TOP > 政治・経済 > 新型コロナ騒動後に「インバウンド需要」急回復があり得るワケ(竹内 謙礼) | マネー現代 | 講談社(1/5)

新型コロナ騒動後に「インバウンド需要」急回復があり得るワケ(竹内 謙礼) | マネー現代 | 講談社(1/5)

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、とくに大きな打撃を受けている観光業界。旅行や出張は次々キャンセルされ、訪日客も激減。一体いつになったら需要が戻るのか……。しかし、新型コロナ騒動の影響はあくまで一時的なものだと経営コンサルタントの竹内謙礼氏は指摘する。インバウンド需要の急回復もあり得ると竹内氏が考える理由とは。...

ツイッターのコメント(23)

ちょっと前向きに考えてみる。
この通りでなくても、必ず収束に向かうことを信じて努力する。

楽観的すぎるのも困るけど、ペシミストであり続ける事はきっとできないよ、人間🍀
どうしようもないフェイク記事

新型コロナ騒動後に「インバウンド需要」急回復があり得るワケ(現代ビジネス)
この記事をマトモな神経で読み解けば
日本が如何にデフレで経済的体力が無いかよく理解出来るというものだ
インバウンド賛美は亡国への道だ。
時期についての予測はともかく、内容はほぼその通りなんじゃないかな。

この期にインバウンド頼みが云々、などというのは寝ぼけた話で、アジアの成長を少しでも取り込もうとすれば、インバウンドも当然取り込むべき市場。やらない選択肢なんてあり得ない。鎖国して死ぬの?
あとで読む。

新型コロナ騒動後に「インバウンド需要」急回復があり得るワケ(竹内 謙礼) | マネー現代 | 講談社(1/5)
インバウンド頼み以外の方法も考え用意しておかなくてどーすんじゃ?て感じっす。
@moneygendai おのぼりさんなんかじゃなくて
日本の本来の強みであった筈の産業基盤を強化して経済成長するべきですよ
ねえよ
バカじゃねえのか

@moneygendai
ポジティブな記事は嬉しいですね♪
ゴールデンウィーク明けくらいからまた世界中が明るくなるといいな。
終息=感染者がいなくなる。
収束=ある程度事態が収まり人々の警戒心がなくなる。

前向きに行きたいよね👍
需要が戻ってくるには同意です。ただ、安さを魅力として捉えたくはないですね。もっと価値を上げていきたい。- @moneygendai
アソビューの山野さんが言ってるように観光が戻るには数カ月はかかる。
回復に向けた準備が必要なのはどの業界も同じだけど、業界ごとにかかる時間は違う /
単純に災害と感染ウイルスの相関で比較は出来ないが、5月頃にインバウンド需要は戻るとわたしも思います。
ただ、一つこの記事に記載がないのが、世界的不況(つまりリーマンショック)と震災が同時に訪れていることで、それが訪日インバウンド減少に影響する可能性がある。
ほんまかな〜
あまり期待せず、他の収益もあげてった方がええな〜
そう願いたい…
新型コロナ騒動も2~3月にピークを迎えていると仮定すると、おそらく4月の消費は鈍いものの、GW直前になって消費が盛り上り、GW明けには法人需要も戻ってくるように思われる…
一種のブームなので、
終息すれば必ず戻ってきます。

あとはどのタイミングかが重要ですね!
会社によっては体力が持たないところもあるので。。 /
確かに昭和天皇の崩御の時は自粛ムードだったけどそこから盛り上がってバブルになったような。後東京五輪がどうなるかにかかっているな。
まあもちろん旅行する人は回復するだろうが、
急にというよりも、段階を経て、やがてピークに達すると思う /
まさに日本の魅力は文化ととも物価の安さです。驚くほど何もかも安い。海外はどこに行ってもなんでもかんでも高い。GWで復活というシナリオはまだ現時点ではわかりませんが必ず戻ってくる、というのは完全に同意します。
震災後の消費の動きを見ると、どうやらGWがひとつの境目のようである。
以上
 

いま話題のニュース

PR