TOP > 政治・経済 > 「負の性欲」はなぜバズったのか? そのヤバすぎる「本当の意味」(御田寺 圭) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

「負の性欲」はなぜバズったのか? そのヤバすぎる「本当の意味」(御田寺 圭) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

339コメント 登録日時:2019-12-09 07:21 | 現代ビジネスキャッシュ

2019年11月28日──ツイッターのトレンドに、突如として「負の性欲」なる禍々しいオーラを放つ4文字のワードが登場し、その日ずっとトレンド欄から消えることはなかった。もうツイッターは、いや、インターネットは終わりなのかもしれない。...

ツイッターのコメント(339)

すごく腑に落ちた。
@manmanrikiriki これ白饅頭氏のやーつ。
@tttsaba 昨晩 読んだ記事の中に秀逸な言葉を見つけたよ

男性の性欲は概して「交渉権の行使」
女性の性欲は概して「拒否権の行使」
確かに・・・
本来の意味じゃなく、女叩きの棒にしたからだろ。ポリコレ棒みたいな使い方するなよ
かなり強烈な記事。現代のSNSに潜む問題提起をしていて読んでしまった。※センシティブな内容なので読む際は覚悟が必要
@gendai_biz
2019年11月28日──ツイッターのトレンドに、突如として「負の性欲」なる禍々しいオーラを放つ4文字のワードが登場し、

出だしwwww
いまだに良く意味がわからない…
負の性欲――たぶんだけど、2020年代ますます重要になっていく概念なので、みんなまずはこれを読んで今年を開始しよう
@gendai_biz 何言ったって自由主義的な流れは止められないので"キモい男"のルサンチマンを誤魔化す娯楽や文化が必要
性欲はあって然るべきだがそれを剥出しにすることは、時には犯罪にすらなる。 それは「正」でも「負」でも同じ。
とても分かりやすい。一連の議論を整理するキーになり得る。

@gendai_biz
ふつうにおもしろかったです(まる)
焦って数打とうとして自分の価値を下げていく男にはなりたくない

@gendai_biz
“オスの性欲は「交渉権の行使」であるのに対して、メスの性欲は「拒否権の行使」である”
@gendai_biz
ツイフェミやアンチフェミが繰り広げてきた不毛な論争を終わらせるためには、問題を生み出した社会の構造を正しく理解しなければならない。その意味で、非常に良い文章だと思う。

@gendai_biz
@gendai_biz
負の性欲とは単に「タイプでない相手と関わらない権利」ではなくて、「『相手を拒否する』というイベントを実行したいがためになるべく多くの相手に言い寄られたい」ということなんだろうな。
@gendai_biz 異性獲得競争に破れた(または自発的に降りた)男達は持続可能な社会を目指す必要が無い 少し考えれば分かる簡単な答えでしたね。
結局「努力も何もしたくないけど、俺様に美人でおっぱいのデカイ彼女が出来ないのは男性差別!オタク差別!」って言ってるだけじゃん
@gendai_biz
これ書いた人すげー頭いいな。
負の性欲ってバズったことも知らなかったけど。負の性欲の否定がその指摘する所を肯定してしまうとことか、一夫多妻制の下りとか。
セクハラや痴漢や暴力はある種「動物的」だ。人間社会の中でその「動物臭」を否定する側(被害者側)が「負の性欲」という「動物臭」を振りまくのは矛盾だよね(笑)

@gendai_biz
@gendai_biz 負の食欲とか負の物欲とか色々定義できそうですね「負の〇〇」シリーズ
残念なことがある。理解する人、できる人が少ないこと。その事実が今の現状。本能とは短期目線なのである。/ @gendai_biz
負の性欲の意味知らなくて調べたけど
めちゃめちゃ納得した
現代に必要な言語だね
一個誤字あったけど凄く良い記事だと思う
一夫多妻の有用性なんて考えた事なかったから最後もなるほどと思った

@gendai_biz
テリトリーを冒すと反撃するのは極めて自然。これまで女性にその自然な反応が許されなかった社会的背景があるのでしょう。ただ、だからといって反射的に攻撃的になるテリトリーが狭い女性より懐が広い女性の方が高い確率で幸福を得られるので難しいところ。
“それはたとえば、新石器時代の男性の多くが生殖できないまま生涯童貞に終わり、ごく一部の男性に生殖の権利が集中していたという事実からも観測できる。”
分かってるじゃん
人間は思った以上に脳みそとホルモンの奴隷であることは既にエビデンスもあるのに、何故かそのことを理解できるはずの人も否定したがる…
@gendai_biz
本能に基づく行動を言葉で説明するとわかりにくくなる?/ 男女の「生殖戦略」の違いが示すこと
たぶん男性側の記事かな?
「理性は感情と切り離せるものではない」というのは同意。
@gendai_biz
誰かと思えば失笑もののアイコン。そりゃこの人ならこうもいいだすでしょうね。しかしこんな駄文にもならないものを載せる現代ビジネスの2流っぷり
@gendai_biz 「オスの性欲は「交渉権の行使」であるのに対して、メスの性欲は「拒否権の行使」であるともいえる」

えっ…何を言ってるの…(絶句)
「くだらねぇ」の一言だけど、俗流進化心理学(もどき)の実例としてメモ。/ @gendai_biz
どうせ男尊女卑系のワードなんだろうと思ったら男の過剰な性欲を正当化したがるクソオス共のイキリワードだった、ヴォエ………

@gendai_biz
このデンでいくと、「ブス」「ババア」への返しは[キモい」「あんたに言われたくない」で合ってるわけだなw しょーもなw
負の性欲
これって 突然来たものでもないように思う
かなり前から 下地はあったと思うよ
生物は遺伝子の乗り物って考え方とか
心理学でも 好き嫌いの反対が無関心とかも結構言われるようになってた

感性ではなく論理的な説得力が大きかったんじゃないかなぁ
先日Twitterのトレンドに出現した 「負の性欲」 についての白饅頭氏による、まとめと考察。
これはターニングポイントを形成するワードとなるやもしれんね。。 必読! (・∀・)
「負の性欲」という言葉を見たとき「セクハラ」と同じくらいに画期的な用語だと思った。
必ずしも明確には意識されてこなかった(される方にとっては酷い)行為を同定して、酷さを分かりやすくした点で。
@gendai_biz 自然の摂理ってやつかなぁ…
@gendai_biz これからの時代、男は強くないとマズイ。
@gendai_biz TLでもたびたび見かけた用語に対する解説があった.人類って大変だなぁ(大きい主語
@gendai_biz 生物学的淘汰、劣等はパージしたいという集団心理がTwitterの感情増幅で加速したんだな。自分にとって都合が悪い性欲。MGTOWとインセルというの初めて聞いたわ。
「負の性欲」が暴走するの、正のそれとは違い「恋敵」が存在せず、むしろ同性どうし連帯することで不快な異性を遠ざけるという目的がより達成しやすくなるからでは
@gendai_biz
気持ち悪い考察だけど文章がうまくて面白い。
ものの見事に男性のことしか考えてなくて、びっくりした。女性は、男性に公平に分配すべき資源か何かなのかな。生殖行動の拒否以前に、全面的な拒否感。「負の性欲」っていう発言が怒りを買うのって、まさにそういうところなんじゃないの。
受け入れろとは言わない、ただ赦せ、という事すら燃える世の中っていう。
@gendai_biz
負の性欲っていうか、「拒否権」だよね
@gendai_biz
負の性欲について初の過不足ない解説記事だと思う

@gendai_biz
今更ながら拝見したけど自分の中にストンと入って来ました、やっぱり川辺で野郎共と肉焼いてるのが一番楽だなと思いましたw

@gendai_biz
何故かわからないけどダイハードマンの声で再生される

@gendai_biz
@gendai_biz ブスと安易に口にすべきでないのと同様に、キモくても安易に口にすべきでない。行き過ぎた権利へのカウンターかね。
一夫多妻の話は妥協を無視して極端だが変化はあるんだろうね
負の性欲の定義は興味深かったけどそれはさておき。
拒否権を行使するのはまあご自由にって感じだけど、「キモイ」と人に向かって言い放つのはどう言い繕っても加害。
そして、加害に反撃するのはいいことなんですよね。だって「私たちは黙らない」がトレンドらしいですし。
この記事で「嫌な男とも結婚しろというのか!」みたいなお気持ち爆発させてる人たちって、多分この記事読んでないでしょ。それか行間は読めるけど行は読めない人。

@gendai_biz
長い戦争の歴史を経て人類が勝ち取った、平和で自由で衛生的な都市社会。しかし今では大きな争いが起こりえない社会となったことで性淘汰による格差拡大とDNAの多様性が損ないつつある皮肉。
@gendai_biz イケメンが全てを取る世界に非モテが協力しろと強要されるなら確かに社会は崩壊するな
女性に優しくしろと言うなら男にだって優しくしてくれよ
割と読み物として面白かった

@gendai_biz
@gendai_biz
この考察は確かにあるなー。おもしろい。
女性は男性からのアプローチには拒否せず応じるべきだと言いたいのか?
非モテ男性への侮辱はハラスメントとして説明できるし、わざわざ「負の性欲」に落とし込む理由がない。

@gendai_biz
言葉選びが巧。非常にわかり易い説明だと思う。

@gendai_biz
考察力が大変高くて感心

@gendai_biz
@gendai_biz 一夫多妻制とかハーレムじゃん
なろうじゃん
なろうは未来の社会を予見していた可能性が微粒子レベルで存在する?
男女の性欲の話は、自分ではよくオシベとメシベや花粉に例えて話すけど、「負の性欲」と積極的に捉えることはしてこなかったな。
一部のフェミが差別主義的な傾向を見せてるのは事実だし、読んでて面白かった。

@gendai_biz
こう理論的に解説しても感情的に批判する人は出てくるんだろうな
面白かった。いっそ突き抜けて一妻多夫制まで行ってみてほしい。

@gendai_biz
所謂推論の枠を出ないけれど、面白おかしく女叩きをしているのでなく、ちゃんと考察された記事だと思う。自分が賛同出来ないものについて「こんなの」呼ばわりするのは言論人としていささか傲慢ではないかな(-_-)
@gendai_biz 分かりやすくて良い記事だった。
@gendai_biz NTR趣味がαに敗北しつつもコミュニティを維持するために人類が生み出した精神構造である、というホラ話を思いついたのだわ
自由結婚(恋愛結婚)によるものなのかそれともSNSによるものなのか。あるいはその両方か。

@gendai_biz
@gendai_biz 辿り着いた現実とどう向き合うかですね…自分含めですが。敗北者?を多く抱えたのがうまく行かなかったという歴史からどう学ぶか。
恋愛の新自由主義という言葉に考えさせられた。読んでてよい記事 / reading @gendai_biz
この言葉の意味がやっとわかった@gendai_biz
なんかスッキリ。数学で「正負の数」とあったように、それは善悪を指すものではない、というのが腑に落ちた。人間社会においては交渉権と拒否権を男女それぞれが持つようになったというのもおもしろい。
おはようございます。
「負の性欲」という語句がざわついているそうで・・・

現代の記事も読んだけど正直よく分からない。
しかし欲望の行きつく先が孤独という帰結に陥る人が多い。
この事象から学ぶべき事は何か?
その態度こそが謙虚さでは?
まとめると
一夫多妻のような勝者総取り社会は、敗者が社会に協力しないどころか、復讐する動機までできてしまう。
お見合い制度はこれを抑止してきたが、自由恋愛時代の今、勝者総取りが復権するかもしれない。

勝者総取りを、法的に抑止した先人たちの軌跡を知りたいな
「負の性欲」を否定することは、かえって「負の性欲」ということばが指し示すものを肯定的に補強してしまう

これはミソジニーと同じ構造だなと。否定すればするほど強化されてしまう。



@gendai_biz
待てよ?近未来に於いてはマケグミ男性のバーチャルな性欲充足に対し、女性が負の性欲の攻撃的発露を抑制出来れば、一夫多妻制は成立し得る…?性のシンギュラリティのような可能性が無いか?  @gendai_biz
この話題を扱ってる記事の中で一番面白かった
結論がちょっと斜め上だったけど
「オスのなかでもより優れたものを「厳選」することに強いインセンティブがある」
「女性はより少ない相手との長期的な配偶関係を求める傾向がある」
この記事、結局は前者でしか女性を見てない気がする
@gendai_biz 新石器時代の男性は多くが生涯童貞だったという新たな知見を得られた(違うそうじゃない
これについてキャスで喋りたい〜😆

「正の性欲」と「負の性欲」、面白いね❣️

@gendai_biz
じっと手を見る。

「人類の歴史という「攻略本」をひも解けば、そこには「敗れた男」を多く抱える社会は存続できなかった、と記されている。「勝者総取り」の社会においては(中略)社会を破壊するインセンティブさえ生まれてしまうからだ」
@gendai_biz
@gendai_biz わかりやすくて素晴らしい、としか言いようがない。
@gendai_biz それでも今の流れは恐らく変わるまいという嫌な確信はある。自由や人権という建前を捨ててでも不都合な人間なんか承認したくないという本音も可視化されてきているし。
「女性たちへ。キモいとか言って選り好みしてると一夫多妻へと移行して行くよ。一夫多妻制は長続きしないと歴史が証明している。故に選り好みせずに僕らを好きになってください」

こんなん100年書き続けても好きにならんやろ。アホかな。

@gendai_biz
女性の性欲が
拒否する権利しか、ないの?
おかしくない?

男性だってこれ無理!って女性を叩いてるやん。
女性だって、この人がいい!あなたがいいの!ってめっちゃ選択してるよ?
この文章を書いた人は負の性欲って単語に何故納得できたのかな?
「負の性欲」の存在については、(それが露わな)私(の言動)がエビデンスみたいな人が多くて笑える。それを見た人に事実、経験則として共有されていっている感じ。

@gendai_biz
MGTOWとかINCELとか新しい概念やな、どうせどっちかはチンポ騎士団のことやろうな、と思っていたら案の定チンポ騎士団だったでござる。
面白い見方だった。なぜバチェラーがワンオブゼム側の女性をむしろ歓喜させるのかにも繋げられるかも。

@gendai_biz
法的に一夫多妻を認めるという事にはならないだろうけど、非嫡出子の支援制度等で事実上一夫多妻を容認するという方向性には行くと思う。
教えてもらったコレ、とても面白いね。特に以下の部分。

@gendai_biz
分析をしているらしいのだけれど…何かを伝えてるようにも読めなかった。解決の糸口すらも掴めていない。
@gendai_biz
@gendai_biz 途中まで納得できた。なんで一夫多妻オチになるんだろう。そして少婚社会へ、みたいな表現のほうが適してるんじゃないか。
@rankorikka 初めまして。僕も以下の記事を読みましたが、社会は素質等のために結婚できない男に全く報いていない(しかもそれを問題視もしない)ので、結婚できない男が社会に非協力的になるのは当然で、それなりに公平な仕組にしない社会システムに問題が多いことを

改めて認識させられ
もっと見る (残り約239件)

記事本文: 「負の性欲」はなぜバズったのか? そのヤバすぎる「本当の意味」(御田寺 圭) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

いま話題の記事