TOP > 政治・経済 > 橋下徹のアウトプットの秘密。自分の中に「持論工場」を持て!(橋下 徹) | マネー現代 | 講談社(1/4)

橋下徹のアウトプットの秘密。自分の中に「持論工場」を持て!(橋下 徹) | マネー現代 | 講談社(1/4)

あなたが心から納得できる人生を送るにはどう考え、動くべきなのか。新刊『異端のすすめ 強みを武器にする生き方』を出版したばかりの橋下徹氏が「橋下流・後悔しない生き方」を説く、短期集中連載。第2回は、情報あふれる時代に求められる「自分の頭で考え持論を打ち出す」具体的な方法について説明する。...

ツイッターのコメント(14)

世間に情報は腐るほどあるから自分の考えをもって述べることが大事
記事を読んで「そうなんだ」ですまさず、「そうなんだ。では自分はどう考えるか」と常に自分の意見を添えることを習慣にする。すると「この部分がわからないと、自分の意見が言えない」という箇所が出てくる。そこでまた知識・情報の不足を調べて考える。
わかる、特に英語の授業でめちゃめちゃ「あなたどう思うの?」って聞かれる、むずい
-かつての政治記者や政治評論家は、政治家から聞いた秘密話や、政界の噂話をそのまま伝えることで仕事になりました。

しかし、これからの時代は、そのような知識・情報に自分の持論を加えることができないと仕事にならないでしょう。-

②20.2.7
@moneygendai 「僕は、新聞やネットなどで知識・情報をインプットしながら、必ずそこに自分の意見を脳内で添える習慣をもう20年以上、毎日続けています」⇒自分も同じだな、と
持論っていうのがあやふやだから自分の言葉に自信が持てないのかなと思わされました🤔

大事なのは自分はどう考えるか😕
おもしろい話でした

何に対しても自分の持論を持つことは自分を作っていくことにもなるし、周りにも「こういう考えなんだな」と知ってもらえる。

プラスして発信。
やろ!

単なる情報マニアになってはいけない
インプットだけではコンピュータに負ける。アウトプットするのが人間の強みだ。
さらにアウトプットを英語でするセルフトレーニングをすると良いですね。日々心掛けます。
目からウロコ!
インプットのために時間を費やすんじゃなくて、アウトプットして持論を増やすために情報を得る

今後の書き起こし作業から、Twitterやブログ等で持論を発信するようにシフトしたい💪
これができれば、他人に何を言われてもビクともしないはず。流し読みだけでも、してみてほしいです。
知を探求し、己を知り、方向性を決めて、論理的に表現しよう。
単なる情報マニアになってはいけない
以上
 

いま話題のニュース

PR