TOP > 政治・経済 > なぜ日本の少子化対策は「大失敗」だったのか?(赤川 学) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

なぜ日本の少子化対策は「大失敗」だったのか?(赤川 学) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)

52コメント 2020-09-29 07:02  現代ビジネス

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限に...

ツイッターのコメント(52)

子どもどころか結婚できない層を厚くする格差拡大めざす経済成長しても無理でしょ? 経済成長の旗振り下で反自然が進むほど、動物性も捨てるしね。

@gendai_biz
男性育休の義務化 もトレンド入りしているけど、そもそも、育児休業制度が少子化対策としての効果は限定的と思う。

@gendai_biz
むむむ>女性労働力率が高まれば、M字カーブが解消されれば、出生率が高くなるという説は、ほぼ反証された

@gendai_biz
@gendai_biz もともと少子化対策は国の義務ではありません

国民はプライドを捨てて裸になって一からやり直せばいいと思います。

人がなんと言おうと生きていくことが大事です。
逆に成功してる国を教えて欲しい。逆にね。   @gendai_biz
全部読んで時間を無駄にした後で, 何故かフーシェという語句が頭に浮かんだ.
“女性学者やジェンダー研究者が自明視してきた「M字型カーブが少子化の原因」という説も間違っていた。専門家、学者、評論家、政治家の方々には真摯に反省していただく必要はあるだろう。”

東大のジェンダー学者(男)がこれを言えてメディアが掲載出来る様にはなってきたか
<失業、貧困、病気、過労などの自殺リスクは、直接的に…というより、これらの要因に伴うフェイスの喪失(=面目を失うこと)、他者からの承認が得られないことによるアイデンティティ崩壊、社会関係からの排除や孤立を媒介として、自殺数や自殺率に影響を与える>
全ては30年前に手遅れになったのだろう。
人口は確実に半減するのだろう。

@gendai_biz
「アベノミクスは、毎年何千人という国民の命を救ってきた。これだけみても、第2次安倍内閣の「レガシー」は高く評価されるべき」
「残念なことにこのレガシーは2019年までのもの」
「倒産しても失業しても貧困になっても、フェイスを維持できる社会を目指すことこそ、重要」
なんか、読んでいて相手を煙に巻いて本質からずらそうと必死なのかと言う位話がずれていってる。
出生率が上がらなかったのは若者の可処分所得が減ったから。
一番大きいのが消費税でデータを…
@gendai_biz 赤川学先生だ(´ω` )
@gendai_biz 何をやってももう…
海外は移民だし、なぜ失敗したかは書かれていない | なぜ日本の少子化対策は「大失敗」だったのか?(赤川 学) | 現代ビジネス | 講談社(1/7)
”つまり日本のように失業率が低い社会では、そうでない社会にくらべて、失業は恥ずかしく、本人の努力・能力の不足、怠惰が原因と思われやすい。ゆえにフェイス・ロスの可能性が高まり、失業率が高い時期の自殺率の高さに”
東大の赤川先生。タイトルに反発する人もいそうだが、とてもフェアな良記事。

@gendai_biz
社会が変化してるのにそれに合わせた対策が練られてないのかなー
女性の社会進出も経済成長も同じ穴の狢としか思えないのよ。 どちらもさしたる意味はない。

@gendai_biz
『端的にいって、名目GDPが一定水準で持続的に成長しさえすれば、現行の年金制度は維持できる(ただし「日本人が減る」という問題だけは解消されないが』

の文が激しく同意だわ

@gendai_biz
@gendai_biz > 特定の人々にとっては残念な結果かもしれないが、女性労働力率が高まれば、M字カーブが解消されれば、出生率が高くなるという説は、ほぼ反証されたのではないか。
少子化対策の前提が間違っていたというのは面白い視点。私個人としては経済支援の規模が小さい点が大きいと思う。何をするにしても小出しの支援、ある程度の条件付けがいけなかったのではないか。

@gendai_biz
少子化の話が失業率や自殺の話に?
結局、少子化を解消するにはどうすればいいんだ?

経済活性化?、活性化するには?
・・・人口増加だろう?、つまり少子化解消
堂々巡り

@gendai_biz
ほぼ全員、「欲しいけど障害がある」という前提で話してるけど、そもそも欲しいのかどうか確認した方が良いよ。欲しくなる状況を作るという施策は聞いたことがない
男女共同参画やワークライフバランスの文脈でしばしば喧伝された「女性労働力率が高くなれば、出生率も高くなる」という関係はまったくみられない。赤川学さんのコラム。  も間違った前提のもとで進められた少子化対策であるから、効果が出ないとしても、当然といえば当然だ。
なぜ日本の 少子化対策 は「大失敗」だったのか?
安倍政権 の総括、そこから見えたこと

赤川学
人口7千万人のときの日本が弱かったか?人数の問題ではないと思う、人口減少問題が産めば解決できる問題ではないと思う、二人が二人を産むのは最理想なことだけど、そもそも二人が一緒になろうとする二人が減少傾向…。@gendai_biz
東大教授の赤川学さんに安倍政権の少子化対策についてご寄稿いただきました。

「『女性労働力率が高くなれば、出生率も高くなる』という関係はまったくみられない」「『M字型カーブが少子化の原因』という説も、どうやら間違っていた」
失敗も何も日本は少子化対策なんてしてないじゃん、と思って読んだら全部分かってる人が敢えてこういうタイトルをつけてるだけだった。
枯れた大地に水撒いたって草木が生えるわけねーわな。枯らしたのは老害どもだけどな。
老木(老害)伐採して肥料にして(財産没収分配して)イチからやらんと無理ちゃう?

@gendai_biz
お金だけじゃないむずかい問題。
そもそもしてた記憶ないっすけど。
ひどい論考。結局自殺者の話になってるし。
対策して無いから外国人大量に受入して賃金値下げしたい企業の為だが日本の国防国益を考え無い政治家の私利私欲で今になる全て棚上げしたそして自分達の政策で無いようでちあげして言う
失業、貧困、病気などの自殺リスクは、直接的に自殺数や自殺率に影響を与えるというより、これらの要因に伴うフェイスの喪失(=面目を失うこと)、他者からの承認が得られないこと、社会関係からの排除や孤立を媒介として、自殺数や自殺率に影響を与えるという。
既婚者より未婚者を優遇すべきだし、既婚者でも、子どもがいる夫婦より子どもがまだいない夫婦を優遇すべき。なのに、既婚者や子どもがいる夫婦への支援ばかりだから少子化は解消しないんだよ
なんて邪悪なテキストだ!フェミ様がお怒りになるだろ!
少子化対策しようとしてたっけ?ずっと先送りしてた気も。小泉政権くらいで時期的に手遅れと言われてた気はする。その後は本気で少子化対策しようとせず自分の利益や目的を混同した政策してただけっしょ。
「この理論に基づくなら、自殺対策として有効なのは、単に失業率を下げたり、有効求人倍率を高めることではな」く「倒産しても、失業しても、貧困になっても、フェイスを維持できる社会を目指すこと」←それは本当にそう
@gendai_biz
なぜ日本の少子化対策は「大失敗」だったのか?(赤川学) "筆者のような立場は黙殺されるほかない。それは構わないのだが、ここ20年「〇〇を行えば、少子化に歯止めがかかる」の言辞を弄してきた専門家、学者、評論家、政治家の方々には真摯に反省していただく必要があろう"
「中進左派」であるアベノミクスの「失敗」を「消費税」のせいにするのは「後出しジャンケン」だよ。アベノミスクスの学問的レガシーは失業率が下がっても実質賃金は上がらないことを証明したこと。

@gendai_biz
うむうむ。「このような非常時には、増税なしに積極的な財政出動を行ない、国民の安全と生命を維持することこそ、政府の役割というべきだろう」とな。
世代間の不平等を解消しないと、今の日本では、子供を作っても不幸になるだけ。小手先の対策では無理。
珍しくまともな記事だなと思ったら、大学教授やんけ。
当たり前か。
少子化対策失敗は、働きたい女性、ゆっくり子育てしたい女性、子どもの為にも働かねばならぬ女性等の多様な価値観を、財政不足の解消に乗じて働きたい女性という価値観に統一した対策だからと思いますよ。
何が言いたいのか分かり難い記事。
個人的には兄弟がいた方が幸せな子供も両親も増える様に思う。
「女性が働きやすい国や社会ほど出生率が高い」とか、「仕事と子育ての両立困難を解消すれば少子化は防げる」などといった、間違った前提のもとで進められた少子化対策であるから、効果が出ないとしても、当然といえば当然だ。
フェイス論か。。

@gendai_biz
タイトルと違ってアベノミクスを評価する内容です。

@gendai_biz
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR