TOP > 政治・経済 > 朝日新聞、45歳以上の「早期退職」募集…退職金の「驚きの金額」(松岡 久蔵) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

朝日新聞、45歳以上の「早期退職」募集…退職金の「驚きの金額」(松岡 久蔵) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

朝日新聞がこの12月から、大規模な早期退職の募集をかけることが判明した。45歳以上のデスクや地方支局長などを狙い撃ちしたリストラ策だ。近年、朝日新聞は部数減少に悩まされているが、主に不動産事業でカバーする形で黒字を守り続ける「金持ち優良企業」でもある。今回の退職金の上限も6000万円と、他業界からすれば垂涎の的となる水準だ──。...

ツイッターのコメント(480)

やっぱ朝日は本業の不動産に注力して、日本に迷惑かけるのやめたがいいよ。

@gendai_biz
@PeachTjapan2 確か、退職者を募っていたので、朝日小学生新聞の記者が記事を書いたのでは、と勝手な想像...(^^;)



先日の予算委員会、白スーツおばちゃん軍団動画おもしろかったです.
@yoshidakoichiro 2019年12月の記事 あと10年で紙媒体終焉
@Joe_F_Yokohama 観点が違いますけど、私は結構ショックが大きかったです。
大規模なリストラを実施中なので、緊張感を持った社員が増えると思っていました。
逆に先鋭化してしまったようですね。
労組の幹部が板挟みになって自殺してるのに..
今年も就職戦線がはじまるね。
大企業神話の崩壊みたいな話はよくいうけど、
両方経験してる今振り返ると、そこに入るからこそ見える景色もある訳で、一概に大企業が悪いわけではないと思うよ。
この記事見ましたか?

朝日新聞が

『60歳になる前に会社から
 お金を払うので退職して下さい』

と異例の早期退職を募った件。

すごい時代が来ましたね…
もはやお金を払うので、働かないで下さいという内容

知らなかったでは
洒落にならないので
まだの方はご覧下さい
金銭解雇も、65歳まで年額300万円の年金支給を条件に解禁するとかはあるのかも。

支給総額は、55歳なら3000万円。45歳なら6000万円。

これだけあれば、非正規再就職でも、住宅ローンで首括ることもなかろう。

朝日新聞なら、余裕?
分かってない。朝日の社員を無給で放り出したら、ネットメディアで朝日の悪口言うから金を掴ませてるだけですよ。
これって簡単に言ったら
リストラと一緒だよね?笑

平均寿命伸びてんのに
労働寿命は下がってるって
企業ってあてにしてたら
ヤバイな〜
朝日新聞は10年前に早期退職を募集して今回はリストラですか。二度ある事は三度ありそうですね。

バブル組が狙い撃ちと言うことで、この流れは他企業でもありそうですね。会社依存はヤバいですね。
辞めれば働かなくても毎月30〜40万もらえるって…

はぁ〜(-。-;
産経、毎日は記者予備校だったのか

@gendai_biz
@gendai_biz >もはや「新聞事業」やめて不動産一本で喰ってけば良いのでわ。新聞として信頼できない事が周知されたから部数減に歯止めかからない訳だし。
50歳で年収4年分退職金もらっても54歳以降どうすんの?という話あるが、4年貯めるには10年以上かかるので、実質65までの金貰ってるのと同じであとはバイトして飯代だけ稼げばよくない?
割増貰える時点で勝ち組

朝日新聞45歳以上の「早期退職」募集…退職金の「驚きの金額」
不動産収入で黒字を保ってるなら「朝日不動産」に社名変更すべきでは?w
 
@gendai_biz
朝日新聞は45歳以上の早期退職。

今40,50代の人たちは
大企業入ったら一生安泰!
って時代からやってきたのに
こうなってしまうのは大変だな😓

副業とかやってない人は
どうしていくんだろう?

自分で生きていける力つけておかないと
今後はやっていける気しないですね😅
「朝日新聞に新卒で入ってくる学生は、基本的に官僚タイプの優等生が多い。警察や検察周りでの泥臭い夜討ち朝駆けでうんざりし、20代後半で地元の県庁職員などに転職するケースも少なくありません」/
金を積んででも辞めてもらいたい社員がいる会社と、金を払って求人出している会社のニーズはマッチングしないのかな?
明日は我が身だな。
技術スキルはさておき、ビジネススキル、価値創造が出来る仕事を如何にするかが重要だな。
そのうち解雇規制緩和が始まる予感。

@gendai_biz
この記事に日本のいろんな課題が詰まってるなと。

普通は期間と比例してスキルが上がり給料も増えるはずが、年功序列によって努力しなくても給料が上がってしまうことが続いた結果なんだろうか。

たくさんお金払ってでもやめて欲しいって悲しいよなぁ。根本解決しなければ。
一番仕事パワフルにできる層は28歳前後やからここの層に企業は力入れたいやろ

オッサンの居場所はどんどんなくなってくやろな

看板に頼らん、己自身で戦っていける自分作りをほんまに早急にしていかな厳しい時代やな〜

/朝日新聞、45歳以上の「早期退職」募集
早期退職良いとおもうけどな私は

@gendai_biz
最近ってそもそも退職金が出る会社自体少ない気がする。

長期間働き続ける意味ってあるんですかね。

朝日新聞、45歳以上の「早期退職」募集…退職金の「驚きの金額」(松岡 久蔵) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)
財務体質が健全な会社ですら、ただ年功序列で社内での地位だけが上がった人材をリストラしてる現状。

市場価値の低い人はこれからの社会で生きづらくなる。

自分の市場価値を高めれるような環境に身を置くことがより重要となる

@gendai_biz
メモ

この記事を読むと
自分もあと10年で45歳だよなあって思う。

ひとつひとつやらねば、ほんと。

@gendai_biz
こう言ったニュースを見た公務員の大半は、自分たちは良かったと安堵する。
でも必ず余波が来る。
優秀な人材が流れてきたら、使えない人達はどうなるか。
いずれ被曝すると思う。

@gendai_biz
山程お金払ってでも会社から出ていって欲しい中年が急増中。そうならないためには、「常に価値を生む成長する環境に身を置く」以外にあるのかな。楽な生き方探してる場合じゃない

@gendai_biz
@gendai_biz 加算金を含んだって半端ない金額だね。
新聞屋って相当儲かるんだ。
テレビや新聞の記者が大学教員に転じるケースをたまに見るのだけど、両者は全然違う仕事だと思うんだよね。なぜ転職できるんだろうか。> @gendai_biz
ついに日本の敵が倒れた。
日本新聞協会によると、全国紙朝刊の年間合計部数は、2017年から18年、約150万部減少している。これが「毎年、産経新聞か毎日新聞が1社ずつ消えていくのと同じペース」だということは、筆者「全国紙でも進む『リストラ・支局統廃合』新聞記者の苦悩と見えぬ未来」でも書いた。
そう考えると(真偽のほどは今のとこ僕は知らないですが)我が親会社はうらやましいかぎりだのう・・
朝日新聞がこの12月から、大規模な早期退職の募集をかけることが判明した。

近年、朝日新聞は部数減少に悩まされているが、主に不動産事業でカバーする形で黒字を守り続ける「優良企業」でもある。
@gendai_biz いわゆる「庶民感覚」からズレすぎてんじゃねーの
大手映画会社も大手出版社も、利益の半分以上は不動産。
安定収入があるからこそ、博打のようなエンタメ商売が出来る。
むしろ「本業」の一本足打法の会社の方が倒産しやすい。極めて真っ当。
@gendai_biz

記事の後半、3K職場を新卒組が嫌っていたら中途入社の産経出身者に乗っ取られそうになってるって現実はダジャレよりも奇なりやなw
大手マスメディアでも既に将来の重荷を今から降ろし始めてるし、朝日も今や実態は"新聞も出している不動産屋🏢"
今後左巻きの扇動記事が上がっても所詮副業だと思って生暖かく見守る方向で😬>
非課税だったら

死ぬまで暮らせる額だな

早期退職で年収の約5倍

支払いしない会社は

ブラック企業

道端に落ちているような

金額で早期退職を募る会社は

恨まれてあたり前だ

@gendai_biz
@gendai_biz 他紙の販売店にいるとはいえ、決して他人事ではない話
現に岡山市中心部の販売店の経営者である販売会社は撤退してるし、個人経営者も皆辞めてる
自分も来年転職を考えてる
優秀な人にとっては退職金付きの年収アップの転職も叶う夢のようなプラン。

この施策を「ラッキーイベント」ととらえるか「それはないよな」と思うか、読み手の心の内次第ということですね。
五輪後の状況を考えると今のうちに手当てをしないと…というところか。さて、何人が手を上げるのか。
反日とねつ造で真っ赤に染まった新聞社に勤めて、多額の退職金までゲットですか。

@gendai_biz
この募集を受けて、最初に朝日新聞を辞める検討をするべきなのは、二十代、三十代の社員たちだと思う。
本気でヤバくなってきたみたいね
現代ビジネス 2019/12/4(水) 松岡 久蔵 ジャーナリスト
@gendai_biz
@gendai_biz 東大生の先見の明は正しかったようだ。
これなんかもね。

@gendai_biz
朝日新聞の記者削減には手を付けて、逆に販売部署は強化という見方も出来るやろうな。とはいえ、もはやシルバービジネスとなった宅配も先行きは暗い。

@gendai_biz
これからの時代、どんどん生きづらくなって行くんだろうねぇ。知らんけど。

@gendai_biz
もっと見る (残り約430件)
 

いま話題のニュース

PR