TOP > 政治・経済 > 突然、弁護士からの手紙が自宅に…あなたが「誹謗中傷」で訴えられる日(トイアンナ) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

突然、弁護士からの手紙が自宅に…あなたが「誹謗中傷」で訴えられる日(トイアンナ) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。...

ツイッターのコメント(13)

今一度、もし弁護士を名のる人から、郵送やDMで、「あなたのSNSでの投稿は、名誉棄損に当たります。慰謝料◯◯万円を期日までに振り込んでください」という内容が届いても、慌てないこと。

トイアンナ さんの記事
誹謗中傷ではなく「批判精神」を
@F35__J 「誹謗中傷」の訴訟って、意外とハードル高いらしいですねー・・・
だから、言いてものではないですがぁ~

コラムニストのトイアンナさんの記事、勉強になりました。一度お読みあれ ませ‥🙇‍♂️

URL
世の中には「私は傷ついた。だから謝罪しろ。謝らないなら(敗訴覚悟でも)訴える」と感情的に内容証明を送りつけてくる人がいる。そういうスラップ行為は、言論の自由を奪ってしまう。
正しい批判や批評が無いとSNSは成立しないです。「何でも訴まっせ」、「カチコミまっせ」の手法は、もはやただの輩と変わらないですからね。当然、人格攻撃は問題外ですが。

@gendai_biz
まぁ普通困ったらまず民事だよな…
てか「刑事事件の罰金は被害者の手元にわたらないが、民事なら被害者が受け取れるため、刑事告訴を選ぶ人は少ない」なんだね。勉強になった…
ネットでの誹謗中傷の裁判は赤字覚悟であること、スラップ訴訟に対しては毅然と対応するべきということ、人格攻撃でない批判精神を持つべきこと。

@gendai_biz
@gendai_biz 誹謗中傷も色々な意見がありますね
赤字で裁判までは
誹謗中傷を赤字でも辞めさせたい位に
傷ついているんじゃ
私は不正や詐欺を名指しは
訴えて欲しくて訴えられないのは真実
もし本当にそんな手紙が届いたら、まずは詐欺を疑ったほうがいい。思い当たる人は、日本弁護士連合会でその弁護士名と弁護士事務所を検索してみよう。
突然、弁護士からの手紙が自宅に…あなたが「誹謗中傷」で訴えられる日(現代ビジネス)
と言うか、自業自得のような気がしますけど
こんな稚拙な詐欺に引っかかる奴が居るのか?オレオレ詐欺のバカどももレベルが低いよね(笑)

@gendai_biz
@gendai_biz 経験者が語る対処法と批判精神のススメ
誹謗中傷の被害が減るのは喜ばしいことです。

その一方、有名人が弁護士の存在をチラつかせてまっとうな批判まで抑圧するのは、言論の自由を奪う行為です。

かつて、ただの批判を名誉棄損として言いがかりをつけられた経験から、対策法を書きました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR