TOP > 政治・経済 > 日本人の生産性が低いのは、「日本人そのもの」が原因だった…!(中原 圭介) | マネー現代 | 講談社(1/5)

日本人の生産性が低いのは、「日本人そのもの」が原因だった…!(中原 圭介) | マネー現代 | 講談社(1/5)

60コメント 登録日時:2020-01-15 06:15 | 現代ビジネスキャッシュ

海外を旅行して日本と比べて各種サービスが「雑だな」と感じた方は多いでしょう。しかしこの感覚が、日本の経済的な低迷の原因の一つであるとしたら、あなたはどう思うでしょうか。実は主要国の生産性が高いのは、日本と比べて各種のサービスがとても「雑」だからなのです。逆に日本の消費者が「雑なサービスでもよい」と納得できるのであれば、日本の生産性は思いのほか伸びる可能性がある。日本...

ツイッターのコメント(60)

実際過去のものを異常なくらい重視されるのはよくある
いいから捨てろよって本音ではよく思う
サービス基準を世界に合わせて下げるのは
消耗戦にしかならない

世界基準では配送は置き配
店員やCAの対応は手厚くない

だから日本も世界に合わせて手を抜き
生産性を上げても価値は生まれない

日本のサービスが高額でも選ばれる
そういう質を求めるのが良いと思わない?
ところで、一般消費者幸福度っていうモノサシがあったとしたら、それって意味ないことなんかにゃ

おそらく日本は圧倒的に世界一なんにゃけど...

日本人の が低いのは、「日本人そのもの」が原因だった…!(現代ビジネス)
日本のビジネスマナーはいいところももちろんあります。

ただ、生産性という観点では、諸外国の最低限満足できるサービスレベルを真似して、社員のストレスを軽減できるところもあると思います。

日本人の生産性が低いのは、「日本人そのもの」が原因だった!
日本はサービス過剰。

海外では商品を売り場までついて行って案内してくれないしレジでの愛想もない。
電車も時間足通り来なくてあたりまえ。

海外はサービス全体が雑だけどこれくらいでちょうどいいと思う。
海外の店員の接客は雑だけど必要十分で、あの方が気が楽だけどなぁ。日本は変な接客用語を繰り返すだけだから、気持ち悪くて苦手。

それはともかく、この記事が過剰サービスとスキルアップを言かったのは分かったけど、論旨がぶれてて気になった。
社長ゆえに大型のIT投資に踏み切ることができず、遅かれ早かれ多くの大手企業は競争力を失いってとこほんまそれよ。
ムダを省く、スキルアップをする社会的な話は重要と思うが、サービス切り捨て論はどうかな。。

業種によるが、サービス、長年の信頼でブランド価値を高めて戦うのも間違いでは無い。
まあ、そういうことなんだとなーと納得。ミッションクリティカルじゃなきゃ、雑でいいからスピードだよな。
キャッシュレスも、IT投資の一つだと思う。
—-
これはホントにそう。ミスを完全に取り払う事が正義という品質を今の日本の力ではやりきれない!
Discover(Google)から
なるどな記事
こういう内容は、もっと日本国内で吟味されるべしです。
「日本企業はIT投資の8割を既存の古いシステムの維持や運用に使っている」

まえの職場でWindowsXP機使わされてたが本当に毎日怖かった。バックアップはデータでなく紙媒体だからマシンが壊れたら上役は平然と「コピーを入力し直せ。空いた時間でやれ」とか言いそうだったし。
確かに!僕が普段「この過剰サービス要らないのに」と思っているものが列挙されている。
『日本人の生産性が低いのは、「日本人そのもの」が原因だった…!』 @moneygendai
自分で自分の首を絞めていることに気がつけない / 日本人の生産性が低いのは、「日本人そのもの」が原因だった…!(現代ビジネス)
生産性の低さは付加価値の高い良い製品を安く売るからです。良い物はそれ相応の値段だから良いものです。高い分が賃金の上昇に繋がります。
優しさは度が過ぎると
弱さになってしまう

悲しきかな
それが現実
僕も海外行くとサービスが雑だなと感じていた。日本でも、あの定員はサービス精神がないなぁと感じたこともある。
人に丁寧さやサービス精神を求め過ぎることに弊害があるなんて思いもしなかった。

日本は他の国と比べて差別化しているでも生産性低い。何を捨てるか残すか。
大手企業の老朽化したシステムの不効率さには同感できるが・・・
すべての人がスキルアップで底上げのくだりには疑問

@moneygendai
働き方改革、日本人には逆に苦行になっているように思う。
もっと別の、やり方や仕組み、
偉い人、考えて下さい!
本当にヨーロッパ人は雑で、事務ミスが信じられないほど多い
ただしシステムも単純だからITで事務ミスチェックができるだけで効率がすごい上がる
"日本の企業が抱えている問題点や業界別に生産性を下げている要因を分析し、各論で対応したほうが現実的であり効果が見込めると思います" 日本人の生産性が低いのは、「日本人そのもの」が原因だった…!(中原 圭介) | マネー現代 | 講談社(1/5)
労働者が自らスキル獲得とか、そんなのに期待してる時点で長きに渡る雇用側有利だった時代の考えから脱していない
これからはスキル不要でできる労働環境を作るか、コストかけて教育し高賃金で縛り付けるしかない
日本人の生産性が低いのは、「日本人そのもの」が原因だった…!(現代ビジネス)

こういった日本人というだけで、馬鹿にするようなタイトルの記事を、読みたがる人ってワケわからんのどけど、新聞や雑誌のタイトルで多いよなぁ。
そんなん当たり前じゃん、と思ってしまいます。

というか、生産性が低いからこそ、ユニークにできることを目指すのが本筋なんじゃないのかね…?
いや、分らんけど。

@moneygendai
サービスの質を下げれば、
生産性は、確実に上がりますね。
過剰サービスと思うことも、
自分を神様だと思っている客も多いと思います。
まずは、客=神という発想を辞めることだと思います。
それだけで日本の生産性はお金も労力もかけずに少し上がるのではないでしょうか?
大企業はサラリーマン社長ゆえに大型のIT投資に踏み切ることができず、多くの企業は競争力を失い、日本の生産性は他の主要国との差が開いていってしまうのではないか。中原 圭介さんのコラム。  主要国の生産性が高いのは、日本と比べて各種のサービスがとても「雑」だから。
>主要国の生産性が高いのは、日本と比べて各種のサービスがとても「雑」だから

書類とか作ってるときも、誤字脱字はNGにしても明朝体の中にゴシック体が混ざってるからダメとか英数字と漢数字を統一しろとか、その辺は「読み間違えるわけでもないしええやん」と思ってしまう
「最低賃金を経済成長に合わせて引き上げる=サービスの質を大幅に下げる」か「最低賃金を大幅に引き上げる=サービスの質を現状維持する」か、政府は国民に2択の組み合わせを提示し、議論を進めるべきでしょう。
過剰なおもてなしと遅すぎるIT投資
日本の政治家や大企業を断捨離しよう
“昨年の政府の諮問会議等の議論を見ていると、日本の企業の効率がITの分野で低すぎるという話はあまりされている様子がありません。日本の低生産性の主因のひとつは、ITやAIの分野でかなり遅れているということです“
まぁおもてなし自体はいいかと思うけどもそれを価格に転嫁できないとジリ貧よねぇ

@moneygendai
過剰品質な部分など、捨てるものは捨てていけば生産性は上がると。
日本の過剰なサービスはそれを求める日本人の国民性を背景にしているから「日本人そのもの」と言えなくもないが。
「日本の生産性が低いと指摘されているのは、「日本人の価値観の問題に帰結する」といっても過言ではないのだ」。
”主要国の生産性が高いのは、日本と比べて各種のサービスがとても「雑」だからなのです。”
ずっと思っていることが記事になっていて、またコメントにも膝をポンと打ちたくなる文章が並んでる。

・おもてなしが日本を滅ぼす
・スキル獲得が何より大事

誰からもクレームが出ない対応を目指す、5%に嫌われるリスクを恐がり30%の新規顧客を逃す、無駄の多いこの社会を
>>実は主要国の生産性が高いのは、日本と比べて各種のサービスがとても「雑」だからなのです。

んじゃ、生産性なんぞナンボ上げてもしようがないですな。解散!😫
福祉業界なんて未だにファックスでのやりとりが標準だもの・・・
こういう記事を
もっと出して目に触れさせないと。
新しいフェーズに移っているのに変わろうとしない人達をまず排除しない限り生産性は上がらない。
無駄は多いが、代わりの付加価値に何があるのか。手厚いサービスはタダじゃない。新たな価値(金)を生み出せない日本の社会に問題がある。  @moneygendai
日本の凄惨性大喜利。
日本人の生産性が低いのは、「日本人そのもの」が原因だった…!(現代ビジネス)日本は確かにサービス過剰で却ってクレーマーを産む?飲食店や小売りなどでも夜20時以降とか土日祝日は値段上げても良いのでは?又病院の医師の家族への説明を17時以降に対応とかも辞めるべき!
病院も積極的にITを導入するべき!
より、臨床工学技士が必要になる時代!

過剰なおもてなしと遅すぎるIT投資
日本人の生産性が低いのは、日本人そのもの、が原因です。

手続きにとらわれて、お客様の心を観ていないためです。

生産性を向上させ裕福にし、幸福になれるのが、です。
>日本の生産性を地道に上げていくためには、最低賃金の大幅な引き上げによって一律でやろうとすると、かなり高い確率で失敗することになるでしょう。
法治国家及び民主主義国家である日本において、相変わらず、自分の考えが既に古くなっとると言う明白な事実さえも潔く自覚出来ん、後手に回る形で不当な辻褄合わせを正当化しとる連中が主因やけどね。#拡散希望
後読み →
衰えつつあるとはいえ世界3位の経済規模は変わらぬ日本を、それでもやっぱり駄目だとするべく敢えて探して持ち出された指標が「生産性」って感じになってきてませんかね…?
運送業では、宅配便の荷物を玄関や軒先などに置いて届けることができれば、業界全体の生産性を簡単に1割程度引き上げることができるのです。
“過剰なおもてなしと遅すぎるIT投資”
この記事に書いてある内容、常々思ってる
なんでもサービスが過剰なんだよね
日本のサービスレベルは世界に類を見ないし、それを過剰と見る人もいるだろう。しかし、日本の問題はそのサービスに対して真っ当な対価が支払われていないこと。「サービスの質を落として生産性を上げる」のはデフレ的な考え方で、これで国は豊かにならない。
以上

記事本文: 日本人の生産性が低いのは、「日本人そのもの」が原因だった…!(中原 圭介) | マネー現代 | 講談社(1/5)

いま話題の記事