TOP > 政治・経済 > 選挙結果をウラで操作!? 安田浩一が暴く ”ムサシ陰謀論”(安田 浩一) | 現代新書 | 講談社(1/3)

選挙結果をウラで操作!? 安田浩一が暴く ”ムサシ陰謀論”(安田 浩一) | 現代新書 | 講談社(1/3)

64コメント 登録日時:2019-12-06 07:26 | 現代ビジネスキャッシュ

講談社「現代新書」は、1964年に創刊された教養新書のシリーズです。政治・社会・ビジネスから哲学・思想・芸術まで、幅広いジャンルを取り扱っています。わかりやすく、楽しく、かつ深く学べるような1冊をお届けいたします。...

ツイッターのコメント(64)

面白い連載だった。”ムサシ陰謀論”を唱えている馬鹿たちを刑事や民事で訴えたいだろうが、それすら陰謀だと騒ぎ立てる連中だから現状のように無視する以外に手がないんだろうな。 / | 講談社
野党支持者が真顔で陰謀論語ってるのを見るにつけ、乾いた笑いをしながら後ずさりをするしかない切なさ…|
この手の陰謀論、いつも現実離れに持ち上げすぎてて「事実だったらむしろ安倍政権は倒せない」でしかない事に気がつかないのがお気の毒。
興味深い記事だけど(続く)
面白い。ちょっとスッキリするね。
@reiwawakamono こちらも置いときます
不正八百長の定義ってなんですか
16、18分の1 でも不正してれば八百長です。
選挙だって同じだよ投票したのにゼロとか印刷ミス票に外人の記入とか
その他各所で発見されてるのに全く取り上げずに無視何それ
“さらにムサシが不正手段を用いてまで自民党を支援する理由として、同社の筆頭株主が安倍晋三首相だと指摘する向きも多い。”
前後編併せて、良記事。反安倍政権の安田浩一さんが書かれた事も、重要やろう。そんだけ、アホな陰謀論者が政権批判勢力の足を引っ張って迷惑されとるんやろうね。
一点だけ、ムサシ陰謀論の出発点は、菅政権である。
こちらが前半(第一回)部分。


@shiroimai
紙の卸売業者さんが紙幣計数機を開発し、紙幣計数機のノウハウを活かして投票用紙計数機を開発した、という来歴が興味深いです。
企業HPを見たら、計数機以外にもプリンターとかスキャナーとか、紙にまつわる製品を売り出しているんですね。
>きっかけは、意外なところにあった。60年代半ばのことだ。
「販売事業だけでは結局、メーカーさんの意向に左右されてしまう。自分たちで価格設定できるような商品をつくり、自分たちの手で自由に販売できる、
ムサシ陰謀論(機械による計数不正)の真偽のほどを調査した記事。計数不正の件は否定されると思うが、興味深い事実も散見されて次回が楽しみ。陰謀論って頭から否定するのではなく、ちゃんと調べて発信するのってとても大事だと思う。
これさ、前後編に分けてるの朝に確認したから絶対怪しいと思ったんだよw

後編でキッチリデマを否定してやがるwww

前編が釣り、後編がファクトチェックでもんくのない記事に、って感じ閲覧稼ごうとしたんやろな。

小賢しい真似をwww
アベが筆頭株主の投開票マシン・ムサシ!!不正選挙は行われている
こりゃ次回が楽しみだ。>>
またも「ムサシ陰謀論」www 
民主党政権誕生時だってここのが使われてたんだろ?それにどっちかと言うと「票を隠された」自民党の方が酷い目に合ってるんじゃないのかな?
ムサシ以前に小選挙区制がイカサマなのよ:
これ、籏智広太さんがすでに「根本的に事実が誤っている」として解決済み。
特に目新しい話はないと思うので、読み物のつもりで気軽にどうぞ。
安田さん流石、文章の流れが最高です。
>こうした”ムサシ陰謀論”が選挙のたびにネット上で大量に流布される。
ムサシにまつわるウワサが目立つようになったのは、確認される限り、2012年からだ。/

2019.12.06
このレポートは必読。勿論、安田浩一まで安倍や政府とグルだと言い出す御仁には無意味だろうが(苦笑)。
★ | 講談社
ネタバレだけど、普通に真面目ないい会社だった。
2部構成でばっさり
安田浩一さんも楽な仕事をするようになったと言えるのではないでしょうか。
こないだ官房長官に解散の件でびびらされたのでさっそくw
これ大問題じゃないですか?
こんな陰謀があるならすぐに告発すべきですよね!

まさか印象操作したいだけでこんな風評被害起こすような記事載せた?
紙の卸問屋として創業
⇒自社商材として紙幣計数機を開発
⇒公営競技で使用される紙幣計数機を見た役所から依頼されて選挙用機器を開発
という流れが面白い。
大抵の自治体では選挙でバイトとか雇うから、働いてみればわかるのにね。

ネット乞食しかした事ないからいつまでも陰謀論なんだろうけど。
幼稚な現実逃避の一環に過ぎない
「ムサシで不正選挙」とか「在○は税金無料」くらいファンタジーな頭の奴の決まり文句だろw
本当に不正なら野党議員が黙ってるわけねーじゃんw
「選挙機材メーカー」の真実(第1回) この人はほんとに面白い記事を書くなあ。
すごい世の中になりましたなぁ
安田浩一ってムサシいん暴論に飛び付くのかよ…と思ったらこれは次回が楽しみだ笑
ムサシ陰謀論を唱える方はぜひ読んでいただきたいです。
投票用紙を自動的に書き換えるなんてすごい技術だな。ってそんなのできるわけないだろ。笑笑。
ムサシ陰謀論はしょーもないのであまり興味もないが、ムサシの歴史はなかなかおもしろい。
僕も落選を経験しているので負けの理由を何かに求めてしまいそうな気持ちが分からないでもないのですが。ムサシ陰謀論はさすがにトンデモすぎます。僕のところで良ければ開票立会人してみますか?
「選挙機材メーカー」の真実(第1回)
ムサシのスタッフも陰謀論者にさぞ迷惑をかけられているのだろう。安田浩一さんの書きぶりが面白くて、何度も吹き出してしまった。同時に、かつてボールペンを持参し国政選挙の投票に臨んだ己の黒歴史を決して忘れまいぞと密かに胸の内で誓うのであった。
明日が待ち遠しいよー☕
安田さんの陰謀論シリーズきました。読んでね。
o(^-^)oワクワク 安田浩一さんがムサシの本社に取材に行った! で、顔を曇らす会社の方が出てきた。いろいろ聞いて「いよいよ、ここからが本題だ。」で、第一回が終っちゃった!! 
明日が待ち遠しいよう♫
「こんな企業成長譚を、NHKの『プロジェクトX』が取り上げず、安田浩一が書いているのは、カモフラージュのためだ。そうじゃないと言い切れるか?証明できるか?」とおっしゃる陰謀論者の方々が目に浮かびます。
いい歳して“ムサシ陰謀論”信じてる人(←最近、また増えたような気がする)は思いっきり反省してください。

「 ”ムサシ陰謀論”」(安田浩一191206)
「(不正に関する)問い合わせは少なくないのですが、理解してもらえないこともあるんですよねえ。時に最初から不正があると思い込んでいる人は、いくら事実無根を訴えても納得してもらえることは少なくて……」
「ムサシ」。そう、権力と結託し、民意を操作し、日本社会を陰で操っていると一部で指摘される、あのムサシの本社ビルである。私は”ムサシ陰謀論”の本拠地に足を踏み入れたのであった。
遂に安田さんがあのムサシに正面突破かけてる!
!(◎_◎;)
1回目はムサシの説明と会社の歴史の序盤。この後の2回目で不正と陰謀が暴かれるかもよー
後編は明日か…ワクワクする。
は読むように。
うまくいかない理由を探して陰謀論にハマる人って多い。
見ててつらい。
陰謀論は甘いワナだなとつくづく思う。

今後ムサシ陰謀論を持ち出す人に会ったらこの記事を教えてあげられるのでとても助かる。
ちょいと煽っては膝カックンの波状攻撃。いやらしい…😁
陰謀沼住人たちはどうせ読まないだろうけどマトモな人はお友だちに教えてあげましょう。
ムサシにまつわるウワサが目立つようになったのは、確認される限り、2012年からだ。
《ビルの周囲にはある種の妖気が漂い、中からはピリピリした警戒感が伝わってくる──と書きたいところだが、実は、何も感じなかった。オフィス街の喧騒が耳に響くばかりである。「日本の闇」と呼ばれているのに》本当に本当に性格が悪い笑
ムサシ疑われてワロ
我らが安田浩一さんの陰謀論検証記事。遂にムサシを直接取材。
続く!で終わり(笑)。いや、面白いけどさ。--------
★紙の卸販売会社←新聞や出版を紙で統制させるGHQの指令。
そしてボート~って、大先生に戦争未亡人を救うと啖呵を切ってボート始めた故笹川良一を思い出す←相当臭うなぁ~W。疑惑を晴らそうとして逆の結果に…。
講談社現代新書のサイトです。ムサシ陰謀論について書きました。→ ”ムサシ陰謀論”| 現代新書 | 講談社(1/3)
以上

記事本文: 選挙結果をウラで操作!? 安田浩一が暴く ”ムサシ陰謀論”(安田 浩一) | 現代新書 | 講談社(1/3)

いま話題の記事