政機構を変えれば成長するという幻想にです。大阪をもっと足元から強めるような施策に力を入れ…るべきだった」
中小企業の債務を保証し、融資を円滑に受けられるようにする信用保証協会。大阪市内には中小零細事業所が多く、身近な市の信用保証協会が専門的に対応してきた。府の協会と一本化されたために優先度が低くなり、コロナ禍で経営環境の厳しい中、融資手続きが遅くなっている
維新の本当の姿がようやく世間に知られるようになってきたようだ🤔
その正体は売国で国民の目を欺くことに集中特化した組織だったと言える
⇨維新の成果。「大阪府の経済成長率(2010~17年度)は平均年1.1%で、全国の年1.3%を下回り、域内総生産も愛知県に抜き去られている。
の結果。
「都構想が始まってからの10年間は、大阪にとって『失われた10年』だったと思います。優秀な職員たちを大勢関わらせ、大阪の成長をこの問題に賭けてしまった。行政機構を変えれば成長するという幻想に」
「大阪都構想」の決定的なダメっぷり…大阪の「元副知事」が実態を証言
政令指定都市をわざわざ廃止する理由がわからない。

 J1のチームをたたんでJ3のチームにしようという人はいないだろう。
 
 政令指定都市は、最も大きな権限と財源を持つ自治体。
無理です。「都」構想。いわゆる都構想も面倒です。「都」構想でどうですか?#「都」構想無理。
松本創さんによる元大阪副知事と現役公務員インタビュー。大阪市廃止の賛否迷っておられる大阪市民の方にお勧めです。
両者の意見を読んできましたが、どうしてもk
「都」になる必要性が見つからないというのが個人的な感想です。大阪が「都」にならないとやっていけないのであれば、政令指定都市・横浜がある神奈川県も「都」にならないとダメでしょうね。
住民の8割が賛成位じゃないとダメ。
「大阪府の経済成長率(2010~17年度)は平均年1.1%で、全国の年1.3%を下回り、域内総生産も愛知県に抜き去られている」

県に負ける大阪。
村になれ。

なお、米や豪の政治混乱を鑑みると、地方の権限強化は民主国家システムを破壊させる。
大阪市をなくす・廃止する
大阪都構想が中身のないマヤカシってことがよくわかる記事だよ。

都構想のことがよくわかってないの、という人は一度読んでみてよ。

『「大阪都構想」の決定的なダメっぷり…大阪の「元副知事」が実態を証言する』
今、維新の街宣車がテーマミュージック流して立ち飲み屋横にやはります(笑)
飲み屋の客のおっさん連中が、北朝鮮の音楽か(笑)
と、五月蝿い言うて怒っとられます(笑)
府職員「公共サービスや施設は無駄だ、行政は非効率で、税金の無駄使いばかりしているという思想が、郵政民営化の頃から20年にわたって続いてきた。そのイメージだけで判断されている気がします」

維新の言う二重行政の詳細や経済成長の根拠を理解してないで賛成の方々、必読。立ち止まってよく読めば、行政の形を変える事が一番コスパの悪い無駄なことと理解できる。
大阪市は大阪市内で、大阪府は大阪市域外の広域行政を担当してるから二重行政ではない、に納得。

元副知事の方が大阪市廃止について鋭く語っている良記事です。
もっと見る (残り約70件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR