中国との「ズブズブの関係」をリセットする、38歳プラハ市長の闘い(川口 マーン 惠美) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

東欧の国々が、中国の過大な投資ですっぽりと呑み込まれそうになっている事情が、最近、ドイツでもようやく報道されるようになってきた

ツイッターのコメント(22)

この若き政治家の勇気と情熱を熱烈応援です❗
かの国では臓器移植が容易な理由はウィグル民族・チベット民族を・・・
そんな国から国賓を招いても良いのだろうか?
日本は大丈夫か?
@gendai_biz
>「中国は信頼できないビジネスパートナーだ」と。「重要な貿易協定や、約束した共同方針も、中国共産党の政治局のひと言で、一瞬のうちに紙くずになる」。

@gendai_biz
@gendai_biz ■引用■市長の言葉:
「中国は信頼できないビジネスパートナーだ」
「重要な貿易協定や約束した共同方針も、中国共産党の政治局のひと言で、一瞬のうちに紙くずになる」…
気骨のある政治家!

@gendai_biz
次の選挙はまた、人選をよく考えねばいけませんね。
@gendai_biz 100万人を超える首都の市長に、海賊党の人がなっているってすごい話だ。タレント出身とか、そういうのでも無さそうだし。
是々非々でお付き合いする、という成熟した関係なら当たり前な筈の距離感を保たないとね、対中関係に限らずね。

しかし一度ハマると改めるのは難しいよね。

日本の政治家の皆さんにも頑張ってもらわなきゃ!
展開が楽しみな動き。
@gendai_biz
 

 
PR