TOP > 政治・経済 > 小島健輔が警鐘「ユニクロがここへきて『失速』している本当のワケ」(小島 健輔) | マネー現代 | 講談社(1/5)

小島健輔が警鐘「ユニクロがここへきて『失速』している本当のワケ」(小島 健輔) | マネー現代 | 講談社(1/5)

34コメント 登録日時:2020-01-21 05:44 | 現代ビジネスキャッシュ

昨年10月の消費税増税以降、消費は想定以上の落ち込みを見せている。その背景は社会負担増と増税による手取りの目減りで、消費税増税を内税で吸収したか外税で顧客に転嫁したかで小売各社の明暗が大きく開いている。落ち込んでいるのはユニクロで、一方で無印良品やワークマンは伸ばしている。この3者の明暗を分けたのが消費増税への対応で、「無印良品」と「ワークマン」が増税を内税で吸...

ツイッターのコメント(34)

ユニクロだけ従業員の給与を論っているのは、ユニクロに何か恨みでもあるからか?www
真面目な話、他社の給与も比較しなけりゃ何の論拠にならないよ。
単純にパーカーとフリースしかないからやろ。
正直見に行って断念することも多く、もう少し選択の幅が欲しい。
消費増税対応の差がクッキリ!

内税で価格を吸収したワークマン、無印は売上好調!

外税でお客に価格転嫁したユニクロは減速。税込&税抜併記のしまむらは急減速。

お客は正直だなぁ。
Discover(Google)から
明らかに質が落ちた
年々落ちてる
他の店で買った方が着易くシンプルなの沢山ある
サイズは小さいのもあって、いいけど
昔のユニクロカーデは未だ健在
その位丈夫だった
中の人の給与と値下げした品目数の比較って、比較になってないと思うんですけど…↓

「実際、ファーストリテイリングは極端な格差社会で、15年に公表された給与体系表では新入社員の320万円から最高幹部の3億9000万円まで、実に12...
ユニクロは実際高級素材スーピマコットンやメリノウールなどを使ったシャツやセーターを格安で買えるブランドですね。ドレスアイテムならここ。
いやいや、ユニクロの社員さんなんか、年収200万台前半ざらだぞ
増税分を吸収するか負担させるかでやっぱここまで差がでるんだね。
要するに「消費増税で一般消費者みなビンボになった。税分値上げするなら余所行くわ」て事よな(´Д`)
ところで、ユニクロって、ベルトは2990円均一なん?
親韓のユニクロ社長の日本人バッシング発言からは買わない様にしているけど…
その影響は無いはず(^^)
税金で引かれ過ぎだよね。。 /
小島健輔が警鐘「ユニクロがここへきて『失速』している本当のワケ」(現代ビジネス) ◎ 着る物より、生活の充実や趣味などにお金を使うようになっただけでしょう‼️ユニクロが売れないから、日本人は貧乏だと言う発想は偏見そのもの❗私は個人的にユニクロは買わない‼️
この人にこそ、誰か警鐘鳴らしてやったら😑
(自分はかかわりたくない🙅‍♂️)

/
ユニクロ粗利約46%なら、やっぱりプロパーで買っちやダメ。柳井も銭ゲバキャラ浸透して庶民的親しみやすさ皆無だし。>
低価格帯が盛んなのはわかる。私も好き。
我が家は高価格帯のブティックだけど、今のお客様はバブルのときに景気が良かった世代がほとんどだからね。家は規模が小さいからお得意様商売なのもあるだろうけど、よその大手でも高価格帯扱ってるとこは客が年配ばっかだと思うよ。
外国でもユニクロよく見かけるけど、なんか高級店みたいな感じなんよね。庶民の味方は今は昔。グローバルカンパニー気取りで偉そうな企業って感じ。
世界ラグジュアリー市場規模は4%増の2810億ユーロで、日本は4%増の240億ユーロと推計しているから、日本が占めるシェアは8.5%
貧しくなったから、高級品買っていないわけではないと思うけど。。。低価格帯の商品力が上がって、しょうもない高級品にお金使う必要がなくなっただけ。
情報が多いから、しっかり調べて出すべきところには出す感じです...
小島さんってユニクロ嫌いなんだな、たぶん

冒頭の箇所は小売業ほぼ全てに当てはまることで、ひとえに政府の失策の賜物ですね /
@moneygendai 健康・厚生保険料、所得控除廃止・縮小、定率減税廃止、消費税で庶民の手取りが5%も減っていたとは。これじゃ、いつまでたっても財布のひもは緩くならないわけだ。
1Qの数字見ただけで「失速」「明暗」とか、来年見たら恥ずかしくなりそうな記事だな…。粗利率の差だけ見て「お値打ち」と言ってるのもやばい。

/ @moneygendai
この10年で平均給与所得は約2.5%増だが手取りは5%も減った⇒ @moneygendai
ユニクロとワークマンでは規模が違いすぎて、単純な比較でできないのではと。

📰
実態の消費に近い印象ですね。
高級ブランド買う人減ったのはバカが減ったからだろう。ユニクロは今や高級品だよ。またユニクロの服は買ったら5〜6年は最低着てる。

小島健輔が警鐘「ユニクロがここへきて『失速』している本当のワケ」(現代ビジネス)
内税と外税の違いって、こんなに大きくなるものなのか。驚いた。
いや草。
それ関係ないだろ。 /
ファーストリテイリングは極端な格差社会で、15年当時の平均給与769.6万円(36.9歳)から直近の19年8月期では900.0万円(38.3歳)まで上昇しているから、庶民感覚から懸け離れるのも致し方あるまい。
- 現代ビジネス | 講談社
消費税増税によって、日本人の購買力は大きく落ちた。
増税を内税で吸収したか、外税で顧客に転嫁したかが、明暗を分けているという。
このコラムでは、その要因を顧客が見えていた企業が組織が大きくなり幹部が高給取...
以上

記事本文: 小島健輔が警鐘「ユニクロがここへきて『失速』している本当のワケ」(小島 健輔) | マネー現代 | 講談社(1/5)

いま話題の記事