TOP > 政治・経済 > 日本、PISA読解力ランキング「過去最低」これだけ改革して、なぜ…?(飯田 一史) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

日本、PISA読解力ランキング「過去最低」これだけ改革して、なぜ…?(飯田 一史) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

2019年12月3日に、2018年に実施されたPISAの最新結果が発表され、参加した79の国・地域の中で日本は「読解力」で15位、「数学リテラシー」で6位、「科学リテラシー」で5位となり、いずれも全開の2015年調査よりも順位・スコアが後退した。...

ツイッターのコメント(22)

難しげに書いてるけど

結局アウトプットが足りてないからでしょ。アウトプットしたらすぐに正解不正解で判断される世の中に原因がある。白黒思考だと多様性なくなるぞ。

@gendai_biz
今の仕事は日本語と格闘する毎日なので、このニュースは悲しい。。。
@gendai_biz
(飯田一史) 【現代ビジネス】
飯田一史「PISA2018の結果がどんな影響を及ぼすかを見通すために、日本の子どもの「読解力」をめぐって過去どんなことが行われてきたのかを振り返ってみよう。」
「こういうことをやってほしい」とお上から言われても、人手不足と予算不足から来る現場教員の不足、超過労働が常態化した教師では対応しきれず、授業の質が低下している、という可能性が考えられる。
読書量も大切だと思うけど、文章の構造を理解しないと読解力は伸びないと思う。読みやすい本をさらっと斜め読みするより、授業の中で文章の構成をじっくり分析することが必要ではないか?
むむむ…。若者たちよ…、瞬読やるといいよ…。 PISA読解力ランキング「過去最低」これだけ改革して、なぜ…?
【理屈はいいが現場が実行する体力を失っているかも?】日本、PISA読解力ランキング「過去最低」これだけ改革して、なぜ…?(飯田 一史)現代ビジネス 00年8位、03年12位でショック。読書離れから子どもを連れ戻し、09年5位。12年に1位!。が、15年5位、18年15位どうして?
>「こういうことをやってほしい」とお上から言われても、昨今の人手不足と予算不足から来る現場教員の不足、あるいは超過労働が常態化した教師では対応しきれず、授業の質が低下している、という可能性が考えられる。
結論のために数字を曲解した一例。1番興味深いのはおおよそ全ての新聞・雑誌で同じ解釈だということ。

@gendai_biz
別の見方として、学習からずっと引いて、人とのコミュニケーション能力、相手の気持ちを理解してあげる等など人間関係が希薄になってきたことと、読解力低下は関係していないだろうか?
読書量が増えているにも関わらず読解力が下がっている理由。
数ある見解のひとつとして面白い。
読書教育の政策の流れについてよく分かった
デジタルリテラシー♬
興味深い論説だな。読解力の意味がPISAと日本の教育とで違うこと、知らなかったよ。それも含めてだんだん深刻になってきたな…。
話題の「読解力」ランキングについて、教育と読書の関係を継続取材している飯田一史さん@cattowerに寄稿いただきました。2001年の最初の「PISAショック」以降、実は子どもの読書量は急激に増えているし、今も減っていない。ならば、なぜ…? @gendai_biz
何処かの軍閥Zが緊縮増税デフレ工作を推し進めたせいで、みんな読書する余裕がなくなったから。
これ、見事なくらい比例してる。
本は嗜好品。
子供は読み聞かせで立派になる。
@gendai_biz
学校で本に触れる機会が減るとは考えにくい 読書力低下の理由が分からないと結論。え?読書が習慣化してる子供増えてます?親が読んでないのに?電車でスマホ見てる親見て子供は本読む?書店に行ってる?学校での仕事で読んでるだけでは?しかも教科書薄い。在日の所為でない。
本離れが続いて読解力が低下→本を読む取り組みで回復→今回また下がった、なぜ??
って内容。
疑問なのが、国語の授業があるのに、別で本を読まないとだめなとこ。授業意味ないやん見直せば?
特に作者の気持ちを答えよって問題がおかしいとかはずっとしてきされてるし。。
産経が「読書離れが原因か」とか書いていましたが、この20年どんだけ読書推進政策やってきたと思ってるの? いま不読率の低さも平均読書冊数の多さも過去最高レベルだけど? と思って書きました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR