TOP > 政治・経済 > 「日本は欧米と価値観を共有してる」その認識、ビジネスリスクの温床です(加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

「日本は欧米と価値観を共有してる」その認識、ビジネスリスクの温床です(加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

日産元会長のカルロス・ゴーン被告が海外逃亡を図り、日本の司法制度を声高に批判していることから、国内では日本の司法制度に対する誤解を解くべきだとの論調が高まっている。今回の件に限らず、経済やビジネスの分野において日本は誤解されているので「もっと情報発信を行うべきだ」との声は大きい。...

ツイッターのコメント(20)

@gendai_biz ゴーン事件で浮き彫りになったこと
加谷 珪一
@gendai_biz 異種資本主義の共存問題の一つの切り口として興味深く読んだ。和魂洋才の精神で欧米由来の制度を運用することが欧米に詐欺と映り重大なリスクを生む可能性があるとのこと。
>民主的な諸外国の大半は日本の制度や慣習について、自分たちとは異なるものと認識

>にもかかわらず日本人の多くはあくまでも誤解であり、自分たちは100%欧米各国の仲間であるとのスタンスでコミュニケーションを取ろうとする

脱亜入欧・・・
・欧米と同じ価値観を共有してるつもりなのが間違いで、違うのだと認識しないといけない。
・誤解ではなく違うのだと。

これ重要!
だからいつまでも噛み合わない。騙してるようなもん。
異なる世界観を主張できる中国と日本の差は大きい。➡️ @gendai_biz
それこそ、身の丈を知るべきか。
欧米とは異なる制度の運用を続けるつもりなら、「私たちはあなた方とは違うのだ」と明確に主張しない限り、各国から批判され続ける。加谷珪一さんのコラム。  日本は明らかに欧米とは異なる価値観や制度を持っており、欧米も理解しているので、誤解が生じているわけではない。
「戦後からの脱却」を本気でするなら「敗戦国であり占領国であった日本」からの脱却なので結局は「安全保障」をどうするか?がカギなのだ。それが解決できなければグレーのままである。だが、シロクロ付ける事がホントに正しいか?とも言いきれないのが今の世界情勢でもある。
- ゴーン事件で浮き彫りになったこと (加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)
だが、日本には日本のやり方があるということならば、たとえ仲間はずれにされても、正々堂々と「日本と欧米は違う」と主張すべきだろう。

黒船・生麦事件・不平等条約…(*^^*)
また一部が全部理論で日本国民全体を評するやつ出た。 @gendai_biz
これはその通りだ
私も気をつけよう

@gendai_biz
この辺り、欧米ばかりか韓国や台湾・香港との関係にも当てはまるんじゃないか?寧ろ韓国などが欧米の価値観を受け入れてる面が往々にしてあるから>
ゴーン事件で浮き彫りになったこと
同感です。海外だけでなく国内でも同様に相違点を伏せて一致点のみを強調します。問題は一致点ではなく相違点にあるにも関わらずごまかすので解決しません。

@gendai_biz
@gendai_biz 誰だったか、以前、欧米の経営者が日本企業のSURIAWASEは強さの源と称賛する記事を見たが、もしかすっと日本人と違う解釈で長所を見出だしてたのかも知れんなぁ。
アジアの三国に加えて、最近はゴーンさんがプラスと思ったら、ふふふって笑ってしまったw
良記事。「日本には日本のやり方がある」論の人々は本音では普遍的価値を信じてないものね。

「日本は欧米と価値観を共有してる」その認識、ビジネスリスクの温床です(加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)
「日本には日本のやり方があるということならば、たとえ仲間はずれにされても、正々堂々と「日本と欧米は違う」と主張すべき」

それができなくなったのは戦後の徹底した日本古来の価値観を否定する教育の賜物。多様性は重要だと説く人たちが逆に自らの価値観を押し付けている
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR