TOP > 政治・経済 > 2020年、日本人は「大転職時代」を迎えることになる(中原 圭介) | マネー現代 | 講談社(1/6)

2020年、日本人は「大転職時代」を迎えることになる(中原 圭介) | マネー現代 | 講談社(1/6)

163コメント 登録日時:2019-12-04 06:35 | 現代ビジネスキャッシュ

2020年は日本の雇用が大変革を遂げる年になります。その象徴的な動きがすでに始まっていることを皆さんはご存知でしょうか。トヨタは2019年度に総合職の採用に占める中途採用の割合を2018年度の1割から3割に、中長期的には5割に引き上げるという決定をしました。トヨタが変われば日本の企業全体も変わるといわれているだけに、そのインパクトは計り知れません。これから日本では終身雇用や...

ツイッターのコメント(163)

学生の皆さん
中原さんの本は読んでおくと良いですよ。キャリアを俯瞰して考えることが出来ます。
年功序列組織では新しい技術、新しい考え方、新しいスキルを持つ人、学ぶ人は損してしまうし、そもそも潰されてしまう。
国として労働生産性も高まらないし、機会、賃金等これ程不公平では国家崩壊しちゃう。
■私が、個人的に、日本トップレベルの未来分析者だと思っている さんの最新記事:

「70歳を超えても働くのが当たり前の時代になっていく」
ジョブ型が当たり前になればもっと気軽に生きられる。昭和的な人生設計がマインドセットされているからメンバーシップ型が続いていて、重たい人生になる。
雇用の流動化の波が来た。
もらうべき人がもらうべき給与をもらう時代。
人手不足なんていうけれど、それは「手を動かす人がいない」のではなく、「必要な人がいない」という意味なので、努力はし続けないとね。
「3年で1つのプロを目指す」、THINKのDeveloper Dayで近い話を聞いたなぁと思い出しました

講談社現代ビジネス |
不安定な個人が一番生きやすい時代がすぐそこに。

着々と準備してるよ🙋🏻‍♀️
【2020年、日本人は「大転職時代」を迎えることになる】
就労年数は今後益々長くなるという「充実感のある人生を歩み続けるためには、1つの仕事や会社に従事する期間を15~20年に区切って自らのキャリアを見直し、必要に応じたスキルアップをはかっていくことが肝要です。」
産業の大転換は目前に迫っている。日本企業の”新卒一括採用" ”終身雇用"というシステムは新しいモノが入ってき難い🤔
だが、根無し草の如く放浪しても芽は出ない。何に成るかを考えるべき。
2020年、大転職時代らしい。自分と、自分のキャリアしっかり見つめて考えましょう。
「へぇ〜そうなんだ」で終わらせてはいけない。

老後に不安を感じて貯金するのを否定はしないけれど僕自身は自己投資を繰り返し稼ぐ仕組みを創るあるいはノウハウを学ぶの方が優先順位が高いと考える
中原圭介さんの投稿記事です
昔は、「経済はこう動く」という本を年末に出されていましたが、今は中止されています
中原さんの本はほぼ読んでます
‘3年でひとつのプロを目指す’ 突き詰めるのも大事だと思うのだけど、意識の持ちようとしては大切かな。(そもそもこの記事で言うプロの定義ってなんぞやと思うが)。 > ー現代ビジネス
コンサルとしては100点記事。だが、社会の知見は無い人の記事。

30 代後半を第一の定年、50代後半を第二の定年としてキャリアを3つに区分したうえで、学び直しに勤しみながら、新しいスキルを習得するという生き方が広まっていくでしょう。

結婚出産が30前後の時代やで
自分も「掛け算するスキル」を模索中です。
処方開発に何を掛け合わせたらレア人になれるか。う〜ん、悩ましい。。。
ますます、結婚しなくなるかも!
なんとか生き残らないと 💦
大人サバイバー聴きたいなぁ 💦

2020年、日本人は「大転職時代」を迎えることになる(現代ビジネス)
うんうん、今んとこ間違ってない。
労働者達は、ホワイト企業を目指し、夢を追い続ける。
世はまさに、大転職時代!
転職ゴロのあの人や厚切りジェイソンも何年か前に著書で同じ事言ってたな。実際、転職活動してても前まで言われてるほど中途は厳しい目では見られてないようだ。若さか軸のある職務経験があれば。
@odoriba201910 これからは、全ての人が転職について考えた方が良い。雇用の流動化が避けられない時代において、同じ企業で定年まで勤め上がるというマインドに縛られるのは、リスクでしかない。今の職を続けるにしても、転職マインドを持っておかないと、時代に対応できないと思う。参考↓
自分は氷河期世代だけど,最初に勤めた会社にそのまま勤めている大学の同級生はほとんどいないのじゃないかなあ.一度就職したらゴールってことは,これからますますなくなっていくのだろうね.
「スキルの掛け算で市場価値を高めましょう」ということですが同感です😁

僕がブログを始めた時は「弁理士に専念したほうがいいのに」と言われましたがブログを通じて「Webライティング・マーケティング」も身につけてスキルの幅も広がり希少価値を高めることができました☺️
就職・転職活動において、今までは日本人同士でそのポジションを争っていましたが、外国人も加わってくるようになりました。
自分のスキルとはいったいなんのか。
改めて考えさせられます。

@moneygendai
終身雇用、年功序列はもう終わり
転職が当たり前になるというよりも、留まることが当たり前ではなくなると考えた方がいいでしょう。
必ずしも、転職しなければいけないわけではないですし、しなくて済むなら一番幸せです。
ただし、とりあえず会社にい...
企業寿命より個人の仕事人生が長くなる時代。個人は人生で3回就職することを前提にしてキャリア設計せよ、と。そういう意味で、わたしも40手前に差しかかってきているので、キャリアの節目だなあ。
まさに今の働き方を象徴する記事でした✍️
・新卒よりも、即戦力の人材を中途で採用しようとする考え方が主流になってくる
・大手企業の早期退職を募集する人数が企業の想定を上回っている
・会社が社員のキャリアをつくるのではなく、社員が自らキャリア形成を考える必要あり
軸ずらし転職で1年経過。
実績を重ねるフェーズになった。
なりたい自分を考えながら仕事に取り組んでいこう(^ ^)
これからは個が突き抜けられる時代になっていくのかな

人口減少社会の中、一人ひとりの質を上げていくことが日本が再び元気になる事へと繋がる

社会の転換期がいい方向に進むように頑張ろう若者!
元リクルートの藤原さんや、キングコング西野さんが言っている、1/100× 1/100× 1/100 で希少価値の高い人材になれる話。わりと新しいことよりも、2次情報って感じな記事だけど、参考にはなるかな。
Discover(Google)から
とっくに転職型だから、いまさら何言ってんだろっていう記事。
仕事も生活の一部。
これからは仕事との向き合い方が大きく変わっていくんだと感じますね。
2020年、日本人は「大転職時代」を迎えることになる。
人生、いろんな仕事を経験することはいいのでは、天職 が見つかるまで 挑戦 するのもいいかも @moneygendai
@moneygendai 「雇用が流動化する」などとキレイごと書かれてますが、要するに「歳になれば、ポイ捨て」ってことね。
私たちはこれからどう生きればいいのか、そのヒントになるかもしれない…

2020年、日本人は「大転職時代」を迎えることになる(中原 圭介)
既に、一つの会社に勤め続ける時代ではなくなっている。どのようにして食い扶持を得るか?これから考えて実行する人とそうでない人との格差がさらに顕著になるだろう。
横キャリアの形成 /
2020年というか、もうとっくに始まってると思う🧐
「個」の時代にいかに自分のビジネスもでるを見つけるか、発信力が大事💫
★ 終身雇用、年功序列はもう終わり

「遅かれ早かれ、日本における新卒一括採用の重要性は次第に薄れていき、大手企業を中心に中途採用の割合が5割を超えてくるのが一般的な情勢になってくるでしょう。」
若いかどうかより、技術やスキルがあるかどうかがかなり重視されるようになるのかな
大学2年生のときに「多動力」にも書いてあったけどこれから先のキャリアは「掛け算」でどれだけ自分の価値をあげられるかが大事だと思ってる

2年前の段階でここまで見越して本を書けるのは本当に凄いと思う
これですよまさに。安定について教えてくれ。
いい!!

非常に興味深いのは、大手企業の早期退職を募集する人数が企業の想定を上回って集まっているということ。自らの新しいキャリアを形成するために、前向きに転職を考える人々が増えているからです。
こんな時代が来るんですかね。
みなさんもご一考だけしておくべきでは。
中途採用時代・・・

だからこそ、「学び続けるスキル」としての読解力は、身に着けてほしいと思います。

@moneygendai
金持ちの無職になりたい
国や会社をあてにするなということ

@moneygendai
こういう見方は説得力ありますね。→将来的に企業の平均寿命が20年を切るようになったら、会社員生活は企業寿命の2・5倍を超える長さになってしまう
ようやく日本もこうなってきたか😅
俺は氷河期世代じゃないけど、いじめられてんのかと思うわ。

「若手の給与を大幅に引き上げる代わりに、中高年全体の給与を引き下げるというケースが増加している」

個人的に、記事見て感じたのは、1つのスキル(Linux)を磨く。転職エージェントに気をつける。

———
タイトル通りなんですけど、実際には、中高年のキャリア形成に関して道筋が見えてないし、法的にも整備が進んでない現実があると思います。今進む、大企業による45-50才以上の早期退職制度なんて、その先どうしろっていうのですかね。
大起業時代にはならないのね🐱
2020年、日本人は「大転職時代」を迎えることになる(中原 圭介) | マネー現代 | 講談社(1/6)
今から大手に入るにしろ、結局は自分の実力をあげるしかないね☆
1万の1のキャリア、なんだろ?
日本語教育×イベントオーガナイズ×タイ語×英語
三つ目の点をどこに置くか。
@moneygendai
時代の変化が激しいければ企業の寿命も短くなるので、転職組が増加するのは当然だと思います。

現代ビジネス: 2020年、日本人は「大転職時代」を迎えることになる.
これからの人生を生きていく人たちには、必要な考え方ですね😊✨
シェアさせて頂きます!!
自動車産業は本丸扱いだった気がするけれど、周囲が全部敵に落ちて堀も全部埋めた後なら本丸もやがて焼け落ちるのは仕方ない。
『パラレル東京』では、住民(国籍?)の圧力に押し切られた管理会社が電源入れたら通電火災で港区のタワーワンションが炎上していた。
>若手を育てる時間とコストをかけるよりも、即戦力の人材を中途で採用しようとする考え方が、多くの企業で主流になってくるはずです。
…こんな事言ってるけど、その人材は誰が育てるの?企業の責任放棄ではないか
@moneygendai 団塊の世代はソフトランディングさせるのにその下の世代にはもうやりたい放題だな
明日の、我が身
若い人にはかなりオススメの記事だと思います。
・終身雇用の時代は終わった
・人生で3つの仕事に就く
・3年でプロになり、9年で100万人に一人の人材になる

時代に取り残されないためにための仕事観
>トヨタは2019年度に総合職の採用に占める中途採用の割合を2018年度の1割から3割に、中長期的には5割に引き上げるという決定をしました。トヨタが変われば日本の企業全体も変わるといわれているだけに、そのインパクトは計り知れません。
日本の大学の就職支援は、早くメンバーシップ型からジョブ型に切り替えないと、大変なことになります。特に文系です。
「何の技術や専門性があって、わが社でどう貢献できるの?」
と、厳しく問われる時代が来ます。
バイトや留学やサークルの経験など、PRになりません。
トヨタ自動車の豊田章男社長は終身雇用は「終わる」と発言している。トヨタが変われば日本企業が変わる。

だからこそ、若い世代が企業に依存しないで人生を切り開いていけるような姿勢を身につけれるプラットフォームを作っていく仕事をしたい!
我々的には間違いなく追い風。
あれ?今更?

たぶん、何回も記事書いて刷り込みしてるのかな💦

とりあえず紛れもない事実だし
わかってる人はもうとっくに動いてる
もう何年も言ってきてるけど今さら何?16年前の時点で6回目の転職を終えたわけだけど。新卒人数は減り定年間近の給与だけ高いのは早く切りたい。中間が流動するそれだけのこと。
どこまでこうなるかはわからんけど、この世は滅ぶな。
10年くらいで転職かなって考えてたのもありなんだなって思うね。
前から思ってるけど、転職して会社も個人も循環するのが健全なんだって。
新卒のとき思い出してみてよ。
一撃で自分に合う仕事や会社を選べる人なんて稀なハズ。
3年、いや2年でプロ領域まで行かないとなのだよ。
そろそろ退職金っていうのも無くなってくるかと予想してるんだけどね…

@moneygendai
これ読むとすごく考えるきっかけをもらえる。
今の仕事は好きだから、並行しながらやれる仕事もそろそろ始めようかな。何やったら楽しいかなー^ ^
企業が短命ヒトが長寿になる。
なかなか面白い表現🙂

何の専門家になるか、いまだに悩んでます😢
いやそんなのすでに始まっている。今後は「好きなことで生きていく」のがスタンダードになってくると予想。
持続可能な働き方…うーん、、、とりあえず自分が好きなことを見つける
中長期のトレンドはそうだと思うけど、来年からなのかはよくわからん /
トヨタでさえ、なのか。。。
今後は"70~75歳まで働く"
"会社員生活企業寿命の2・5倍超の長さに"

"30 代後半を第一、50代後半を第二の定年としキャリアを3区分、リカレント(学び直し)に勤しみ新しいスキルを習得する生き方が広まる"
大手企業の早期退職を募集する人数が企業の想定を上回って集まっている。
> 1つの仕事や会社に従事する期間を15~20年に区切って
終身雇用が終わるって書いてる割に会社の寿命近くまで働き続けることが前提なのなんでだ???
記事内容は何か全部予言やなw

とはいえキャリアスタートの時から定年まで働こう!という人は減っている。
逆に20〜30代で次の会社を最後にしたいですと言ってる方は結構厳しい印象。

キャリアにおけるリスクヘッジは自分の能力高めてチャレンジすることやなーと思う。
この事実をちゃんと受け止めよう。 /
企業内でも新卒組と中途組の昇給基準の見直しを始めている。
新卒の優位性はなくなるだろう。

一つの会社で働き続ける事は義理はあっても義務はない。
周りで転職してる友人も多い中
今自分自身今の仕事、環境に物足りなさを感じてるのは本当だから
悩ましい、、、
最初の一歩が踏み出せない
世は大転職時代!

俺は転職王になる!?
探せ!全てをそこに置いてきた…
時は大転職時代!終身雇用も年功序列も崩壊するだろうし、企業の寿命は縮まり、人間の寿命は伸びる。2030年には人間の仕事の49%はAIが代替している。まぁいろんなことは起きるけど『今』という瞬間を大切に自分の半径3mの世界に笑顔があるような生き方をできたら良いと思う。
本格的に年功序列の終焉がやって来たな
当然といえば当然ですが、この大転職時代に勝ち残れる人は日々勉強している人でしょう✊
まさにこれ。
サラリーマンだから安泰と言うのはない。
日頃から、緊張感や危機感を持って自分のスキルを見ていないと食べていけなくなる。
いいね。次は幾らで買ってもらえるかしら
もっと見る (残り約63件)

記事本文: 2020年、日本人は「大転職時代」を迎えることになる(中原 圭介) | マネー現代 | 講談社(1/6)

関連記事