TOP > 政治・経済 > 富野由悠季が語り尽くす「G-レコとガンダムシリーズの本質的な違い」(富野由悠季,部谷 直亮) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

富野由悠季が語り尽くす「G-レコとガンダムシリーズの本質的な違い」(富野由悠季,部谷 直亮) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

『機動戦士ガンダム』の放送が始まった1979年から数えて、2019年は40周年の節目の年だった。ガンダムシリーズの生みの親として知られる富野由悠季氏(78歳)はいま、最新作『Gのレコンギスタ』(以下『G-レコ』と表記)劇場版制作の真っただ中だ。昨年末、富野監督が多忙をぬってインタビューに応じてくれた。『G-レコ』で描こうとしたものの本質から、技術...

ツイッターのコメント(159)

@gendai_biz 今年頭の記事ですが……このインタビューの中編以降の富野監督の技術論は根底に「人間」を置いた上での論理なので、私でも理屈として分かりやすい。
このインタビュー読んでGレコ観たくなった。
前、中、後編と通しで読んで見て、御大衰えてないなぁと。
@gendai_biz
@y_twtr 突然失礼します💦latブログからのファンです💦
「劇場版 Gのレコンギスタ」というアニメ映画が結構おすすめです!
もちろんエログロなく、絵柄・作劇ともに小さいお子様にぴったりです|ω・)
( )
ひさしぶりに富野の話を読んだけど全く衰えていなかった
面白かった。
@gendai_biz 監督の話はいつも刺激的
@gendai_biz 富野監督の文化、時代における警鐘は多くの人が読んで考えて欲しい。ファンだから、ガンダムだからじゃなく死に物狂いで仕事のために勉強をしている最前線の人の目線でもある
長いけど、富野ファンなら読むべき記事。

五感とか・肌と肌との触れ合い・を大事にする彼の価値観には好意が持てる。

対談でここまで言えて、なぜそれを作品に活かせないのかという腹立ry)
@gendai_biz 最後まで更新されてので読んだ。
「技術者のモノとか道具に対する洞察力」か…
これ読んでから映画見ればよかった。フォトンバッテリーのある世界だから水の玉なんかも当然あるって、全然及んでなかったわ…
@gendai_biz 映画見てから読もうと思って読んでなかったけど、さっさと読むべきだったかも。このジーサンすごいな。
@gendai_biz 経済を描いていたとか全然わからなかった。やっぱ富野監督自体に説明してもらわないとわからんね
ターンAは「生活」を描いた名作だけれども、このインタビューの中で「経済」まで考えられていなかった、と仰るのには納得した。富野は本当に偉人だ。

@gendai_biz
@gendai_biz やや遅れ馳せながらチェック。
Gレコ個人的には好きなんだけどなぁ
@gendai_biz
単なる「ガンダムガンダム。好き好きー」じゃない。この人は「人類」を見てるわ。ぜひ読んで欲しい。色んな視点が書いてある。
富野的国富論なわけね。 “富野由悠季が語り尽くす「G-レコとガンダムシリーズの本質的な違い」”
TV版の放映時から感覚的には感じていたことで,逆にそんな誰も気付かないものか?と思ってしまった.インタビューの続きは気になる.
山折哲雄さんの「日本が作った平和のあり方を歴史学者が語っていない」という指摘は実に興味深いのだけれど、「所詮、歴史学だって少年マンガの戦記物みたいな視線が支配的」とは、さすがに富野御大、なかなかに手厳しい。……
@gendai_biz めっちゃ面白い。これはすごいぞ。
@gendai_biz そんな所まで考えてるのか!ってレベル。80手前のお爺ちゃんなのに夢いっぱいで推せる。
@gendai_biz めっちゃ面白いから読んで
Gレコの難しさがこの記事で分かった気がする。だからガンダムと言わなかったし違和感があるのも納得。

@gendai_biz
戦記物じゃなくって資本の話と聞いて納得した。
富野由悠季監督が語り尽くす「G-レコとガンダムシリーズの本質的な違い」― 独占ロングインタビュー【前編】(現代ビジネス)
@gendai_biz >その部分では威張ってるんですけど、誰も気がついてくれない。しょうがないから自分で説明することにしたわけです(笑)。

古参のガノタがどれだけ幼稚でアホなのかが伺えた
@gendai_biz Gレコは戦争じゃないガンダム
仕事しながら好きなアニメの音だけ聴く、という悪い技を覚えてしまい最近はガンダムを流しているので何となくガンダムの話題に目が向く
@gendai_biz
キャピタル・タワーのダブルミーニングの話は初出なのかな?
富野のネーミングセンスはやはりすごい

@gendai_biz
もう少し作中で説明してください監督

@gendai_biz
面白い。富野さんやっぱ凄い色々考えてるなあ。
Gレコもっと売れろ!

@gendai_biz
@gendai_biz 前編にして既に濃密。
経済としてのロボット物、キャピタル・タワーは首都だけでなく経済としての象徴。
だからこそ、資本(=フォトン・バッテリー)を巡っての闘争が起こる。
経済や平和についての話が印象的でした。
そうだよな、みんな戦記もの好きだもんな...

富野由悠季が語り尽くす「G-レコとガンダムシリーズの本質的な違い」(富野由悠季,部谷 直亮) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)
そうかぁ、Gレコは意味わからんと言われたところに、この経済をガンダムで唐突に描いたところが一つ要因なんだろうなぁ、宇宙のゴミ掃除の回とか。
感情共有のために生活の一部を切り取るのでなく、物語を構成するために、というのは面白い。

@gendai_biz
@gendai_biz コレ見て分かったのは富野由悠季という人物は本当に天才なんだなぁってこと
@ngt_zaku_
突然のリプライ失礼します。
既にご存知でしたら申し訳ありませんが、あまり目のつかないところに長田さん好みかなーと思う記事があったのでリプライさせていただいた次第です。
もしお暇でしたらどうぞ。
@gendai_biz 富野監督、直接作品中では語られないところまで丹念に考え抜いておられる。なればこそのあのクオリティ。俺も見習わねば。
『ガンダムって所詮「戦記物」なんですよね。だから経済論まで行き着かない』内政チートラノベとかもこの辺扱ってるから、時流なんでしょうね。大御所なのにキャッチアップしてるのは強いなあ @gendai_biz
Gレコ観てない…これから??
現代ビジネス: 富野由悠季が語り尽くす「G-レコとガンダムシリーズの本質的な違い」.
富野由悠季「僕が『G-レコ』で一番考えたのは、メカ論じゃないんです。地球をコントロールするってことは経済なんですよね。ということで、「キャピタル(資本)か」となった。」(聞き手/部谷直亮 写真/西崎進也)
う〜ん、素晴らしい。

@gendai_biz
やっぱトミノ氏は至高のSFものだなと。
@gendai_biz
これ、めッッッちゃくちゃ面白い記事だった。「平和を描く方が難しい」「戦記物の背景の経済」について最初に思ったのは大河ドラマ。動乱の時代しか描けないのは怠慢であり、視聴者の損失なんじゃないか。/
G-レコに引き込まれたのは、こういう部分だな。
劇中の戦闘シーンも面白いけど、リギルドセンチュリーで描かれた世界が好きなんだ。

@gendai_biz
毛穴から湯気だしながら拝読。興奮させていただいた。ただやっぱり∀はGコレの遥か後だと脳内では考えております。
もっと見る (残り約109件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR