TOP > 政治・経済 > 米津、ボカロ人気の背景をなす…「BUMP OF CHICKEN」その本当の魅力(伏見 瞬) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

米津、ボカロ人気の背景をなす…「BUMP OF CHICKEN」その本当の魅力(伏見 瞬) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

30コメント 2020-10-18 09:16  現代ビジネス

やはり、BUMP OF CHICKENが重要だ。そのような声を聞く機会が多くなった。何故だろうか。単純に、今や日本の音楽シーンを代表する存在となった米津玄師に、強く影響を与えたバンドだからかもしれない...

ツイッターのコメント(30)

検索したら割と好意的な意見が多いのが信じられないな…。ファンには読んでほしいとか、筆者がバンプが好きなのが伝わってくるとか。むしろバンプを貶してるような内容だと思うんだけど。
文章も読みやすいし、あ~~!たしかに!!!!ってなることばっかり
書いた方はBUMP好きなんだなぁって伝わってくる~
@gendai_biz ラジオで初めて知ったアーティストの曲だけどイントロBUMPっぽいなーて感じることは結構あるし、BUMPの与えている影響は絶大だと思う。
@gendai_biz 面白い分析だったけど、RAY以降のアルバムを指して耳障りのいい抽象的な歌詞になったってのは全く同意出来ないな。
バンプ・オブ・チキンは『jupiter』まで熱狂的に聴き、「オンリー ロンリー グロリー」から急に覚めたという不届きなリスナーなのですが、非常に読み応えのある文章でした。
@gendai_biz
パンプを語るのがなぜ難しいのか、なぜファンはパンプの話をするとムキになるのか、そのヒントがこの記事にはあると思う。
@gendai_biz
私とは全然違う見方ですが、曲についても彼らについても解釈は一人ひとり違っていい。ただ一つだけ言うなら、藤くんがカメラ目線じゃないのは目が悪いからじゃないのかしら?

CHICKEN」その本当の魅力(現代ビジネス)
誰もに聞いて欲しい
CHICKEN

米津、ボカロ人気の背景をなす…「BUMP OF CHICKEN」その本当の魅力
面白い考察でした!

@gendai_biz
BUMP今でこそちょいと離れてるけど、色々な意味で感慨深いバンドでいつも心の支えだったり背中を押してくれてたから確かにねーと思った記事だね

@gendai_biz
むつかしい。半分くらいしか理解できてない。でも漂う雰囲気は好き。

@gendai_biz
良い記事見つけた。
BUMPの凄さが論理的に書かれている。
共感。
そう、そういうとこよBUMPの魅力は!!って叫びたくなる。
@gendai_biz
この記事、前に何かで読んだ
『日本のアニメ・漫画は子ども向けじゃない、近年ヒットしてるアニメ映画も主人公が軒並み高校生の男女の青春物語ばかりなのにターゲットは明らかに大人。コナン映画も大人向け。ジャンプの売り上げも30代40代が支えている』
に通ずるなと思った。
米さんとバンプ。
CHICKENについて書いてる…?
後で読む(メモ代わりにTwitter使うやーつ←)
彼らが〈失敗〉した時に見えるもの
バンプオブチキンのレビュー、批評としてこれ以上のものを読んだことはないです。すげーや
弱冠ワケわかんなかったけど、良い記事でした。(アタマの悪さが…)

@gendai_biz
やはりBUMPの曲は藤くんの声で聞きたい🎶
@gendai_biz
自分は何かを一つのキーワードに集約し“わかりやすく”語るのを好まないのにこの方の場合はむしろ好ましく思えるのは、多くが陥りがちな牽強付会とは逆に、印象的な結節点を示し多彩なディティールを繋ぎ留める明快かつ誠実な構成になっているからなのかも。凄く良い記事です。
@gendai_biz 解釈じぶんと違うとこもあるけどおもしろい分析だった
「結果、バンプの表現から不安的な〈生理〉がこぼれ落ち、リスナーとの間に「正しく」閉じられた、心理的な結びつきが優先される関係を築くことになる。関係性を更新させていくために必要な、〈失敗〉を排除しながら。」
この記事書いた人はバンプがめちゃくちゃ好きなんだろうなというのが伝わってきた

@gendai_biz
BUMPへの愛が溢れた良い記事
内容と全然関係ないけど2ちゃんのスレにKのAAが書き込まれたあたりがボカロのMVのはしりだったんだな  @gendai_biz
"以前は明確な状況設定や物語構造を持っていた詞の世界が、状況のはっきりしない抽象性の高い言葉に変わっていった。" これは本当にそう。言葉に対する不信感、かぁ。アリアの冒頭なんかモロそんな事だしね
読んでる |
伏見瞬さんに書いていただきました。米津玄師やボカロ人気など現在の音楽シーンの背景にある CHICKENを、「斜め」という鍵語で考察してくださってます。MVの「斜めの視線」や、ある時期以降の歌詞の平板さについての分析にものすごくハッとさせられました。
CHICKENについて書きました。
楽曲、歌詞、MV、藤原基央の声、顔などを分析しながら、バンプへの愛憎をぶちまけましたYeah。読んでくれ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR