TOP > 政治・経済 > 子育て中の母親の苦悩…「夫の教育が一番難しい」という深刻な現実(前田 正子) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

子育て中の母親の苦悩…「夫の教育が一番難しい」という深刻な現実(前田 正子) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

46コメント 登録日時:2019-12-09 08:10 | 現代ビジネスキャッシュ

世の中は「イクメン」という言葉が聞かれる。イクメンとは育児をする男性のことである。そんな言葉が生み出されるほど、男性の育児は重要なのだろうか。...

ツイッターのコメント(46)

上司の教育は、もっと難しい。

仕事選びは命に関わる。
少なくとも健康には影響する。
健康は幸せに最も影響する。
だから、幸せになるための仕事を選ぼう。
これ、すっごく興味深いからホントに然るべき機関で症例とってみてほしい。
10年単位くらいで母親だけでなく子ども(その頃にはこどもも自分の言葉で父親について意見できると思う)、からも、もちろん父親本人からも意見とってほしい
産んだ覚えのない長男てやつね。
またはやる気有りでも長時間労働や回避不能な付き合いなどの長い拘束時間か。
共感しかない
@gendai_biz 子育て中の母親の苦悩…「#夫の教育が一番難しい」という深刻な現実 母親たちは本当に怒っている……2人目なんて考えられない… 男っていつ迄経っても子供なんだけど怒るのも無理ないわ♬
夫の教育は妻がするものではなく夫の両親がするものなのは確かなんだが、正に子育て世代層にいる私が子供の頃に受けた教育と言えば男女平等を唄い男女共に学力を求められ、その上で私には家事を教え込まれ、兄は家事を仕込まれなかった。男が学ぶ機会が少ないんだよね。
ドイツって子供3歳まで家庭で面倒見るのが一般的で奥さん仕事辞めるのが殆どってどっかで読みましたけど?それで男性の育休取得率があがりましたよ、出生率あがりましたよ、ってほんとにドイツの事情を分析して書いてるのかな〜😗
なんにもできないバカ夫と裏では罵って、家では王様にでもさせてれば良いんだよ。
上手く手で転がすこともできないんなら、せめて思いきり働かせておけば良いのに。
どうせ、子が巣立ちさえすれば、これまた一緒にいる時間が苦痛だって言うのがオチ。
これ何回繰り返すねん。
私が幼子を育てていた約30年前からほとんど状況が変わっていない。女性(とその親)にばかり子育ての責任を背負わせる社会をどうやったら変えられるのか…
@gendai_biz
さっきの記事と結びつければいいのに。フルタイムを優先するってことは働きづめの父親とその勤務先が優遇されるってことでもある/ @gendai_biz
私のモヤモヤは多分、これだ。子供が、大きくなっても状況は変わらない。
夫育てまで手まわらないから自分でやるしかない。

1.日曜のゴミ出し(出すだけ。集めるのは私)
2.私が寝た後に帰ってきたときの弁当、晩ご飯の片付け

2年かかってこれだけできるようになりました。
「自分から夫に“やってくれ”と言えば良いではないか」と思うのかもしれないが、言っても求めていることを伝えるのは難しい、もしくは夫に頼むこと自体が負担なのだ」


これわかるわwww
なぜ妻が夫を教育しなければならないのか?そもそも夫は妻の教育など受け入れない。幼い頃から家庭と学校の双方で、男性優位な教育が行われてきたことの結果であろう。大人になってしまった男性の教育には、他人からの意見や指摘しか有効ではない。
少子化対策が後手後手。
根本的な教育を変えないと無理かな。
娘が結婚した時には時代が変わっていて欲しい。
ああ、よくわかるわぁ。
たしかに、子どもの健診とか予防接種は土日にしてほしい。
これはいい記事だ。
でも、しょうがないとも思う。
やっぱり育児って大変だし面倒だからやらなくていいならやらないでしょ。
他人が育ててるのを傍で眺めながら気まぐれに可愛がったりしてる方がいいとこ取りできて楽だもんね。
365日24時間命かけて育ててみないと分からない
まさにこんな感じの事でもめたばかり。男性の労働時間が減らなければ家事育児を助けてくれる人がいない

@gendai_biz
2人目なんて考えられない…
見に覚えありすぎ。
これは言えてる
ほんまやで、これ💢。
"ドイツは2007年に育児休業制度を改革し、2006年には3.3%だった男性の育児休暇取得率が2015年には35%"

"育児休業を通して、ドイツの男性たちは父親の役割を理解し、夫婦で子育てを一緒にすることを学ぶ。ドイツでは1995年に1.25だった出生率も、2017年に1.57と回復"
子どもが連れ去りされる前は育児は僕が中心だったわ。

母親神話は令和には通じないんだよ。
一方的な価値観から報道するのはやめようぜ。

悪いのはあなたが選んだ旦那様。
自己肯定記事が、やっぱり出てくるね

母親神話も、大概にしておけよ
夫を教育???

その時点で、何だ、この非対等性は?怒💢

子育ての現場から父親を排斥しておくからこうなる

最初から、父親も親として関わらせることが大切なだけ
私だけではなかった。。
日本は、ばかだからね~。サービス残業、有給休暇取得もほぼ最低ライン、ブラック企業となればね~そりゃ無理だよね。
産まなきゃいいし、結婚しなきゃいい。

大半の男がクズなのは確かだとしても、見る目がないことと先を予測できないことを、すべて自分以外のせいにする女もまたクズ
「うわー、わかるー。」しかない。
いや~ほんとに。3年経った今でこそ色々してくれるようになったけど、「怖い」とか「やったことない」とかふざけたこと抜かして、やってみようともしない夫が一番不必要だと感じていたなぁ。私が2人いたらいいのにって何回思ったか。
育児に参加できない
パートナーには
一緒に育てることを
意識してもらうのが難しいし

共に子育てができる相手でも
教育感の違いがある。

一人でやるもんじゃないから
難しい💧

@gendai_biz
これな。
私は息子には家事手伝わせて、家庭優先の男になってもらいたい。
世間は大変ですよね(´∋`)
うちは全然あてはまりませんが(ニッコリ)

自分がむしろ教育されてますが何かw
夫の教育は夫の両親がするべき
ドイツの男性は協力的
一向に男女平等にならない
制度が整うほど、等…

確かに女性の負担も大きいし
色んな不満も多いですよね…

どっちがやる、やらないとか
難しい事はともかく、
楽しく明るい気持ちで
過ごせる雰囲気を1番大切にしたい。
今年生まれる赤ちゃん、90万人割れは確実だって(T^T)

子育て中の母親の苦悩…「夫の教育が一番難しい」という深刻な現実(前田 正子)
子供は可愛いし、タカラモノだけどいまの環境では、2人目なんてとても…ホント多子のママさん尊敬する✨
「2人目なんて考えられない…」
子育て中の母親の苦悩…夫の教育が一番難しいという深刻な現実 @gendai_biz
以上

記事本文: 子育て中の母親の苦悩…「夫の教育が一番難しい」という深刻な現実(前田 正子) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

いま話題の記事