TOP > 政治・経済 > 「痛い人」と、言われてからが勝負だ(北野 唯我) | マネー現代 | 講談社(1/4)

「痛い人」と、言われてからが勝負だ(北野 唯我) | マネー現代 | 講談社(1/4)

16コメント 登録日時:2019-12-07 07:57 | 現代ビジネスキャッシュ

「痛いよ、君」と言われたことがあるでしょうか?私はあります!どれぐらいあるかというと、本格的に痛いと思われていただろうのは高校三年生のときでした。その時、私は、いわゆる今でいうところの「社会起業家」として活動していました。テーマは教育問題。世の中の大人と、学生が、対等に論理的に話し合える場を作ること。そのために日夜活動をしていました。平日の全て、土日もその活動で潰れる日々が続きました。しかし...

ツイッターのコメント(16)

@moneygendai 「痛い人」とか言われるのが嫌だし、
その話で口論するのもめんどくさいので、

そもそも仕事では少し奇人を演じて
「あいつなら仕方ないよね」と諦めてもらう雰囲気を作ってるw
愛って何だろう、優しさって…
2冊とも読んでみよ
〝それを経験していない他者から見ると痛いものなのである〟

だいたいが批判ばかりしている人に限って何も行動していないことが多い。他者を攻撃することで自分が行動していないことを正当化しようとする。
痛みを知っている人はもっと優しい。
創造性は反発の量で測れる、と。
まさに。
愛って何だろう、優しさって…
「そもそも愛情を持つとか、執着心をもつとかそういうものは、それを経験していない他者から見ると痛いものなのである、という一つの真実なのです」

なるほど!

朝渋weekでまた唯我さんの話聞けるの、楽しみだなあ😊
"新しいことをする、というのは「痛いと思われること」と表裏一体です。とくに最初は、です。"

意識低い

意識高い系

意識高い

意味は同じですが、「うわっ意識高い系だ」って印象を持たれてからが本番ですね。
痛い人というのは覚悟を持ってやりきれる強い人だと思う。
私自身は痛い人に憧れるけど周りの目を気にして痛くなりきれないタイプ。
せめて痛い人を否定しないように気をつけないと。
めちゃ仮説が刺さった。相手側に立って想像するis大事。

>私は「優しさ」とはなにか、というのを最近考えます。そして、ある種の仮説を導きました。それは、優しさとは、客観で意義を与えることではなく、相手の主観からみた物語を見ることである、ということです。
“「間違いなく、新しいことをする、というのは「痛いと思われること」と表裏一体です。とくに最初は、です。”

痛いという感情について、
主観と客観の違いから
わかりやすく書かれた記事。

北野さん、僕は好き。

@yuigak
炎上は創造の源だ!

>創造性は反発の量で測れる :
何かわかる気がする!人と違うことを求めてしまう。あとは、実行するだけ!
背中を押してくれる、熱いエールだ!
自分が経験してないと、何かを一生懸命やってる人の気持ちは分からないのだろうけど…「何頑張っちゃってるの」って笑ってしまう人は悲しい
ーーー
以上

記事本文: 「痛い人」と、言われてからが勝負だ(北野 唯我) | マネー現代 | 講談社(1/4)

関連記事

関連記事は見つかりませんでした。

いま話題の記事